ラミネートべニアとは、歯を白くするだけでなく歯並びまでも整える!? kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

ラミネートべニアとは、歯を白くするだけでなく歯並びまでも整える!?

歯を白くする方法といえばホワイトニング治療ですよね。しかし、ホワイトニング治療というのは処置を施せないケースも多々あります。そんな時、ラミネートべニアという治療法があります。ここではラミネートべニアの治療法や流れについて、詳しく紹介します。

ラミネートべニアとはどんな治療法?

ラミネートべニアとは、セラミック素材で人工的に作られたつけ爪のようなものを、歯に貼り付けて、歯の着色や隙間をカバーしてしまう治療法です。このつけ爪のようなものを専門的には「シェル」と呼ばれ、色や形を自由に選択できます。例えば、神経などを抜いて黒ずんでしまった前歯だけを白く綺麗にしたい場合は、技工士がシェルを前歯の形に成形します。色に関しても沢山の種類が用意されていますので、患者さんそれぞれが理想とする歯の白さを選ぶことができます。

シェルが完成すれば、通常のホワイトニング治療よりも時間をかけずに歯を白くすることができ、また長期にわたって白くつるつるの歯をキープできることが大きなメリットといえると思います。ただ、ラミネートべニアはホワイトニング治療のように、歯そのものを白くするわけではありません。ですから、ホワイトニング治療とは根本的に性質が異なりますので、理解しておく必要があるでしょう。

ラミネートべニアの治療の流れ

ラミネートべニア法では、まず歯の表面を削ることから始まります。歯を白くするのに、どうして歯質を削らなければならないのかと不安に思う方も多いかもしれませんが、歯の表面にシェルを張り付けるため、歯の厚さを調整しスペースを確保する必要があります。とはいえ、それほど大きな面積を削るわけでなありません。エナメル質の表層を薄く削り取るようなイメージで、そのうえに接着剤でシェルを貼りつけます。

シェルはほとんどの場合がセラミック製ですので、汚れにくく、白くて美しい見た目を長く保つことが可能かと思います。また、ラミネートべニアは、歯の色を美しくするだけではなく、歯の形や大きさも改善することができます。そういった点から、すきっ歯や歯の形をキレイにするためにも用いられ、矯正歯科で歯列矯正を行うよりもはやく直すことができることでも魅力的な方法だといえるかと思います。

ラミネートべニアの2つのデメリット

しかしラミネートべニア法を行う前には、いくつか把握しておくべきことがあります。まず第一に、ラミネートべニア法では、健康な歯を削る必要がある点です。歯の表面をわずかに削る程度ですが、一度削った歯質はやはり元には戻りません。また、ラミネートべニアによって歯並びや歯の着色が改善されることがありますが、これもやはり根本的な改善にはなっていないことです。というのも、ラミネートべニアを貼ったからといって、歯並び自体が変わるわけではなく、実際の歯の色にも変化はありません。あくまでセラミック製の美しいシェルを歯に貼り付ける治療となりますので、その点を事前に理解しておく必要があるかと思います。

つまり、その他の歯科治療と同様、メリットとデメリットの双方があるといえるのです。ただ、通常のホワイトニングではできない神経を抜いた歯を白くしたり、ほんの小さな隙間などが気になるすきっ歯なども矯正歯科よりも手軽に改善できますので、おすすめの歯科治療といえるかと思います。

  • 監修医吉野 真弘
  • 医院名:COJI DENTAL OFFICE
  • 住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1-1-10
COJI DENTAL OFFICEの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP