ホームホワイトニングの効果|時間や薬剤、歯医者について kiki DENTAL(キキデンタル)|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

ホームホワイトニングの効果|時間や薬剤、歯医者について

ホワイトニング治療には、自宅で処置を施すことができるホームホワイトニングというものがあります。わざわざ歯科医院へ足を運ぶ必要がないので便利ですよね。しかし、歯医者で受けるオフィスホワイトニングとは異なる点も多々あるようです。ここではホームホワイトニングの種類や効果、時間などについて紹介します。

ホームホワイトニングの効果は薬剤で微妙に差が生まれる

ホームホワイトニングとは、一般的に歯医者さんで薬剤を処方してもらう処置を指します。具体的な処置法は薬剤を専用のマウスピースに塗り付けて、それを歯列に自分自身で装着します。このプロセスは、どんな歯科医院でホームホワイトニングの処置を受ける場合でも共通しているようです。しかし、使用する薬剤に関しては、メーカーによって配合されている成分が異なっているようです。

例えば、代表的なホームホワイトニングの薬剤には「ナイトホワイトACP」や「オパールエッセンスホワイトニングジェル」などがあります。これらは、配合されている過酸化尿素の濃度や添加物などが異なっていますので、自ずとホワイトニング効果も微妙に変わってくるようです。つまり、自宅で行うホームホワイトニングは、使用する薬剤で種類を細分化することができるようです。

ホームホワイトニングは歯医者に行かなくてもよい?

ホームホワイトニングは自宅で歯を白くすることができますが、歯科医院へ全く足を運ばなくても良いというわけではありません。なぜならまず始めに、お口の中がホームホワイトニングに適した状態であるかを調べる必要があるからです。診察の結果、虫歯などの異常が見つかったらホームホワイトニングをすぐに始めるのではなく、虫歯などの治療が優先されます。お口の中が健康になれば、ホームホワイトニングをスタートすることができます。

治療の最初に行うのは、自分専用のマウスピースを作ることです。自分の歯列に合ったマウスピースを作成し、それを自宅で使用します。ちなみにこのマウスピースはトレーと呼ばれることもあります。そして、歯を白く効果のあるホワイトニング剤を処方されることとなります。この2つがそろえば、あとは自宅でホームホワイトニングを始めることができるようです。

ホームホワイトニングは効果が緩やかで長持ちする

自宅でおこなうホームホワイトニングは、歯科医院でおこなうオフィスホワイトニングと比べると、効果が少し下がります。これは、ホームホワイトニングで使用する薬剤の濃度が低いという点と、ライトやレーザーによる薬剤の活性化がおこなわれないという点が影響しているようです。

ですので、自宅でおこなうホームホワイトニングの効果は、とても緩やかです。実はこの性質が大きなメリットにもつながっています。歯が少しずつ白くなっていくということは、再び歯が汚れていくまでにも時間がかかるということになります。また、自宅で時間をかけて処置を施していけるため、自分が満足いくまでホワイトニングを続けることができるようです。

ホームホワイトニングの効果が現れるまでにかかる時間

ホームホワイトニングは自宅で毎回2時間程度、薬剤を歯に作用させます。といっても、ただ単にマウスピースをお口の中に装着するだけなので、手間はかかりません。ですから必ずしも自宅でおこなう必要はありません。2時間程度、マウスピースを装着できる環境であれば、出先で処置を施すことも可能です。それを2週間前後継続すれば、ホワイトニング効果が現れてきます。ホームホワイトニングで白い歯になるまでの時間は、個人差がありますので、その点は歯医者の説明を聞いておいた方が良いかもしれません。

  • 監修医吉野 真弘
  • 医院名:COJI DENTAL OFFICE
  • 住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1-1-10
COJI DENTAL OFFICEの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP