医療法人社団ウイング 竹ノ塚デンタルオフィス(東京都足立区)インプラント・審美歯科 | kiki Dental(キキデンタル)

医療法人社団ウイング 竹ノ塚デンタルオフィス インプラント

東京都足立区

チームによる包括的歯科治療を実施しています

インプラント 診療方針 医療法人社団ウイング 竹ノ塚デンタルオフィス

自分たちの目で確認して信頼出来るものをご提供しています

自分たちの目で確認して信頼出来るものをご提供しています

自分たちの目で確認して信頼出来るものをご提供しています

自分たちの目で確認して信頼出来るものをご提供しています

当院のインプラント治療では、カムログ社のインプラントを使用しています。カムログ社はスイスに本社を置き、インプラント先進国であるドイツにおいて、長きにわたる基礎研究と臨床経験を基に安全性と信頼性を確立したメーカーです。
患者さまのお口に直接入るインプラントを取り扱うにあたって、私たち自身がドイツにある製造工場に足を運び、衛生管理体制や安全に対する取組状況などを確認し、同社製のインプラントが信頼に足る製品であることを確認しています。
カムログ社のインプラントは、顎の硬さや治療箇所に応じて柔軟に選ぶことができる製品ラインナップの豊富さがあります。
これまで顎の骨が薄かったり、密度が少なかったりしたがために治療ができなかった方や諦めていたという方は、ご相談ください。

徹底した衛生管理、チーム治療で安全安心の治療体制

徹底した衛生管理、チーム治療で安全安心の治療体制

徹底した衛生管理、チーム治療で安全安心の治療体制

徹底した衛生管理、チーム治療で安全安心の治療体制

インプラント治療は外科的処置が伴うため、安全な処置を行うためにも衛生管理を徹底しています。
インプラント治療を行う特診室は、室内の気圧を陽圧に保ち、ドアが開くと内部の空気は外部へ流れるようになっているため、チリやゴミが室内に侵入してくることのない設計になっております。
またオペの際には滅菌された器具を使用するなどして、院内感染のリスクを極限まで下げられるようにしています。

また、インプラント治療には、担当医、被せ物を製作する技工士、術後のケアに関わる歯科衛生士によるチーム体制で臨むようにしており、それぞれの立場から意見を出し合い、協議することによって、患者さまお一人おひとりに最善の治療を提供できるようにしています。

インプラント 治療の流れ 医療法人社団ウイング 竹ノ塚デンタルオフィス

1. 初診カウンセリング・検査

初診カウンセリング・検査
  • 来院回数
    2回
  • 所要時間
    30~60分
  • 次までの期間
    1週間

初診時に患者様がどういう治療を望んでいるのか、何に困っているのかなどを詳しくお伺いいたします。
その後、レントゲン撮影など資料取りを行い、大まかな流れをご説明いたします。

2. 初期治療

初期治療
  • 来院回数
    複数回
  • 所要時間
    60分
  • 次までの期間
    2~3週間

歯周病など事前に治療が必要な場合は先にそちらの治療を行っていきます。

3. 一次オペ

一次オペ
  • 来院回数
    1回
  • 所要時間
    60~90分
  • 次までの期間
    3~4か月

血圧などの確認や術前投薬、麻酔を行ったうえでインプラントの埋入手術を行います。患者様の状態にもよりますが手術時間は10分~60分ほどとなります。

4. 二次オペ

二次オペ
  • 来院回数
    1回
  • 所要時間
    15~30分
  • 次までの期間
    当日~2週間

歯肉を切開し、インプラント体の頭出しを行います。一次オペに比べ、二次オペは患者様の負担はほとんどありません。

5. 上部構造作製

上部構造作製
  • 来院回数
    1回
  • 所要時間
    30分
  • 次までの期間
    2~3週間

インプラントの上部構造を作成するための型取りを行います。

6. 上部構造装着

上部構造装着
  • 来院回数
    1回
  • 所要時間
    30~60分
  • 次までの期間
    1週間

完成した上部構造を装着いたします。

7. 調整

調整
  • 来院回数
    1回
  • 所要時間
    30~60分
  • 次までの期間
    1ヵ月

かみ合わせの調整を行っていきます。また、その際に衛生士によるブラッシング指導も行います。

8. メンテナンス

メンテナンス
  • 来院回数
    複数回
  • 所要時間
    60分
  • 次までの期間
    -

インプラント治療から1か月後にご来院いただきメンテナンスを行います。その後は歯磨きがしっかりできている方であれば3か月後、半年後と期間を空けていきます。

インプラント 料金表 医療法人社団ウイング 竹ノ塚デンタルオフィス

下記料金表は、料金の目安となっております。症状などにより実際の金額と異なる場合がございます。

基本 詳細 料金
インプラント体埋入 1本あたり 257,500円
2次オペ印象 1本あたり 20,600円
上部構造 103,000~134,000円
相談料 無料

インプラント、矯正など自由診療に該当する施術の費用については、保険適用外となり、全額自己負担になります

お支払方法

現金 / クレジットカード / デンタルローン

カード種類
VISA / MasterCard / AmericanExpress

インプラント 保証期間 医療法人社団ウイング 竹ノ塚デンタルオフィス

保証期間

10年間の保証を実施しております。

保証内容

事故や外傷による損傷は保証適用外となります。通常使用で起こったトラブルに関して保証を用意しております。
なお、保証の割合に関しては経年的に下がっていきますのでスタッフにご確認ください。

保証条件

6ヶ月に一度の定期検診に来ていただいている方が保証対象となります。

メンテナンス

インプラント施術後のアフターケアとして、施術した本数や残っている天然歯の本数、口内環境によっても異なりますが、基本的に1ヶ月後に1度お越しいただきお口の状態を確認させていただきます。

インプラントを埋め込んだ箇所は「インプラント歯周炎」という病気に罹りやすいため、施術して終わりではなくこまめなメンテナンスでお口の状態を確認することが非常に重要になってきます。
また、患者様ご自身で行っていただく日頃のケアも重要になってくるため、当院では患者様にセルフケアのご指導をさせていただいております。

インプラント よくあるご質問 医療法人社団ウイング 竹ノ塚デンタルオフィス

歯科医院を選ぶ基準はありますか?
患者さまの声にしっかり耳を傾け、拙速にインプラントを提案するのではなく、入れ歯やブリッジについてもメリット・デメリットを交えながら、しっかり説明し提案してくれるドクターが在籍していることが重要だと考えます。
治療中に注意する点はありますか?
特別な注意点はなく、治療が終わるまで、しっかりブラッシングし、定期通院を継続するなど当たり前のことを続けてください。
ただし痛みはコントロールできますが、腫れはどうしても生じるため、冠婚葬祭の前などは治療を控えられた方が良いかと思います。
セカンドオピニオンは受けられますか?
喜んで対応させていただいています。
歯を抜くべきなのか、入れ歯やブリッジなどその他の治療の方が良いのか、本当にインプラント治療を受けられるのかどうかなど、気になることがあれば何でもおたずねください。

インプラント 治療例 医療法人社団ウイング 竹ノ塚デンタルオフィス

奥歯で咬めるようになりたい

  • 科目:インプラント
  • 年代:50代
  • 性別:女性
  • 症状:入れ歯が合わない
  • 希望:奥歯で咬めるようになりたい
  • 見積り:1,928,700円 金額詳細

これまで下顎に部分義歯を使っていたものの、違和感に慣れることができず使用頻度は少なかったとのことでした。少しでも違和感の小さい義歯を作りたい、とのご希望に対し、通常入れ歯に付属してくるフック状の金具がないこと、固定式の義歯であることが希望と一致したため、インプラント義歯をご希望されました。

義歯全般について義歯の種類、具体的な義歯設計についてのお問い合わせがありましたのでブリッジ、床義歯、インプラント義歯についてご説明させていただきました。治療期間、費用についてカウンセリングの時間を設け、話し合ってスケジュール調整を行いました。レントゲン検査や模型診査で補綴後の試作品を製作し、実際に出来上がる歯のサイズやかみ合わせについて視覚的に確認していただき治療に入っていきました。補綴予定の歯について、サイズ測定、手術、型取り、上部構造セットまでおよそ3ヶ月の治療期間を要し、治療が完了しました。

もともとは片側の部分義歯を使っておられましたが、反対側の歯に無理をさせすぎたことで両方の歯を失ってしまった症例です。今回、下顎の両側臼歯部についてインプラントを採用し、シングルユニットのクラウンを1歯1本で設計しました。左右の臼歯部にインプラントによる強い支持を得たことで、咬む圧力が均等化されます。失った歯数の再建に加え、口腔全体の咀嚼力を分散し各個の歯に対する負担軽減を行いました。1本ずつの設計にしたことで、フロスを使用したセルフケアも良好のようです。


自分の歯で咬めるようにしてほしい

  • 科目:インプラント
  • 年代:60代
  • 性別:男性
  • 症状:義歯があわない
  • 希望:自分の歯で咬めるようにしてほしい
  • 見積り:4,819,000円 金額詳細

来院時、上下の歯同士がすれ違いの位置関係を伴う欠損であったため、自分の歯は残っているものの接触関係がなく、部分義歯のみで咬み合わせている状況でした。残存している天然歯の状態も悪く、またその歯に入れ歯の金具を取り付ける設計の義歯であったため、咀嚼すると入れ歯が外れてしまい満足に食事ができない状況でした。新たに義歯で設計したとしても残っている歯の状況に義歯の使用感が影響を受けることを説明したところ、固定式の義歯の設計が可能なインプラント義歯を希望されました。

現在の義歯が不安定なこと、及びインプラントは一般的に治療期間が長期に及ぶことを考慮し、まず日常の食事が満足にできるように現状の義歯を改造しました。状況が改善した後、上下の歯について咬み合わせ精密検査を行いました。上顎は歯がなく、インプラントの必要本数も多く治療は長期間に及びましたが、治療が進むにつれ徐々に固定式の義歯を装着していきました。歯が増えていくにつれ、少しずつ自分の歯で咬めるようになりましたので、食生活も徐々に改善され、治療期間中のご負担は最小限に抑えることができたようです。治療期間はおよそ18ヶ月を要しました。

着脱式から固定式の義歯へ設計変更したことで、若い頃と同じ程度まで咬む力を取り戻したようです。義歯を使用していた頃は偏っていた食生活でしたが、食べる物の制限がなくなったため、栄養バランスのよい食生活に戻ったそうです。30回咬んでから飲み込むことよう心がけているそうで、健康的な食事法が実践できているようです。初回来院時に義歯の影響で顎骨全体のサイズが委縮していたため、本症例では1歯1本の単独冠デザインを採用できなかった箇所が一部ありました。インプラントブリッジのデザインを採用せざるを得なかった箇所に関しては、衛生環境維持のため定期的にフォローアップを行っています。


前歯で咬めるようにしたい・奥歯にも歯を作ってほしい

  • 科目:義歯
  • 年代:90代
  • 性別:女性
  • 症状:前歯のブリッジがぐらぐらする
  • 希望:前歯で咬めるようにしたい・奥歯にも歯を作ってほしい
  • 見積り:890,000円 金額詳細

もともと歯が丈夫なほうであったため、こまめに歯科検診を受ける習慣がなかった患者様です。残っている歯に関しては、これまでむし歯治療は完治されておりましたので、食事に不自由はありませんでした。しかし、歯を失った箇所に関しては義歯を作らずそのまま放置していた、といった状況だったようです。今回、残っている歯だけで食事を続けていたため、歯を痛めてしまいました。再建しようとしたところ、歯だけでは義歯を支えることができない状況であったため、歯と粘膜の双方で咬む力を負担できる設計として、コーヌステレスコープ義歯をご希望されました。

来院時、残っている歯の負担が過剰であったため、まず負担軽減を図る目的で仮設義歯を製作しました。仮設義歯によって歯と粘膜に咬む力を分散させ、これ以上歯を痛めることの無いように環境を整えました。治療終盤まで仮設義歯を使うことができたため、新しくコーヌステレスコープ義歯が完成した際にも、長期間のかみ合わせリハビリテーション期間を経ることなく、スムーズに新義歯を使いこなすことができたようです。治療にはおよそ3ヶ月の期間を要しました。

今回は着脱式の義歯設計ではありますが、インプラント義歯のように外科的侵襲を加えることなく治療を終えることができました。高齢者の患者様に関しては、歯も歯茎も弱ってしまうことから、治療後に別の歯が新たな疾患にかかることも少なくありません。別の歯が新たな疾患にかかった際の事前対応策として、義歯には改造、改良がしやすい、設計の自由度が高い、といった要素が求められます。そういった理由から、コーヌステレスコープの維持装置を用いた床義歯の設計を採用させていただきました。現在は満足に食事が出来ているようですが、定期的にメンテナンスを継続します。


新しい総義歯を作りたい

  • 科目:総義歯
  • 年代:80代
  • 性別:女性
  • 症状:上下の総義歯が咬めない
  • 希望:新しい総義歯を作りたい
  • 見積り:600,000円 金額詳細

若い頃にむし歯と歯周病の悪化により早期に抜歯に至ったようです。総義歯の使用歴は長く、約40年以上も義歯で食事をしていたそうです。現在の義歯は安定してたので長く使っているけれども、人工歯は激しく摩耗し義歯床にもひびが入ってしまい近頃は不安定化してきている、といった状況でした。今回、新しく義歯を新調し、長く使いたい、安定した強度のある義歯の設計を希望されましたので金属床義歯を採用しました。

まず日常食生活の安定化を図るため、長年使っている義歯の修理を行いました。義歯が安定し食事が満足に取れるようになったので、すり減って見た目が悪くなってしまった人工歯の形態を整えることにしました。あらかじめ試作品として、仮設の総義歯を製作しました。仮設総義歯を用いて義歯の安定化、審美改善、咀嚼機能、発音機能の調整を行いました。改善後、高い精度の義歯重合システムを用いて高精度に複写した金属床総義歯を製作しました。治療期間として約3か月を要しました。

あらかじめ試作品の義歯で調整を十分に行いましたので、義歯完成後は調整を加えることなく安定して義歯を使っていらっしゃいます。義歯に金属フレームや強化型人工歯を採用したことで、破折や摩耗にも強くなりました。粘膜負担義歯が骨格に及ぼす悪影響は避けられないので、定期的に観察し、骨吸収の傾向が認められた際には、改良を加え長く使えるようサポートしていきます。




ピックアップ歯科医院 自費・自由診療を行っている歯科医院をピックアップでご紹介


最近チェックした歯科医院

オンライン受付24時間受付 0066-9752-787336無料通話

PAGE TOP

PAGE TOP