インプラントと入れ歯の違い|費用、治療法、仕上がりの差とは kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

インプラントと入れ歯の違い|費用、治療法、仕上がりの差とは

外傷などで歯を失ったり、虫歯治療を歯を抜くことになっりした場合、いくつかの治療法が考えられます。歯が抜けたままににしておくと、歯列全体にも大きな悪影響が及びますので、何らかの補綴物で補う必要があります。そのうち、最もスタンダードな治療法が入れ歯やインプラントです。実際、歯科医院でも入れ歯とインプラントのどちらにするかを聞かれることがあるかと思います。そこで、入れ歯とインプラントの違いについて詳しく解説したいと思います。

インプラントと入れ歯は治療法が違う

入れ歯とインプラントは、一見すると同じような治療法に見えるかもしれませんが、両者には決定的な違いがあります。それは歯根があるかないかになります。入れ歯は残っている歯に「クラスプ」と呼ばれるパーツを引っ掛けることで固定します。取り外しも可能で、ある意味清掃性にも優れているといえます。

一方、インプラントには歯根があります。インプラント体と呼ばれる人工歯根を、顎の骨に直接埋め込みます。ですから、その他の歯を必要とせず口腔内に独立した形で装着することが可能なのです。しかしその点、入れ歯とは異なり着脱が困難なのですが、特に清掃性が劣っているというわけでもありません。形態がほぼ天然の歯と同じですので、通常のブラッシング法で汚れを落とすことができます。また、インプラント治療には必ず手術が伴うという点も、入れ歯治療とは異なるといえるかもしれません。

インプラントと入れ歯は仕上がりが違うようです。特に歯が全て無い場合、インプラントの方が数段装着感が良いです。

入れ歯とインプラントでは、仕上がりにも大きな違いがあります。見た目に関していうと入れ歯よりインプラントの方が自然に仕上がり、天然の歯と見間違えるかと思います。恐らく、前歯に1本のインプラントが入っていたとしても普通の人では見わけがつかないほどです。インプラント治療では、それくらい自然な仕上がりが期待できます。

しかし入れ歯に関しては、やはり傍から見ていてもある程度装着していることが分かってしまいます。それは入れ歯という装置自体が大きなものですし、沢山のパーツから構成されているので、インプラントに近い自然な仕上がりは、なかなか実現が難しいかと思います。次に装着感についてですが、この点もまたインプラントが勝っているといえます。インプラントは、天然の歯とさほど変わらないくらいの仕上がりで、口腔内に設置することができます。歯根も存在しているため、噛んだ時も違和感なく食事を楽しむことができるようです。特に歯が全て無い場合、インプラントの方が数段装着感が良いです。

一方、入れ歯はインプラントと比べて仕上がりが劣る場合が多いです。入れ歯には歯根がなく、周りの歯に支えてもらっているため、噛んだ時も安定しないことが多いようです。

インプラントと入れ歯は費用が違う

インプラントと入れ歯では、費用の面で違いが出てきます。簡単にいえば、インプラントは保険が適用されず、入れ歯は保険が適用されます。そのため、インプラント治療の方が費用が高くなると考えてよいでしょう。ただし、入れ歯治療も使用する材料や治療法によっては、保険が適用されませんので注意が必要です。

インプラント治療が高額になってしまうのは、歯根の代わりとなるチタン製のインプラントと、その上に被せるセラミック製の義歯など、高価な材料を使用するためです。また、人工歯根を埋め込む手術も必要としますので、入れ歯よりも諸経費がかさむと考えることができます。費用が高額になるのは大きなデメリットに感じるかもしれませんが、その分インプラントには仕上がりの良さなどのメリットを享受することができます。

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP