インプラント手術ができない場合と対処法について kiki DENTAL(キキデンタル)|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

インプラント手術ができない場合と対処法について

インプラントは、誰でも行える治療法ではありません。治療には外科手術が伴い、人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込むというプロセスが含まれているため、患者さんの口腔状態によってはインプラント手術ができない場合もあります。ここではインプラント手術が身体に与える影響や、手術ができない症例、またその時の対処法などについて解説したいと思います。

インプラント手術は顎の骨に負担がかかる

一般的な歯科治療では歯を削ったり、歯面を研磨したりといった処置がメインとなります。つまり、基本的に負担がかかるのは歯そのものといえます。一方、インプラント手術は顎の骨に負担がかかります。元々歯がない場所に人工歯根を埋め込む処置ですので、一般歯科の治療とは根本的に異なります。

インプラント手術では、メスで歯茎を切り開き、顎の骨に専用のドリルで穴をあけます。ですから、歯茎から出血が起こることがあります。また、ドリルで穴をあけた顎骨には、それ相応の負担がかかるようです。そう考えると、インプラント手術が適用できない症例があってもおかしくはないかと考えられます。やはり前提として、歯茎や顎の骨が健康でなければならないようです。

インプラント手術は顎の骨が健康でないとできない

インプラント手術では、最初に歯科用CTを用いた画像診断による精密な診断を行うことが重要となります。この時、歯科医師は画像から主に顎の状態を見ています。インプラントは顎の骨に埋め込みます。インプラントは天然の歯の歯根と同様、ある程度の面積があるため、顎の骨にインプラントがきちんと収まるスペースがあるか確認する必要があります。顎の骨に十分なスペースがなければ、そもそもインプラント治療は行えません。

しかし、十分なスペースがあれば必ずインプラント治療を行えるわけでもありません。例えば、骨粗しょう症の患者さんでは骨密度が低下しているため、顎の骨にインプラントが定着しないため行えないこともあります。つまり、顎の骨の質と量ともに健康な状態でなければ、インプラント手術は難しいといえます。

他の口腔疾患でインプラント手術がすぐにできないケース

骨の質や量の他にも、様々なことが原因ですぐにインプラント手術を受けられないことがあります。どのようなケースがすぐに治療できないのかを知っておきましょう。

Case①重度の歯周病患者

歯周病は細菌が歯茎の隙間から侵入して、顎の骨を溶かしていく疾患です。インプラントを埋入しても、歯周病だと骨を溶かしてインプラントのぐらつきや脱落を招いてしまうため、まずは歯周病の治療を行い、口腔内環境を正常化する必要があります。

Case②噛み合わせに問題がある

歯並びが悪く噛み合わせに問題がある場合は、インプラントに過度な負荷がかかる恐れがあります。そのような場合はインプラントの損傷を招くリスクがありますので、予め歯列矯正を行う必要がある場合もあります。

Case③歯が抜けていた期間が長い人

人間の歯は少しずつうごいていますので、歯が抜けてから長い期間が経過していると、隣り合う歯が抜けた歯の隙間を埋めていることがあります。インプラントを埋入するにはある程度のスペースが必要となりますので、隣り合う歯や噛みあう歯を削る処置が必要になる場合があります。

Case④煙草を吸っている方

タバコは歯茎の血行を悪くし、免疫力や骨の再生能力を低下させてしまいます。そのため、インプラントの成功率を低下させてしまいます。インプラント治療を行っている間は禁煙に取り組むようにしましょう。

Case⑤生活習慣病の方

高血圧の方はインプラント手術を受けることが難しい場合があります。また、糖尿病患者も免疫機能が衰えており、感染症のリスクが高いのでインプラント治療を受けるのが難しいことが多いです。生活習慣病を患っている方は、必ず医師と相談して、治療が行えるかどうかを確認しましょう。

インプラントができない場合は、骨の密度を増やす治療から始める

事前の診断でインプラント治療ができないとわかった場合でも対処法があります。例えば、骨の量が不足していれば、それを補うような処置が用意されています。骨補填材と呼ばれるもので、不足にしている部分に作用させることで、骨量を増やしていきます。この処置はインプラント手術を実施する前に行うこともあれば、インプラント手術と同時に行うこともあるようです。

また、顎の骨の厚みが足りない場合などは、「ソケットリフト」や「サイナスリフト」と呼ばれる処置によって、足りない厚みを補うこともできます。このように、インプラント治療をすぐに実施できない場合でも、それなりの対処をすれば手術を受けることができるケースも少なくないようです。ただ、症例によってはどう対処してもインプラント手術が行えない場合もあります。その時は、インプラント治療ではなく、ブリッジや入れ歯といったその他の治療法に切り替える必要があります。どの治療法が最適なのかは、主治医と綿密に話し合う必要があるようです。

その他の疾患で安全上インプラントができないケース

疾患を抱えている方の中には、インプラント治療が受けられないケースもあります。どのような疾患を抱えている場合にインプラント治療が難しくなるかを知っておきましょう。

疾患①重度の糖尿病

糖尿病の方は免疫機能が衰えており、抵抗力が低いため細菌による感染のリスクが高まります。また、再生機能も低くなっているので、埋め込んだインプラントが固着せず抜け落ちてしまう可能性も高いです。このようなことから、糖尿病を患っている方はインプラント治療を受けられない場合があります。

疾患②重度の肝疾患

インプラントの治療は、薬剤の服用などによって肝臓に負担をかけるため、急性肝炎や肝硬変といった重度の肝疾患がある人も手術が受けられないことがあります。肝臓に疾患があると、血液を凝固させる因子の合成が不十分なケースもありますので、肝臓の病気を治療している方は医師に相談しましょう。

疾患③重度の心臓病

インプラント治療を行うことによって、口腔内の細菌が増加し、体内に侵入することがあります。心筋梗塞を患ったことがある方や心臓病の方は、口腔内の細菌がペースメーカーなどに付着してしまうリスクがある為、インプラント治療を避けることが多いです。

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP