インプラント 治療事例を見積もり金額・写真付きで紹介 | kiki Dental

治療例 インプラント

インプラントの治療例を写真つきでご紹介いたします。
写真をクリックしていただくと詳細をご覧になれます。

症例とクリニックが実際にどのような治療を行ったのかを併せて参考にすることで、より治療イメージがつきやすくなります。また、治療費の見積りも掲載しておりますので、予算の参考にもお役立てください。 多くの症例を集めましたので、現在悩まれている症状と同じような症例が見つかるはずです。

川崎ハッピー歯科医院


しっかり噛めるようになりたい

しっかり噛めるようになりたい


最近よく噛めないけどどうして良いかわからない

  • 年代50代
  • 性別女性
  • 症状よく噛めない
  • 見積り2,100,000円

当医院が開院する前の内覧会の際にご相談に来られた患者様です。
患者様のお悩みは「最近よく噛めないけどどうして良いかわからない」との事でした。実際に診てみると、噛み合わせはひどく、下の歯は左右両方の奥歯がない状態で、前歯だけになっていたので前歯が既に広がっていました。

治療方法で一番良いのはインプラント、入れ歯の選択肢もあると説明を行いました。ただし、入れ歯の場合は徐々に自分の歯は減っていきます。それに対しインプラントは噛めるし他の歯に負担がかからず、自分の歯を残せる事がメリットです。こちらの患者様は残っている自分の歯は大切にしたいと言う想いからインプラントでの治療を選択されました。

歯周病も進行してる状態だったので、まずは歯周病の治療と骨造成を行い、片側から時期をずらしインプラントを埋入していきました。インプラントも自分の歯を同じように歯磨きは大事です。治療後は患者様の意識が見違えるように上がり、歯磨きをすごく頑張られるようになり、嬉しい限りです。


自分の歯は削りたくない

自分の歯は削りたくない


自分の歯は削りたくないとの事でインプラントでの治療を選択

  • 年代40代
  • 性別男性
  • 症状虫歯で歯を抜くことになった
  • 見積り350,000円

こちらの患者様は上4番の歯が虫歯でだめになってしまい抜歯を行いました。
ブリッジ、入れ歯、インプラントについてそれぞれのメリット・デメリットを説明致しました。
患者様の骨はしっかりあったので理想はインプラントとお伝えしました。
やはり、ブリッジは周りの歯を削ることにより、自分の歯の寿命を縮めてしまいます。患者様も自分の歯は削りたくないとの事でインプラントでの治療を選択されました。

治療はより安全な2回法で行い、トータルで5ヵ月程の治療期間となりました。
骨もきちんとあり、1本のみの治療で他の歯のは良い状態だったので経過にも問題ありません。
このように1本だけのケースは特にインプラント治療が有効と言えます。他の歯に負担無く確実にきれに治すことができ、「他の歯を守る治療」とも言えます。

実際患者様はインプラントをする前は少し不安ではあったが「インプラントにしてよかった、今後は自分の歯をもっと大切にしようと思った」とお言葉を頂いております。

奥居歯科


入れ歯にはしたくない

入れ歯にはしたくない


上顎の前歯に入れているブリッジがグラグラする

  • 年代60代
  • 性別男性
  • 症状ブリッジがぐらぐらする
  • 見積り3,020,000円

上顎の前歯に入れているブリッジがグラグラするということで来院された方です。
来院されたときは前歯にブリッジ、奥歯に入れ歯が入っている状態でしたが、前歯のブリッジがグラグラしており、すぐに抜けそうな状況でした。

そのため、ブリッジを外し、ブリッジを支えていた歯を抜き、入れ歯を修理し、総入れ歯を装着しました。総入れ歯で抜歯した部分の回復を待ち、CTなどで診断を行い、治療計画を立てました。入れ歯は嫌だということでインプラントを6本埋入することになりました。

義歯が入っていたため、義歯の圧力がかかるとあまりインプラントに良くないという理由で2回法を採用しました。1次オペではGBR法やソケットリフトで骨を作る補助手術と同時にインプラントの埋入をしました。1次オペ後2か月待ち、2次オペを行い、その後1か月ほど仮歯で調整を行いました。調整後、最終的なかぶせ物を装着し治療が終了しました。

現在インプラントを埋入した上顎の経過は順調で、下顎の歯の治療のために通院していただいております。


どうしてもインプラントにしたい

どうしてもインプラントにしたい


どうしてもインプラントにしたい

  • 年代30代
  • 性別女性
  • 症状他院でインプラントができないといわれた
  • 見積り1,315,000円

他院でインプラントの相談をしたが、骨が少ないという理由でインプラントを断られてしまった患者さまでした。来院時、どうしてもインプラントにしたいということで来院されました。
左上の歯3本をインプラントにするということで診断を行ったところ、インプラントを埋入する部分の骨の厚みが1mm程度しかなかったためサイナスリフトという補助手術を行ってからインプラント手術を行うことになりました。

まず、サイナスリフトを行い、骨ができるのを3か月待ち、インプラントの埋入手術をしました。その後、インプラントと骨が結合するまで3か月ほど期間を空けました。その後、上部構造を作成し装着しました。

インプラントを埋入した個所に問題はなく、他の歯の治療も終了しました。今後は定期的なメンテナンスを行い、口腔内の状態を維持していくことになっております。
今回のケースのように、骨が薄くインプラントが難しい場合でも補助手術を用いることでインプラントの埋入が可能なケースもございます。


PAGE TOP

PAGE TOP