インビザライン矯正とは?マウスピース矯正との違い kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

インビザライン矯正とは?マウスピース矯正との違い

歯並びを良くする矯正治療には、マウスピースを用いた方法があります。金属製のワイヤーなどを使用する矯正法とは異なり、目立ちにくいという特徴を持っています。中でもインビザラインという矯正システムが有名なのですが、どういった違いがあるのかご存知でしょうか。ここではインビザラインの特徴や費用などについて、解説していきたいと思います。

インビザライン矯正とは、矯正システムのこと

インビザラインとはマウスピース矯正の一種であり、インビザラインというシステムのこと指します。1997年アメリカのアライン社により開発された矯正装置で、日本では2006年2月より正規導入されました。

インビザライン矯正が一般的なマウスピース矯正とは大きくことなる異なる点があります。インビザラインでは、3Dシミュレーターを使って診断および治療方針の決定が行われるため、マウスピースを装着することで、どのような変化が起き、歯がどう動いていくのか予測することができます。そのため、歯型を取るのは最初の一度だけでOKです。通常のマウスピース矯正では治療が進むにつれて、どのくらい歯が動いたのかを確認しつつその都度歯型を取っていくため、時間も手間もかかるうえ、3週間~1ヵ月に1回のペースでマウスピースを作製しなくてはなりません。

インビザラインでは多くても2、3ヵ月に1度マウスピースを交換すればいいので、患者さんにかかるストレスを大きく軽減できる方法といえそうです。

 

インビザライン矯正ではより精密なマウスピースを作ることが可能

インビザラインのメリット

一般的なマウスピース矯正の場合、歯型を取って模型を作り、それをもとに技工士が手作りで製作します。そのため、仕上がりの精度が技工士の技術力に左右されがちです。しかしインビザラインだと、何百万件とある症例データを分析して、きめ細かくより精密なマウスピースを作製することができるため、満足度の高い治療が可能といえるでしょう。また、事前に3Dシミュレーターで段階ごとの歯の動きや最終目標の歯並びを確認できるので、矯正治療の失敗リスクも大幅に減らすことができるかと思います。

インビザラインのデメリット

歯列の乱れが大きい場合や、難しい症例の場合はインビザライン矯正を行うことができません。また、インビザラインは治療終了までを予想して治療計画を緻密に立てていくので、永久歯に生え変わって固定されるまで治療は行うことができません。したがって小さいお子様などもこの方法をとることができないのです。

インビザライン矯正にかかる費用は一般的な矯正よりも高い傾向にある

インビザラインにかかる費用は、矯正歯科クリニックや症例に応じて様々です。大体の目安としては、50~100万円程度を考えておけば良いようです。難しいケースだとさらに費用が高くなる場合もあるようです。100万円と聞くと、かなり高額な印象を受けますが、そもそも矯正治療自体の費用が高い傾向があります。

おそらく、一般的なワイヤー矯正でも、これ以上の費用がかかることは珍しくないと思います。また、この費用以外にもカウンセリングや精密検査でお金がかかる場合もあるようです。表示されている金額に、どこまでの処置が含まれているかは事前に確認しておくことが望ましいです。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP