ラミネートべニアとは、歯を白くするだけでなく歯並びまでも整える!? kiki DENTAL(キキデンタル)|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

ラミネートべニアとは、歯を白くするだけでなく歯並びまでも整える!?

歯を白くする方法といえばホワイトニング治療ですよね。しかし、ホワイトニング治療というのは処置を施せないケースも多々あります。そんな時、ラミネートべニアという治療法があります。ここではラミネートべニアの治療法や流れについて、詳しく紹介します。

ラミネートべニアとはどんな治療法?

ラミネートべニアとは、セラミック素材で人工的に作られたつけ爪のようなものを、歯に貼り付けて、歯の着色や隙間をカバーしてしまう治療法です。このつけ爪のようなものを専門的には「シェル」と呼ばれ、色や形を自由に選択できます。例えば、神経などを抜いて黒ずんでしまった前歯だけを白く綺麗にしたい場合は、技工士がシェルを前歯の形に成形します。色に関しても沢山の種類が用意されていますので、患者さんそれぞれが理想とする歯の白さを選ぶことができます。

シェルが完成すれば、通常のホワイトニング治療よりも時間をかけずに歯を白くすることができ、また長期にわたって白くつるつるの歯をキープできることが大きなメリットといえると思います。ただ、ラミネートべニアはホワイトニング治療のように、歯そのものを白くするわけではありません。ですから、ホワイトニング治療とは根本的に性質が異なりますので、理解しておく必要があるでしょう。

ラミネートべニアの進化

ラミネートベニアはもともと映画を撮影する際に、俳優の歯を白く美しく見せる為に使用されていました。1920年代にハリウッドで取り外し式のものが使われていましたが、当時は素材の耐久性が低く割れやすいというデメリットがあったため、あくまで撮影の時だけの使い捨ての審美歯科グッズとして使われていました。

日本では1980年代に入って、主に芸能人が歯を美しく見せる為に用いられるようになりました。この頃になるとラミネートベニアの質も向上しており、歯に直接チップを貼り付ける治療が行われていました。しかし、チップは柔らかく水を吸いやすい素材のプラスチックが用いられていたため、変色や表面の摩擦が生じるという問題もありました。そのような弱点を改善するために、セラミックを用いたラミネートベニアが登場しました。

セラミックは耐久性が高く、変色や表面の摩擦を起こしにくい素材で、さらに天然歯と似た色合いなので審美性に優れています。また、歯に貼り付ける接着剤の品質も高くなっており、割れたり剥がれたりといったトラブルも少なくなっています。

ラミネートべニアの治療の流れ

ラミネートべニア法では、まず歯の表面を削ることから始まります。歯を白くするのに、どうして歯質を削らなければならないのかと不安に思う方も多いかもしれませんが、歯の表面にシェルを張り付けるため、歯の厚さを調整しスペースを確保する必要があります。とはいえ、それほど大きな面積を削るわけでなありません。エナメル質の表層を薄く削り取るようなイメージで、そのうえに接着剤でシェルを貼りつけます。

シェルはほとんどの場合がセラミック製ですので、汚れにくく、白くて美しい見た目を長く保つことが可能かと思います。また、ラミネートべニアは、歯の色を美しくするだけではなく、歯の形や大きさも改善することができます。そういった点から、すきっ歯や歯の形をキレイにするためにも用いられ、矯正歯科で歯列矯正を行うよりもはやく直すことができることでも魅力的な方法だといえるかと思います。

ラミネートべニアの2つのデメリット

しかしラミネートべニア法を行う前には、いくつか把握しておくべきことがあります。まず第一に、ラミネートべニア法では、健康な歯を削る必要がある点です。歯の表面をわずかに削る程度ですが、一度削った歯質はやはり元には戻りません。また、ラミネートべニアによって歯並びや歯の着色が改善されることがありますが、これもやはり根本的な改善にはなっていないことです。というのも、ラミネートべニアを貼ったからといって、歯並び自体が変わるわけではなく、実際の歯の色にも変化はありません。あくまでセラミック製の美しいシェルを歯に貼り付ける治療となりますので、その点を事前に理解しておく必要があるかと思います。

つまり、その他の歯科治療と同様、メリットとデメリットの双方があるといえるのです。ただ、通常のホワイトニングではできない神経を抜いた歯を白くしたり、ほんの小さな隙間などが気になるすきっ歯なども矯正歯科よりも手軽に改善できますので、おすすめの歯科治療といえるかと思います。

こんな人におすすめ!

ラミネートベニアがオススメの人とはどのような人なのか紹介するので、自分に当てはまるかどうかを確認しましょう。

オススメの人①忙しい人

本格的な歯列矯正を行うのは時間とお金がかかってしまいます。ラミネートベニアであれば、短期間で歯の審美性を向上させることができますので、仕事などで忙しくてなかなか歯科医院に足を運ぶことができないという方にオススメです。

オススメの人②歯のステインが気になる

色の濃い食べ物や飲み物を日常的に摂取していると、歯にステインという着色汚れがついてしまいます。そのようなステインによって歯が黄ばんだり、黒ずんだりしている方は、ラミネートベニアによって白く清潔感のある歯を手に入れることができますのでオススメです。

オススメの人③アレルギーを持っている

ラミネートベニアの素材になっているセラミックは、アレルギーを起こしづらい安全な素材です。金属を使った歯科素材で治療を行って金属アレルギーを発症してしまうこともありますので、安全に歯を美しくしたい方にはオススメです。

オススメの人④1本だけ気になる歯がある

1本だけ気になる歯がある場合は、歯列全体を整えるような大掛かりな治療を行うのは効率が良いとは言えません。気になる歯だけラミネートベニアを装着して、口もとを美しく見せることができます。

ラミネートべニアには寿命があるの?

ラミネートベニアは天然歯とほぼ同じ耐久性で、乱暴に扱ったり、大きな衝撃を受けたりしない限りは長期間に渡って使用し続けることができます。平均的な寿命や、トラブルを招きやすい扱い方を把握しておきましょう。

・ラミネートベニアの平均寿命は?

ラミネートベニアの平均的な寿命は、10~20年程度となっています。ラミネートベニア自体の状態が良好でも、施術から5年前後で接着剤の劣化によって剥がれることがありますので、3年に1度はクリニックでメンテナンスを受けるとよいでしょう。

・噛みしめ癖や歯ぎしりに注意

ラミネートベニアにかかる負荷が大きいと取れやすくなってしまいますので、噛みしめ癖がある方や歯ぎしりをする方はラミネートベニアが外れやすいです。施術を受ける前には、医師としっかりコミュニケーションをとって、ラミネートベニアを問題なく使用できるかをチェックしましょう。

・取れやすい場面とは?

ラミネートベニアは前歯に施術を行うケースが多い為、前歯に負荷がかかると取れてしまいがちです。その為、食事で固いものを前歯で噛み切ろうとした際に取れてしまうことが多いため注意しましょう。また、施術してから接着剤が安定するまで一定期間必要となりますので、安定するまでは負荷をかけたり触ったりしないようにしましょう。

  • 監修医吉野 真弘
  • 医院名:COJI DENTAL OFFICE
  • 住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1-1-10
COJI DENTAL OFFICEの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP