インプラントの痛み|手術のリスク、手術後の痛み kiki DENTAL(キキデンタル)|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

インプラントの痛み|手術のリスク、手術後の痛み

インプラントを受けようかどうか迷っている方は、インプラント手術に伴う痛みやリスクについても不安に感じているのではないでしょうか。ここでは、インプラント治療にはどのようなリスクがあり、手術における痛みはどの程度なのかについて解説したいと思います。

インプラントは外科手術が伴うため、痛みやリスクを負う可能性がある

どんな歯科治療にもリスクが伴います。特にインプラント治療には外科手術をする過程がありますので、インプラントならではのリスクというものがあると思ってよいかと思います。

まず第一のリスクとしては、手術中の事故が挙げられます。インプラントを埋入する際には、メスで歯茎を切りますので、その周囲に存在している血管や神経を傷つけてしまう可能性が0%ではありません。傷つけた部位によっては、手術後にも麻痺や知覚異常などの障害が残るといったケースもあります。もちろん、適切な治療を施していればこのような医療事故は起こりませんが、そのような可能性もあるということを知ってしておくとよいかと思います。

次に、埋入したインプラントが脱落するリスクです。例えば不適切な手術が行われたり、治療後のメンテナンスなどを怠ると、インプラントが抜け落ちることがあります。そのため、インプラントに伴うリスクを回避するには、技術の高い歯科医師に治療してもらうだけでなく、患者さん自身もメンテナンス等に気を配る必要があるといえるでしょう。自分の歯だけでなく、インプラントも同じように気を使っていくことが大切かと思います。

インプラントの手術中はほとんど痛みを感じない

インプラント手術では、メスや専用のドリルなどを使い歯肉をめくりその下の骨に穴をあけていきます。しかし、実際のインプラント治療ではインプラントを埋め込む周囲の組織に麻酔をかけるので痛みはありません。

また、多くのインプラント歯科では、手術の際には麻酔の専門家が立ち会い、特別な麻酔処置を施してくれます。具体的には「静脈内鎮静法」によって、半分眠ったような状態での手術が可能となります。この方法を使って麻酔を施すと、とても心地の良い状態になるそうで、痛みだけでなく恐怖も感じなくなるようです。もちろん麻酔の種類や治療の方法によっては、多少痛みを感じることがありますが、心配するほどのものではないかと考えます。

インプラント術後の痛みについて

痛みは麻酔が切れてくる頃に感じる

インプラント術後に麻酔の効果が薄れてくると、じんわりと痛みを感じます。人によっては違和感があります。麻酔は約2時間後から切れてくるため、そのくらいから徐々に痛みを感じるようになるでしょう。しかし、激痛という程の痛みはないため、処方された痛み止めを服用することで対処できます。

骨や歯肉移植時は痛みがある

埋入するインプラントの本数や手術内容によって痛みの度合いは異なります。埋入本数が多かったり骨や歯肉の移植手術を行なったりした場合は、痛みや腫れが出やすいです。しかし、骨や歯肉の移植手術をした箇所の痛みが残るだけであって、インプラント部分の痛みは少ないです。また、痛み止めを服用すれば痛みは治まりますから、そこまで心配する必要はないでしょう。

痛みの感じ方は抜歯と同じ程度

インプラント術後に傷口が痛む可能性は0とはいえませんが、抜歯よりも痛みがあるわけでもありません。もし痛みが出たとしてもチクチクと痛む程度で、激しい痛みを感じることはほとんどないのです。抜歯経験者ならその痛みを想像できるでしょう。痛みには個人差がありますが、多くのインプラント手術経験者が「抜歯よりも痛くなかった」 「ほとんど痛みはなかった」と答えています。痛み止めはもちろん処方されますが、「インプラント術後当日に1回服用しただけ」という患者さんもいるくらいです。

インプラント術後に痛みを感じたとしても適切な治療を受けているのなら、痛みが長続きすることはありません。これなら痛みに恐怖心を抱いている人でも比較的安心して、インプラント手術を受けることができます。

インプラントの痛みは、手術後の傷口の大きさに左右される

手術中に施した麻酔薬は、手術後しばらくして効果がなくなります。その時、痛みを感じるかどうかは、個人によっても大きく異なってきます。元々痛みを感じやすい人は、手術した部位がそれなりに痛むかもしれません。また、手術内容によっても痛みの度合いは変わってきます。とても難しい症例で、出血が多く、傷口が大きくなった場合は、手術後に痛みを感じることがあります。手術後の痛みをできるだけ抑えるのであれば、傷口を最小限にすることが重要です。

しかし、インプラント手術後には鎮静剤などが処方されますので、それを服用すれば痛みも治まってきます。インプラントは、手術中よりも手術後の方が痛みが生じやすいかもしれません。現在ではCT,インプラントシュミレーションソフトetcを使用してサージガイドを作製して歯茎をはがさず安心安全に簡単に、手術ができる方法もあります。

インプラントの術後の痛みと腫れを抑える方法

インプラント術後の細菌感染リスク

インプラント手術に使用する器具はすべて専用機器で滅菌しているため清潔です。もちろん手術室も清潔な状態です。そして手術前は口腔内のスケーリング等をし、清潔な状態にした後にインプラント手術を行ないます。また、インプラント術後の縫合の際も細菌感染を防ぐために、しっかりと行なわれます。そのため術中の細菌感染のリスクは低いです。

どちらかというと術後に細菌感染するリスクが高いです。それは、メンテナンス不足により起きます。衛生的な口腔内を維持することで、細菌感染のリスクを抑えることができるでしょう。

インプラント術後の過ごし方

インプラント術後当日やしばらくの間は、安静に過ごすようにしましょう。術後の過ごし方を誤ると痛みや腫れが悪化する可能性があります。医師の指示や以下の注意事項を守り経過をみてください。

痛み止めの服用

インプラント術後に麻酔が切れると痛みがあるため、麻酔が切れる前に痛み止めを服用しましょう。そうすることで不快感や痛みが緩和されます。

傷口を冷やす・温める

抜歯をした箇所は24時間冷やすことで、腫れや痛みを緩和させることが可能です。しかし24時間以上冷やすと血液循環が悪くなり逆に回復が遅れるため、24時間~72時間は温めてください。温めることにより逆に痛みが治まります。

アルコールは飲まない

インプラント術後当日はアルコールは飲まないようにしましょう。アルコールを飲むと血液の流れが良くなり、傷がある骨に刺激を与えズキズキと痛みます。

柔らかい食べ物を食べる

ゼリーやヨーグルト、おかゆといった柔らかい食べ物を食べましょう。そして食べる時は傷口に当たらないように食べてください。また、酸味のあるものや辛いものは傷口に刺激を与えてしまうため、できるだけ避けるようにしましょう。

うがいは慎重に行なう

インプラント術後直後にブクブクと激しいうがいをすると、傷口のかさぶたが剥がれてしまい出血するおそれがあります。そのため2~3日は水を含みそっと吐き出すような軽いうがいをしてください。

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP