銀歯にしない方がいい?銀歯のデメリット kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

銀歯にしない方がいい?銀歯のデメリット

虫歯の治療をした際、削った部分を補うために銀の詰め物を入れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。銀歯は保険が適用するため、多くの方に選ばれやすいのですが、口を開いた時に目立つのが気になりますよね。しかし、銀歯には虫歯になりやすいなどのデメリットもあるようなんです。

銀歯のデメリット:銀歯になってしまう原因

虫歯になった場合、進行度合いにより詰め物にするか被せ物にするかを選びます。このとき、保険適用内で選べる詰め物・被せ物には限りがあり、プラスチック樹脂のような白い「コンポジットレジン」というものか、もしくは銀歯になってしまいます。

しかし、虫歯の進行度合いが大きい場合、そして治療の箇所が奥歯であるという条件が重なった場合、保険適用内で治療をするには銀歯にするしか選択肢がなくなってしまうそうです。コンポジットレジンは銀歯に比べて強度が弱いため、負荷がかかりやすい奥歯には適していないのです。

銀歯のデメリット:歯科金属アレルギーの危険性がある

銀歯のメリットは、保険が適用されますので自ずと治療費が安くなることだといえると思います。また、コンポジットレジンなど他の歯科材料と比べると強度が強く硬いため、欠けたり変形したりする心配が少ないといえます。

しかし、銀歯には金属アレルギーの危険性があるという大きなデメリットがあります。

歯科金属アレルギーというのはお口の中の金属が原因であるにもかかわらず顔、腕、首筋などお口から離れたところに症状がでます。特に多いのがアトピー性皮膚炎として出てくる症状です。お口の中は水分が多いため金属が腐食すると金属イオンになってアレルギーを起こすのです。

他にも湿疹、喘息、鼻炎、鬱、花粉症などを引き起こす可能性もありますので御注意ください。

銀歯を白い歯にするには、銀の詰め物をセラミック素材にかえる

小さい銀歯であれば、コンポジットレジンで保険適用内で詰めかえることができるかと思います。しかし、大きい銀歯を白い歯にするには、セラミック素材でできた詰め物・被せ物を入れなおすことが最適かと思います。セラミックとは瀬戸物など焼き物に使われる素材であり、それを義歯に改良したものは、天然の歯と変わらない白さと透明感のあるキレイな見た目であり、またコンポジットレジンよりも強度が高いという特長をもっています。

セラミック素材には大きくわけて2種類、セラミックだけで作った「オールセラミック」とプラスチックとセラミックで作った「ハイブリットセラミック」があり、それぞれ料金が異なります。オールセラミックの方が強度が高く汚れが付きにくいというメリットがありますが、料金が高いというデメリットもあります。銀歯をセラミックに詰め替える場合は、費用や銀歯の大きさ、希望の仕上がりなどを歯医者さんと相談して決めていくのがよいかと思います。

  • 監修医原田 和彦
  • 医院名:秋葉原原田歯科クリニック
  • 住所:東京都千代田区神田和泉町1-1-13蓼沼ビル2F
秋葉原原田歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP