インプラント 治療事例を見積もり金額・写真付きで紹介 | kiki Dental

治療例 インプラント

インプラントの治療例を写真つきでご紹介いたします。
写真をクリックしていただくと詳細をご覧になれます。

症例とクリニックが実際にどのような治療を行ったのかを併せて参考にすることで、より治療イメージがつきやすくなります。また、治療費の見積りも掲載しておりますので、予算の参考にもお役立てください。 多くの症例を集めましたので、現在悩まれている症状と同じような症例が見つかるはずです。

白金しらゆり歯科


長持ちする方法での治療

長持ちする方法での治療


ブリッジからインプラントに変えました。

  • 年代40代
  • 性別女性
  • 症状差し歯が取れた
  • 見積り1,830,000円

前歯を2本、インプラントにしました。
もともとはブリッジを使っていましたが、差し歯が外れてしまいました。
煩わしさを感じ、だったら、インプラントにしようということになったのです。
もともと奥歯をインプラントにしていた経緯もあり、インプラントに大きな抵抗はありませんでした。

実際の治療は、トータルで1年かかっています。
最初に手術を実施し、その後、クラウンをかぶせていきました。
その際、ネジを入れた後は一旦、すべてに仮歯を入れました。
最終的にはこういった歯になる、ということを確認していただくと共に、日常の生活に大きな支障がないように配慮しました。

治療で気を付けたのは、やはり見た目の美しさです。
特に患者さまからは「今まで変わらないようにしたい」というご要望を承っていました。
クラウンの色味や形には細心の注意を払っています。
また、使っていて違和感が出ないように歯の高さの調整も細かく行っています。
必要に応じて、骨や歯茎を調整しました。

前歯のインプラントということで、若干の恐怖心はあったようですが、奥歯より痛みはなかったとのことでした。
仕上がりにもとても満足いただいています。
快適で、ブリッジに比べ歯磨きもしやすく、磨き残しも減ったとのことでした。


できるだけ歯を削らずに治療したい

できるだけ歯を削らずに治療したい


歯を削らずに治療するインプラントを選択。

  • 年代30代
  • 性別男性
  • 症状差し歯がとれた
  • 見積り530,000円

もともとインプラントを希望していたということはなく、差し歯が取れたから作り変えてほしいという依頼でした。
ただ、なるべく歯を削りたくないという希望がありました。
他の歯をまったく治療していなかったので、ブリッジを使うとなると、健康な歯を削ってしまうことになります。
そのため、ブリッジはあまり適切とは言えません。
また、その患者さまはどちらかと言えばすきっ歯で、ブリッジを使用すると、そこだけ歯の間隔が狭く、目立ってしまいます。
特に治療の対象は前歯でしたので、自然な歯並びにしたいとのも希望も強くありました。
インプラントでは、わざとすきっ歯にすることでもできるので、最終的にインプラントを選択されました。

治療の期間は、トータルで半年ほどです。
患者さまは、以前は保険治療の差し歯を使っていました。
今回初めて自由診療となるインプラントを選択いただいたのですが、出来上がった歯の美しさにとても喜んでいらっしゃいました。
保険治療の差し歯とでは、お口に入れた時の印象がかなり異なります。
もちろん、歯としての機能も、以前のものとは大きく違ってきます。
インプラントを選んで良かったと思ってくださったようでした。

医療法人 文成会 ホワイトデンタルクリニック


しっかり噛めるようになりたい

しっかり噛めるようになりたい


トータル1年3ヵ月ほどで終了しました

  • 年代30代
  • 性別女性
  • 症状お口の中に全体的に歯がない
  • 見積り2,500,000~3,120,000円

こちらの患者様は全体的に歯が残ってないため食事にとても時間がかかっており、見た目も悪いので治したいと希望されておりました。
お口の中を検査すると左右合計で7本の歯がなく、残っている歯も虫歯などにより小さくなっておりました。
まずは歯茎の歯周病検査を行います。検査の結果、歯周病治療の必要があり、虫歯もいくつか見られましたので並行して虫歯の治療も行いました。歯周病と虫歯の治療は3ヵ月ほどで終了し、その後かぶせ物を装着しました。
神経がない歯にはジルコニアセラミックの土台、奥歯にはフルジルコニアの土台を入れました。これは歯ぎしりや奥歯の噛み合わせによって素材を選んでおります。

インプラントは上下の順に埋入していきました。骨と結合するまで上は6ヵ月、下3ヵ月かかり、トータル1年3ヵ月ほどで終了しました。
治療後はメンテナンスに通っていただき、1年に一回適切なブラッシングや噛み合わせのチェックを行っています。
食事をするスピードも速くなり、本人はとても喜んでおりました。


しっかり噛めるようになりたい

しっかり噛めるようになりたい


ソケットリフトを行いインプラントを埋入

  • 年代40代
  • 性別女性
  • 症状左上と右上の奥歯がない
  • 見積り1,270,000~1,720,000円

初診時には左上と右上(計6本分)、左下(1本)の歯がなく、まともに噛める状態ではありませんでした。
これは顎の発達と歯ぎしりによる重度の歯周病が原因であると考えられました。

まずは歯茎の検査とレントゲンを行い、前歯が2本とも虫歯で割れていたため審美性の改善を優先し、先に前歯を治療を行っていきました。治療は3ヵ月ほどで終了。

インプラントの手術では事前にCT撮影をしていただきます。CTの結果、右上の顎の骨量が足りませんでしたので、ソケットリフト(骨が不足している部分に骨を造る治療)を行いインプラントを埋入。

半年後にアバットメント(インプラントと被せ物を繋ぐ部分)を装着し、仮歯を作って2週間後に最終的な被せ物を装着しました。
治療後はしっかり噛めるようになり、患者様には大変満足していただきました。

ひろ歯科医院


しっかり噛めるように治してほしい

しっかり噛めるように治してほしい


検診の結果、欠損部にインプラントをご希望

  • 年代60代
  • 性別女性
  • 症状歯がないところに歯を入れたい
  • 見積り350,000円

検診が目的で、初めてご来院。口腔内全体を診査し初期治療(虫歯などの治療)を始めたところ、古い治療済みの歯もすべてやり直しを希望なさいました。
また、欠損している歯もあり、その治療にはブリッジや入れ歯でなく、インプラントが選択されました。

インプラントを長持ちさせるには、歯周病の病原菌が引き起こすインプラント周囲炎を防ぐ必要があります。この患者様には歯周病が認められたため、その治療をインプラント手術前に行いました。
また、噛み合わせの診査と治療も行いました。

一般的には、顎の骨がしっかりしていれば、インプラントを手術で埋入してから3カ月後に上部構造(義歯の部分)を付けられます。

当院では歯周病があった方々の場合、インプラント治療完了後しばらくの間、1カ月ごとに検診し、徐々に3カ月~6カ月まで間隔を延ばします。
「インプラントを入れたら終わり」でなく、その後も長期にわたり口腔内環境のケアやインプラントそのもののメンテナンスをサポートし続けることが大切です。
ただし、ご自宅でのケアも非常に重要。せっかくのインプラントを長持ちさせるため、患者様にも同じ意識をもってケアを習慣化していただけるよう努めています。


紹介でインプラント治療を希望

紹介でインプラント治療を希望


セカンドオピニオンからインプラント治療へ

  • 年代50代
  • 性別男性
  • 症状歯茎が腫れ、他院で抜歯が必要といわれた
  • 見積り350,000円

当院で以前にインプラント治療を経験された奥様の紹介でご来院。
右下の奥歯の異常で、初めは他院を受診し、抜歯が必要との診断を受けたものの、当院にセカンドオピニオンを要望なさいました。
残念ながら当院の診査・診断でも抜歯は避けられないこととなり、奥様と同じく当院でのインプラント治療を希望なさいました。

インプラント手術を行うにあたっては、口腔内全体の診査・診断および必要な治療を先に済ませておくとともに、より安全な手術を目指した準備が必要です。
なかでも顎の骨について精密で正確な情報を集めることが重要となるため、当院は歯科用CTを導入しています。
通常のレントゲンでは分からない顎の骨の骨量や内部の状態なども、CTならば可視化することが可能です。
そうした情報をふまえ、一人ひとりの患者様に適した治療計画を立て、質の高い安全なインプラント手術を実現します。

この患者様は、インプラント手術も順調に終え、おおむね最短の3カ月後に上部構造を付けることができました。
「食事のとき、よく噛めるようになった」と喜んでくださっています。
現在は3カ月ごとの検診で、インプラント周囲炎の予防管理やメンテナンスを行っています。

南流山リーフ歯科クリニック


腫れを治したい

腫れを治したい


しっかり噛めるようになりました

  • 年代60代
  • 性別男性
  • 症状奥歯の位置に腫れができた
  • 見積り405,000円

こちら患者さまは60代男性の方で、右上の奥歯が割れたことにより腫れがひかない、という状態でした。
診察時にCTで確認したところ、歯が割れており、根も溶けていることが判明。
診察結果をお伝えし、インプラントと入れ歯のどちらで治療するかを提案しました。
患者さまは、やはり入れ歯は維持に手間暇がかかり、かつ違和感もあるだろう、ということでインプラントを選択。

その後治療に進み、まず割れていた歯を抜歯、その後3カ月ほど様子を見て人工歯をつける土台となるインプラントを埋入、最後に歯茎を縫い合わせ1次オペは終了。
それから1週間後に抜糸し、そこから3カ月ほど時間を設けインプラントと骨が結合するのを待ち2次オペへと進みます。
2次オペの前に歯の印象を取り、歯のカタチや大きさを把握、併せて人工歯の素材も決定し実際に人工歯を装着する本着へ進みました。
幸い虫歯や歯周病の兆候はなく、骨の量も十分あったため骨造成などは行ないませんでした。

治療後、患者さまより「しっかり噛めるようになりました」とのお言葉をいただき、大変ご満足されている様子でした。
現在も定期的にメンテナンスのために来院されています。


治してほしい

治してほしい


異臭というコンプレックスを解消できた

  • 年代30代
  • 性別女性
  • 症状異臭が気になる
  • 見積り455,000円

こちらの患者さまは30代の女性で、異臭が気になるとの理由で来院されました。
診察で分かったことは、異臭を発する部分は奥歯でその歯が割れており、そこからばい菌が侵入したことで内部に膿が溜まっていたということ。
患者さまには抜糸が必要なことをお伝えし、その部分の穴埋めとしてはブリッジもしくはインプラントが適切であることを提案。
抜歯した歯の両隣の歯が健康であったこともり、健康な歯を削ることに抵抗があるということで、その患者さまは結果的にインプラントを選択されました。

その後治療に進み、まず問題の歯を抜歯、またインプラントを埋入するための空間を作る必要があったため、夜間だけ装着いただく入れ歯を製作しお渡ししました。
3カ月ほど期間を設けた後、インプラントを埋入する一次オペに進みましたが、CTで顎の骨の状態を確認したところ、骨造成の必要があっためソケットリフトを実施。
それからさらに3カ月ほど経過した後、2次オペを行ない、人工歯をセットすることができました。

抜歯後3カ月、インプラント埋入のための空間づくりに3カ月、骨造成で3カ月、トータルで9ヶ月ほどの時間を要しましたが、その患者さまは治療後、異臭というコンプレックスを解消できたことを大変ご満足されていました。

斉藤歯科クリニック


入れ歯にはしたくない

入れ歯にはしたくない


食事を楽しんでできているとのことで非常に満足していただけております

  • 年代60代
  • 性別女性
  • 症状ブリッジが噛めない
  • 見積り1,200,000円

15年ほど前から通っていたいている患者様です。
最初はブリッジの治療をしていましたが、そのブリッジが揺れて噛めなくなっているとのことで来院されました。
検査したところ、ブリッジを支えている歯が悪くなっており、抜かざるを得ない状況でした。
そのことをお伝えし、治療をどうするかお話ししたところ入れ歯は取り外しが面倒だし、噛めないのが嫌だということで、自分の歯のように噛むことのできるインプラントを入れることになりました。

インプラントをすることになり、骨の検査をしたところ骨は細い方ですが顎の骨は丈夫であることがわかり、内科的な疾患もなかったため、骨造成なども必要なくインプラント治療を行いました。
インプラントを3本埋入し、問題なく上部構造も装着しました。

その後、他の歯を抜歯せざるを得ない状況になるたびにインプラント手術を行ない、現在は10本以上のインプラントを埋入しています。
ご自身の管理がしっかり行き届いていること、4ヵ月に一度の定期検診に欠かさず来ていただいていることもあり、最初の手術から今のところ脱離したインプラントはありません。
食事を楽しんでできているとのことで非常に満足していただけております。


他の歯を削りたくないのでインプラントにしてほしい

他の歯を削りたくないのでインプラントにしてほしい


シンプルな術式でインプラントの埋入手術を行ないました

  • 年代20代
  • 性別男性
  • 症状こけて前歯を折ってしまった
  • 見積り400,000円

大学の体育の授業で転んでしまい、前歯を折ってしまったとのことで来院された患者様です。
検査をしたところ、折れてしまった歯は抜歯をせざるを得ない状況だったため、そのことをお伝えし、入れ歯、ブリッジ、インプラントそれぞれの治療法のメリット・デメリットを説明しました。

ほかの歯を削りたくないということ、年齢も若いのでインプラントをすることになりました。
骨の検査をしたところ、骨には問題がなかったため、シンプルな術式でインプラントの埋入手術を行ないました。
若く、骨がしっかりしているので来院から4ヵ月、手術をしてから3ヵ月後には人工歯を装着することができました。

前歯ということで審美面も気にさていましたが、隣の歯と比べても見ただけではインプラントかわからないくらいのものになり、非常に満足していただけました。
現在は4ヵ月に一度メンテナンスに通っていただき、クリーニングをしており、経過は順調です。

きたはら駒込歯科


歯を抜くならインプラントにしたい

歯を抜くならインプラントにしたい


インプラントをされた方には2~6ヵ月のスパンで定期検診に通っていただき、10年間の保証もお付けしております。

  • 年代40代
  • 性別女性
  • 症状歯根破折
  • 見積り400,000円

左上の前から二番の歯の根の治療後、数年経過し膿が出てきたとのことで来院されました。

被せ物を外し、中を確認すると歯根が折れており、抜歯しないといけない状況でした。抜歯後の選択肢としてインプラント、入れ歯、ブリッジの説明をしたところインプラントを選択されました。
抜歯後、仮歯を作成し、6ヵ月後にインプラントを埋入しました。
その間、診査診断を行い安心してインプラントが行えるよう準備とカウンセリングを行いました。
インプラント埋入から6ヵ月後、被せ物を入れる前に抜歯しているので歯肉のハリがないため二次手術と同時に結合組織移植という治療を行い、自然な歯茎を作りました。
2ヵ月後オールセラミックの被せ物を装着し治療が終了しました。

現在の定期検診では感染の恐れがないかのチェックや噛み合わせのチェックを毎回行っております。
インプラントをされた方には2~6ヵ月のスパンで定期検診に通っていただき、10年間の保証もお付けしております。


インプラントにしてほしい

インプラントにしてほしい


インプラント埋入から10年たった現在も埋入箇所に変化なく、いい状態を維持できています。

  • 年代60代
  • 性別女性
  • 症状入れ歯が煩わしい
  • 見積り1,500,000円

下の左右にわたり入れ歯を入れており、舌の下に入れ歯が来るのが嫌ということでインプラントを希望された患者様です。

口腔内を確認すると、歯周病になっていたため、インプラントの埋入後に歯周病菌がインプラント部分に感染しないよう、まずは歯周病治療から始めていきました。
診査の段階で歯周病の予防のためにも、インプラントの大きさや位置をきめ、長期的に快適に食事ができるように計画を立て、インプラント治療に入りました。
左右の歯にインプラントを埋入する必要があったため左下の前から5番目の歯からインプラントを埋入しました。それから1ヵ月後に右下の奥に3本のインプラントを埋入し、4ヵ月ほど治癒期間を置きました。骨とインプラントの結合を確認し、土台を入れメタルボンドクラウンを装着しました。

60代ということもあり、歯茎が下がり歯の露出面が長くなっており、歯磨きが難しいため、インプラントのメインテナンスがしやすいよう管理しています。
インプラント埋入から10年たった2017年現在も埋入箇所に変化なく、いい状態を維持できています。

南鳩ヶ谷くらもち歯科医院


インプラントを入れたい

インプラントを入れたい


現在でも上京の際には必ず来院され、メンテナンスの治療を受けられています。

  • 年代30代
  • 性別男性
  • 症状うまく噛めない
  • 見積り1,420,000円

こちらの患者さまは東京は世田谷区在住の30代男性で、左右両顎にインプラント治療を必要とされている方でした。
左側下顎のインプラント治療は他の歯科医院で行なったとのことですが、「うまく噛めずこのまま反対側も同じ歯科医院で治療を行なうのは不安だ」ということで紹介を通じて当院に来院されました。

状態としては、右側下顎の治療を必要とする部位はすでに抜歯をされていたので、あとはそこにインプラントを埋入するだけというもの。
まずは治療を終えていた左側下顎のインプラントの調子が悪いということで、その部分のメンテナンスから開始。
その後、右側下顎の治療に着手し、2本分のインプラントを一気に埋入。
それから3か月後に2次オペを行ない、さらにそこから1か月後に歯の印象を取り、2週間後に製作したジルコニア製の人工歯をセットしました。

実は上顎の歯の状態もおもわしくなかったため、追加で10本分のブリッジでかぶせ物治療を実施。
これにより左右ともに噛む機能を大幅に改善できたため、患者さまは大変ご満足されていました。

患者さまは治療後、沖縄に転居されたのですが、現在でも上京の際には必ず来院され、メンテナンスの治療を受けられています。


インプラントを入れたい

インプラントを入れたい


上顎のブリッジの支台が折れ外れてしまった

  • 年代70代
  • 性別女性
  • 症状ブリッジが取れた
  • 見積り2,780,000円

こちらの患者さまは70代の女性で、上顎のブリッジの支台が折れ外れてしまった、ということで来院されました。
診察をしてみると、下顎にはインプラント治療が施されており、上顎はブリッジが外れてしまった部分を含めて全体的におもわしくない状態でした。

治療スケジュールとしては、まずブリッジが外れた部分の治療を行ない、半年ほど時間を設けた後、インプラントの治療を開始するというもの。
しかしその患者さまは心疾患を持っているということで、出来れば1回で治療を終えてほしい、という希望をお持ちでした。

大掛かりな手術になるため、大学病院から豊富なインプラント治療経験を持つ歯科医を2名、麻酔医を1名、歯科衛生士を1名お呼びし、当院院長を含む計5名で治療に臨むことに。
1日で8本のインプラントを埋入を行いました。
治療には、2次オペや印象取り、人工歯のセットを含めて実に14~15ヶ月という長期を要しました。

しかしそれだけの時間をかけて丁寧に治療を行なった結果、その患者さまは、喋りやすくなった、食べやすくなった、と大変喜ばれ、現在でも半年に1回のペースで定期的に来院されています。


PAGE TOP

PAGE TOP