秋葉原原田歯科クリニック(東京都千代田区)インプラント | kiki Dental(キキデンタル)

秋葉原原田歯科クリニック インプラント

東京都千代田区

インプラントを長持ちさせることが本当の実績です

インプラント 診療方針 秋葉原原田歯科クリニック

高い品質のインプラント体だけを使います

高い品質のインプラント体だけを使います

高い品質のインプラント体だけを使います

高い品質のインプラント体だけを使います

当院のインプラント治療では、SPIというスイスのメーカーのインプラント体だけを使用しています。インプラント体とは金属製の人工歯根を指し、その上に金属製のアバットメント(土台)を付け、さらに金属やセラミックの人工歯を取り付けます。
SPIの品質は世界的に高く評価されており、その開発者は、同じくスイスの優れたメーカーであるストローマンに以前在籍していたDr. Snetivyです。
ストローマンのインプラント体がもつ特長は、SLAという非常に高水準の表面性状によって、骨との結合が早いこと。このSLAを、SPIでも採用しています。他にもSPIの長所は多く、当院で約10年使い(2016年現在)、インプラント体そのものを原因とするトラブルは、起きていません。

一口腔一単位と考えて全顎的に診ていきます

一口腔一単位と考えて全顎的に診ていきます

一口腔一単位と考えて全顎的に診ていきます

一口腔一単位と考えて全顎的に診ていきます

当院が考えるインプラントの真の目的は、単に抜けた歯を補うだけでなく、他の天然歯にかかる負担を減らし、いつまでも自分の歯で噛めるようにすることです。しかしインプラント自体が長もちしなければ、目的を果たせません。
インプラントに起こり得る深刻なトラブルは、インプラント周囲炎(インプラントの歯周病)です。天然歯の場合と同じで、自覚症状があまりないまま進行し、ひどくなればインプラントが抜けてしまいます。
日本全体では、インプラント治療を受けて10年経過した方々のうち、10%にインプラント周囲炎が認められるとのデータもあります。罹患率は今後、さらに増えてしまうと思います。
そこで重要になってくるのは、インプラント治療を行う歯科医が、歯周病にもしっかり対応できること。インプラント治療の前に歯周病を治しておくことは必須条件で、これは世界的な常識です。なぜなら、他の天然歯が歯周病にかかっていれば、いずれ感染してインプラント周囲炎が起こるからです。
他院でのインプラント治療から時間が経過し、インプラント周囲炎が心配な患者様も、どうぞご来院ください。
「一口腔一単位と考えて全顎的に診ていく」。つまりインプラントさえ無事に入ればよいというのでなく、口腔内全体を診てインプラントを考えていくのが、当院のスタンスです。

インプラント 患者様の声 秋葉原原田歯科クリニック

お褒めの言葉

最初にインプラント相談で原田歯科に行ったのですがスタッフの皆さんにも優しくしていただきとても安心しました。
インプラント治療の説明は十分にしていただきましたが他の歯についても説明していただいたのでとても安心感がありました。
インプラントの手術には不安があったのですが思い悩んでいたのがばからしく感じるほど楽でした。
今後もお世話になろうと思っています。
ありがとうございました。

医院のコメント

インプラント治療に対する不安というのは私たちが思っている以上に患者様は感じていらっしゃるのでどうすれば不安を軽減できるのか常に考えております。
その努力が報われているようなのでとても嬉しく思います。
あと、インプラント治療部位のみ良ければいいという考えは持っておりません。やはり、一口腔一単位で考えておりその他の部位においてもチェックしております。
これらの診療方針をとてもよく御理解いただきありがとうございます。

お叱りの言葉

インプラントへの不満は無かったです。
でもインプラントの治療の後でインプラントの定期検診は三ヶ月に1回来てくださいと言われました。
今まで通っていた歯科医院では半年に1回の定期検診だったので良かったのですが三ヶ月に1回になってしまいました。
仕事を休んで来るので何とかならないかと思っています。

医院のコメント

インプラントの定期検診は通常半年に1回です。しかし、ご自分の歯に「歯周病」がある場合については三ヶ月に1回を基準としております。これは歯周病の細菌がインプラントに感染してしまう可能性が高いからです。このことは世界中の論文でよく言われていることで、きちんとしたエビデンスがあります。
どうぞご自分の歯を歯周病から守るためにも三ヶ月に1回の定期検診をお願いいたします。

インプラント 治療の流れ 秋葉原原田歯科クリニック

1. カウンセリング・検査

カウンセリング・検査
  • 来院回数
    1回
  • 所要時間
    60分
  • 次までの期間
    1週間

まず、患者様のお話を聞かせていただきます。普段どのように歯をメンテナンスしているか、どうして歯を失ってしまったのか、治療において一番望んでいらっしゃることは何かなどをお伺いさせていただきます。
また、検査も当日行います。

次にインプラントのメリット・デメリットを合わせて、より理解を深めていただくためにご説明させて頂きます。
そして、患者様の口腔内の状態について、検査をさせていただきます。 カウンセリング・検査

ここでは、骨の状態、咬み合わせの状態、口腔内の細菌の状態(歯周病の状態)などをしっかりとチェックさせていただきます。

2. 診査・診断に基づいた治療計画

診査・診断に基づいた治療計画
  • 来院回数
    1回
  • 所要時間
    60分
  • 次までの期間
    1週間

検査結果を元に、患者様にとってベストな治療計画を提案させていただきます。

この時点で、インプラントではなく、抜歯はせずに天然の歯を残すという選択肢をご提示させていただく場合もございます。

3. むし歯・歯周病の徹底した治療

むし歯・歯周病の徹底した治療
  • 来院回数
    1~6回
  • 所要時間
    30分
  • 次までの期間
    1週間

インプラント手術に入る前に、徹底した口腔内の細菌のコントロールをさせていただきます。
このSTEPがインプラント治療では一番のポイントになってきます。
高い技術で難しい手術を成功させてインプラントを埋入したからと言って、インプラントが長持ちしなければ意味がありません。インプラントを長持ちさせる下地を作るために、手術前に口腔内の細菌を減らすことは絶対必要となってきます。

4. インプラント埋入手術

インプラント埋入手術
  • 来院回数
    1回
  • 所要時間
    30~60分
  • 次までの期間
    3~6ヵ月

人工の歯根を埋入いたします。手術時には、麻酔をして行いますので痛みの心配はございません。

また手術法は一般的に1回法と2回法とございますが、これは患者様の状況によってどちらを選択するかが変わってきます。
当院では基本的に一回法で行っております。
埋入後、インプラントが骨と結合するまで安静の期間を置きます。一般的にはこの治癒期間は3~6カ月となります。

この期間でも、歯が欠損しているところには仮歯を入れることが出来ますので、食べ物を噛むことは可能です。

5. 上部構造の設置

上部構造の設置
  • 来院回数
    1回
  • 所要時間
    30~60分
  • 次までの期間
    1週間

手術が2回法の場合は、簡単な手術で歯肉を切り開き、埋め込んだ根の部分と、歯の土台となるアバットメントを結合させます。
そして、そのアバットメントに人工の歯を装着します。

6. 上部構造の咬み合わせチェック

上部構造の咬み合わせチェック
  • 来院回数
    1回
  • 所要時間
    30分
  • 次までの期間
    1~3ヵ月

装着した人工の歯と他の歯との咬み合わせを調整します。
インプラントが駄目になってしまう原因として過剰な負荷がかかってしまうことによる、破損というものがあります。
これは、インプラントには感覚受容器が無いために、本人も知らず知らずのうちに引き起こされてしまうものです。
こうした破損を引き起こさないためにも、このSTEPでの咬み合わせの調整は非常に重要となってきます。

7. メンテナンス

メンテナンス
  • 来院回数
    複数回
  • 所要時間
    30~60分
  • 次までの期間
    -

インプラント手術後には、定期検診とご自身での口腔内のセルフコントロールが必要となります。ここからが本当のインプラント治療の始まりと言っても過言ではありません。
インプラントが駄目になってしまう大きな原因として、口腔内の細菌と咬み合わせ不良による過剰な負荷が挙げられます。

この両者を定期的にチェックすることによって、せっかく取り戻した歯をより長く使用できるよう、しっかりとメンテナンスをしていきましょう。

インプラント 料金表 秋葉原原田歯科クリニック

下記料金表は、料金の目安となっております。症状などにより実際の金額と異なる場合がございます。

治療内容項目 素材項目 金額
インプラント体 SPI (検査料、オプション治療すべて込み 被せ物が銀歯の場合) 350,000円
SPI (検査料、オプション治療すべて込み 被せ物がセラミックの場合) 380,000円
麻酔 静脈内鎮静 50,000円

インプラント、矯正など自由診療に該当する施術の費用については、保険適用外となり、全額自己負担になります

お支払方法

現金 / クレジットカード

カード種類
VISA / MasterCard / JCB / AmericanExpress / Diners Club

インプラント 保証期間 秋葉原原田歯科クリニック

保証期間

インプラント体は10年間、上部の人工歯やアバットメントは5年間の保証です。

保証内容

保証書をお渡しいたします。
保証期間中における通常使用で、破損や脱落や不適合が生じた場合、保証書により当院の責任において無料で修理・再装着・再製作させていただきます。

保証条件

次のような場合、一部または全額有料となりますのでご注意ください。
1.重大な不注意や不慮の事故など明らかに当院の過失ではない場合。
2.診療時に全く予期しえない口腔状態の変化による場合。
3.当院の指示に従わない状態での使用。
4.定期検診を受けていただけなかった場合。

メンテナンス

通常は6カ月に1回で、歯周病リスクが高い(歯周病の経験がある)方々は3カ月に1回となります。
メンテナンスでは、口腔内をクリーニングするほか、歯茎からの出血なども診査します。また1~2年に1回はプロービングといって、歯周ポケットの深さの測定を行います

インプラント よくあるご質問 秋葉原原田歯科クリニック

オススメのインプラントの種類はありますか?
インプラントは何百万回という咀嚼に耐える必要がありますから、骨との結合度合い、被せ物との結合部の丈夫さがとても大事になってきます。
当院ではその両方に優れ、きわめて耐久性が高い、スイスのSPI社の製品を使っています。
歯科医院を選ぶ基準はありますか?
まずは「清潔感」だと思います。古くても清潔にしている医院が良いです。
あとは先生の人柄や診療方針ですが、これは実際に話してみないと分かりません。
1つの医院だけではなく2つ、3つと相談して、いちばん良い先生を選んでください。
痛みについてとても心配なのですがどのような対策がとれますか?
インプラントの痛みは抜歯の痛みと大差ありません。
痛みを感じるのは骨ではなく、歯茎だからです。
当院では痛みを最小限にするために、CTで正確な測定を行い、歯茎の切開部分を極力小さくして、迅速な処置を心がけています。

インプラント 治療例 秋葉原原田歯科クリニック

以前のようによく噛めるようにしたい

  • 科目:インプラント
  • 年代:60代
  • 性別:女性
  • 症状:歯を抜いてしまって噛めなくなった
  • 希望:以前のようによく噛めるようにしたい
  • 見積り:380,000円 金額詳細

後ろから二番目の奥歯を抜いてしまってから、よく噛めなくなってしまい反対側で噛む癖がついてしまって困っておられました。ブリッジも考えましたが歯を削る量が多くなり歯を弱くしてしまう可能性が高いためインプラントをおすすめいたしました。

一本のみのインプラントですから手術時間は20分くらいで終了しましたので患者様はびっくりしていました。そして翌日以降も痛み腫れ共に無く順調に経過しました。

左右共に同じ状態で噛めるようになりました。装着感も良好で天然の歯と同様であるとのことでした。歯ブラシも天然の歯と同様でいいのでメンテナンスしやすい状態です。今後長期に渡って良い状態をキープできると思います。


右側で噛めるようにして欲しいが、見た目も綺麗で治療したことがわからないようにしてほしい

  • 科目:インプラント
  • 年代:60代
  • 性別:女性
  • 症状:症状:虫歯で右下の奥から2、3、4番目の歯、3本を抜いてしまったため右側では全く噛めなくなってしまった
  • 希望:右側で噛めるようにして欲しいが、見た目も綺麗で治療したことがわからないようにしてほしい
  • 見積り:1,140,000円 金額詳細

欠損している3本の歯以外はすでに綺麗に治療されており、この3本の欠損にインプラント治療を希望されて来院されました。噛めることは当然として治療した歯だとわからないように綺麗に被せ物を作って欲しいとのことでした。入れ歯やブリッジは良くないことはあらためて丁寧に説明させていただき御理解いただきました。

インプラント治療が3本ということもあり手術への患者様の不安が大きかったのですが局所麻酔と同時に笑気麻酔を併用したため気持ちがリラックスし恐怖感もなく手術をうけられたとのことでした。この笑気麻酔は不安な気持ちがなくなりリラックスでき、しかも麻酔の効果を高めるため多くのインプラント手術で併用しております。この笑気麻酔は無料ですので是非お使いいただくことをおすすめいたします。

3本のインプラント治療でしたが翌日の痛み、腫れは多少あったものの仕事や日常生活にはなにも問題はありませんでした。3本のインプラント治療くらいでは翌日のお仕事はお休みする必要はほとんどありません。
治療後は見てのとおり綺麗に被せ物が入りました。
当医院は信頼のおける技工所に補綴物を依頼しておりますので自然で綺麗な被せ物に自信を持っております。


隣の歯を削ってブリッジはしたくないのでインプラント治療を希望

  • 科目:インプラント
  • 年代:40代
  • 性別:女性
  • 症状:前歯1本が進行した虫歯で被せ物がよく外れてしまう
  • 希望:隣の歯を削ってブリッジはしたくないのでインプラント治療を希望
  • 見積り:430,000円 金額詳細

他院で前歯を抜かないといけないと言われ当医院に相談に来られました。前歯のインプラント治療は骨の移植や歯肉の移植をしないといけない場合が多く、今回も歯肉の移植が必要でした。手術回数が二回になるため期間もかかることは御理解いただきました。

前歯のインプラント治療は審美性が問われるため非常に難く、どの歯科医院でも出来るという治療ではありません。これは歯を抜くと骨がかなり無くなってしまうことがその原因です。
患者様は二回の手術を受けられましたが、どちらの手術も痛み腫れは少なくお仕事も休むことはありませんでした。
前歯の場合は歯が無いことがわからないように必ず仮歯を入れますのでどうぞ御安心ください。

写真で見てのとおり全くインプラント治療かどうかはわかりません。見た目だけではなくメンテナンスしやすくもしております。
前歯の場合は奥歯の場合と違って「審美性」を最も重要視します。
インプラント治療と言っても奥歯と前歯とでは大きく違うことを御理解いただければ嬉しく思います。


歯を抜くことはしょうがないが入れ歯にはしたくない

  • 科目:インプラント
  • 年代:60代
  • 性別:男性
  • 症状:前歯4本がぐらぐらする
  • 希望:歯を抜くことはしょうがないが入れ歯にはしたくない
  • 見積り:1,030,000円 金額詳細

上の前歯4本がぐらぐらしていて噛むと痛みがありました。
歯を抜くことには同意されておりましたが取り外し式の入れ歯だけは拒否されておりました。しかし、ブリッジの土台となる歯が4本の欠損を補うほどの能力はすでに無くなっていたため選択肢はインプラント治療しかありませんでした。
十分な御説明をしたあとで御納得いただきインプラント治療へと進んでいきました。

前歯部のインプラント治療でしかも複数欠損となるとインプラント治療としての難易度は最高レベルになります。手術前に骨の状態を確認いたしましたが幸運にも十分な高さおよび幅があり移植の必要がありませんでした。しかし、歯肉の移植だけはおこなったので手術回数は二回となりました。
欠損は4本ですがインプラントの本数は2本でしたので、ほとんど痛みや腫れは出ませんでした。

左右両方の犬歯とインプラントとの調和が最も難しいところでした。
やはり、前歯部のインプラント治療は審美性が最も優先されます。
4本の欠損を2本のインプラントで治療したのも審美性のためでした。
インプラント治療はすでに確立された治療法ですので欠損の状態次第で治療法のオプションをどれだけ持っているかがインプラントをする歯科医としての優劣の差になっているのではな
いでしょうか。




ピックアップ歯科医院 自費・自由診療を行っている歯科医院をピックアップでご紹介


最近チェックした歯科医院

クリップした歯科医院 クリップした医院が表示されます

オンライン受付24時間受付 0066-9754-203735無料通話

PAGE TOP

PAGE TOP