インビザライン矯正とは?マウスピース矯正との違い kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

インビザライン矯正とは?マウスピース矯正との違い

歯並びを良くする矯正治療には、マウスピースを用いた方法があります。金属製のワイヤーなどを使用する矯正法とは異なり、目立ちにくいという特徴を持っています。中でもインビザラインという矯正システムが有名なのですが、どういった違いがあるのかご存知でしょうか。ここではインビザラインの特徴や費用などについて、解説していきたいと思います。

インビザライン矯正とは、矯正システムのこと

インビザラインとはマウスピース矯正の一種であり、インビザラインというシステムのこと指します。1997年アメリカのアライン社により開発された矯正装置で、日本では2006年2月より正規導入されました。

インビザライン矯正が一般的なマウスピース矯正とは大きくことなる異なる点があります。インビザラインでは、3Dシミュレーターを使って診断および治療方針の決定が行われるため、マウスピースを装着することで、どのような変化が起き、歯がどう動いていくのか予測することができます。そのため、歯型を取るのは最初の一度だけでOKです。通常のマウスピース矯正では治療が進むにつれて、どのくらい歯が動いたのかを確認しつつその都度歯型を取っていくため、時間も手間もかかるうえ、3週間~1ヵ月に1回のペースでマウスピースを作製しなくてはなりません。

インビザラインでは多くても2、3ヵ月に1度マウスピースを交換すればいいので、患者さんにかかるストレスを大きく軽減できる方法といえそうです。

インビザラインの使い方と注意点

インビザラインではアライナーという透明な装置をマウスピースと同様、歯に被せるように装着して使用します。見た目はマウスピースと変わりありません。1日20時間以上装着している必要があるので、食事と歯磨きのとき以外は装着したままで過ごすことになります。 また、インビザラインで歯列矯正をしていくうえで、気を付けるべきことは以下の通りです。

・取り外したあと、装着し忘れない

インビザラインによる矯正は、アライナーの装着時間が短いほど効果が得られにくいです。取り外すのは食事と歯磨きのときだけと決めて、むやみに取り外さないようにした方がいいでしょう。1日20時間以上の装着時間を厳守するためにも、装着し忘れがないように工夫をする必要があります。

・食べ物や飲み物を口にした後、歯磨きをせずに装着しない

食べ物や糖分を含む飲み物を口にしたら、必ず歯磨きをしてからアライナーを装着し直しましょう。歯磨きをしないままアライナーをしてしまうと、食べカスや糖分などが歯に密着してしまい、虫歯になりやすい状態となります。

・アライナーもこまめに洗浄する

歯磨きも大切ですが、アライナーを清潔に保つことも大切です。歯磨き粉は使用せずに、水でこすり洗いするか歯ブラシで洗浄してください。どうしても臭いや汚れが気になるときは、マウスピース用の洗浄剤を使用するといいでしょう。

・アライナーを装着したままお茶やコーヒーを飲まない

お茶やコーヒーは糖分がはいっていなければ問題なさそうですが、アライナーに着色汚れが付着する原因となります。ただし、着色汚れが気にならないというのであれば飲んでも構いません。 歯とアライナーが清潔な状態を保ち、なるべく長い時間アライナーを装着していることがインビザライン矯正において大切なポイント。着色汚れについては、同じアライナーを使い続けるわけではないので、割り切っている方もいるようです。  

インビザライン矯正ではより精密なマウスピースを作ることが可能

インビザラインのメリット

一般的なマウスピース矯正の場合、歯型を取って模型を作り、それをもとに技工士が手作りで製作します。そのため、仕上がりの精度が技工士の技術力に左右されがちです。しかしインビザラインだと、何百万件とある症例データを分析して、きめ細かくより精密なマウスピースを作製することができるため、満足度の高い治療が可能といえるでしょう。また、事前に3Dシミュレーターで段階ごとの歯の動きや最終目標の歯並びを確認できるので、矯正治療の失敗リスクも大幅に減らすことができるかと思います。

インビザラインのデメリット

歯列の乱れが大きい場合や、難しい症例の場合はインビザライン矯正を行うことができません。また、インビザラインは治療終了までを予想して治療計画を緻密に立てていくので、永久歯に生え変わって固定されるまで治療は行うことができません。したがって小さいお子様などもこの方法をとることができないのです。

他にもある!インビザラインのメリット・デメリット

上記で説明した以外にも、インビザライン矯正にはメリットとデメリットがあります。それぞれ紹介していきましょう。

メリット

・痛みが少ない

歯型を取って、しっかりフィットするように作られるうえに、柔らかくしなやかな素材を使用するので装着時の痛みがほとんどありません。また、歯を動かすのも少しずつなので、歯が動く痛みも少ないです。

・目立たない

装着中であっても、近くに寄ってじっくり見ない限り、アライナーの存在に気付かないことが多いようです。そのため、矯正装置の見た目が気になる方でも抵抗なく受け入れられます。

・トラブルが起こりにくい

金属製のブラケットやワイヤーを装着するのに比べて、口内を傷つけたり口内炎ができたりする可能性がかなり低いです。アライナーを装着することによる口内トラブルが起きにくいので、快適に矯正していくことができるでしょう。

デメリット

・施術可能な歯科医院が少ない

日本での導入は2006年からと比較的最近です。そのため、日本国内の歯科医院では、まだ導入しているところが少ないというのが現状なのです。少し遠くの歯科医院まで足を運ばないと、施術が受けられないといった可能性もあるでしょう。

・歯磨きやアライナーの洗浄をこまめに行なわなければならない

食べ物や糖分を含む飲み物を口にするたびに歯磨きが必要となります。今までよりも歯磨きの回数が増える場合が多く、最初のうちは面倒に感じるかもしれません。また、毎日使用するアライナーも洗浄が必要ですので、習慣になるまで手間に感じるでしょう。

インビザライン矯正にかかる費用は一般的な矯正よりも高い傾向にある

インビザラインにかかる費用は、矯正歯科クリニックや症例に応じて様々です。大体の目安としては、50~100万円程度を考えておけば良いようです。難しいケースだとさらに費用が高くなる場合もあるようです。100万円と聞くと、かなり高額な印象を受けますが、そもそも矯正治療自体の費用が高い傾向があります。

おそらく、一般的なワイヤー矯正でも、これ以上の費用がかかることは珍しくないと思います。また、この費用以外にもカウンセリングや精密検査でお金がかかる場合もあるようです。表示されている金額に、どこまでの処置が含まれているかは事前に確認しておくことが望ましいです。

インビザライン矯正がおすすめなのはこんな人

歯列矯正を考えていて、以下に当てはまる方はインビザライン矯正がおすすめの方です。ぜひチェックしてみてください。

・目立つ矯正装置を装着したくない
→透明な装置で、装着中でもほとんど気付かれません。

・金属アレルギーを持っている
→アライナーはプラスチック素材なので、金属アレルギーの方でも装着することができます。

・口内に負担を掛けたくない
→柔らかい素材なので、口内に負担がかかりにくいです。口内炎ができやすい方にもおすすめです。

・虫歯リスクを下げたい
→アライナーを取り外せば従来通り歯全体をしっかり磨くことができるので、虫歯リスクが低くなります。

上記に当てはまる方は、インビザライン矯正が可能かどうか歯科医師に相談してみることをおすすめします。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP