ガミースマイルの治し方|治療法、費用の相場 kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

ガミースマイルの治し方|治療法、費用の相場

ガミースマイルとは、笑った時に歯茎の部分がたくさん見えてしまう症例です。このガミースマイルには、原因がいくつかあります。原因に応じて治療法も異なりますが、中には歯列矯正で治せるケースもあるようです。ここでは、ガミースマイルの症状、矯正歯科での治し方や治療にかかる費用について解説します。

そもそもガミースマイルとは?

ガミースマイルの「ガミー」とは、歯茎のことを指しています。つまり、歯茎が見える笑顔という意味ですね。笑った時に歯茎が見えるのは当たり前のように感じますが、ガミースマイルの方は、歯茎の見える量が普通より少し多くなっています。笑った時に見える歯と歯茎のバランスが崩れているため、それをコンプレックスに感じている人も少なくありません。

このガミースマイルは、唇や歯茎、もしくは口腔前提という部位に異常があるため、発症することがあります。また、歯や上顎骨の位置に異常がある場合でも発症します。歯や顎骨に原因がある場合は、矯正歯科の治し方で対応できることが多いようです。唇や口腔粘膜に原因がある場合は、形成外科などで対応することもあるようです。

ガミースマイルのデメリット

ガミースマイルは歯茎が露出しやすいことから口内トラブルが発生しやすい傾向にあります。どういったデメリットがあるのかを見ていきましょう。

口臭に悩む恐れがある

ガミースマイルは、歯茎が露出するため、歯や歯茎が乾燥しがちになります。歯茎や口腔内が乾燥すると、唾液による粘膜の潤滑作用や自浄効果が低くなり、細菌が繁殖しやすい環境になります。細菌が口内に残った歯垢やプラークを発酵させることで、口臭が発生する恐れがあります。

虫歯や歯周病になりやすくなる

口臭と同様、歯茎が乾燥しやすいと、自浄効果が低くなり酸に対する抵抗力が落ちます。そのため、口内に残った食べ物を分解する酸を処理しきれず、虫歯や歯周病になることが考えられます。

ガミースマイルの治し方はワイヤー矯正、もしくは手術を行う

矯正歯科で治せるガミースマイルは、歯や顎に原因である場合に治せることが多いです。例えば上の顎が前に突出している場合は、出っ歯になりがちです。出っ歯になると、口唇が歯を覆いきれなくなり、相対的に歯茎が見える量も増えてきます。それから、噛み合わせが深い場合もガミースマイルを引き起こしやすいです。こういった症状が原因のガミースマイルでは、一般的なワイヤー矯正などで対応することがあります。いわゆる出っ歯である上顎前突が原因であれば、何本か抜歯などを行って歯が綺麗に並ぶスペースを作ります。

そうして歯列の乱れが矯正されると、ガミースマイルも改善することがあるようです。噛み合わせが深い場合も同様に、歯列矯正によってその症状を改善することが可能なようです。ですから、ガミースマイルと聞くと歯茎自体に異常があるように思えて、形成外科でしか対応できないと思いがちですが、矯正歯科でも治療できる症例が沢山あるようなのです。つまり、ガミースマイルでお悩みの方は、まずその原因をつきとめることが先決かと思います。

ガミースマイルの他の治療法

一般的なワイヤー矯正、切開・切削手術以外にもガミースマイルを改善する治療法があります。ここでは、どういった治療方法があるのか紹介します。

インプラントアンカー

歯茎や下顎などに矯正用のインプラントアンカー(歯科治療用の小さなネジ)を埋め込み、歯列矯正する歯の表面につけるブラケットとワイヤーを引かせる方法です。奥歯で引いて矯正をしないので、奥歯が前にずれるリスクを回避できます。

歯列矯正と歯茎の治療

歯列矯正を行い、歯並びを治す方法。少々のガミースマイルや出っ歯の場合は歯並びの治療で多少改善することが多くあります。余分な歯茎や骨の部分は切除や切削をして治療を行ないます。

歯列矯正+歯茎の治療+セラミック

歯の長さが極端短く、歯茎の面積が広く見えるガミーマウスの場合に使う方法です。歯茎の高さや長さに問題がなく、歯が短い場合は、前歯をセラミックで覆うことで長さを調整します。

MFTやトレーナーなどを使う

ガミースマイルの原因は歯や歯茎の長さだけでなく、唇を持ち上げる顔の筋肉が影響していることが多くあります。MFT(筋機能療法)は、唇を持ち上げる筋肉だけでなく顔の筋肉を上手く使えるようにトレーニングすることで、筋肉の異常な動きを改善する方法です。

ヘッドギアを使用する

ヘッドギアは上の奥歯に固定式装置を装着して、ヘッドキャップを使って後頭部で牽引させる方法です。子どもなどの成長中のガミースマイルや受け口治療に用いられることが多く、大人の場合は軽度の上顎突出やガミースマイル治療の一環として行われることがあります。

ボトックスの注入

ボトックス注射は筋肉の動きを抑制することで、筋肉の過剰な働きを改善する方法です。上唇を持ち上げる筋肉の働きをボトックス注射で抑制し、ガミースマイルを改善させます。表情筋の働きを抑制するので、施術後に多少表情が硬く見えることがあります。

ガミースマイルを治すためにかかる費用の相場

ガミースマイルの治療にかかる費用は、それぞれの症例で大きく異なります。ガミースマイルの治療を歯列矯正で行うのであれば、総額で100万円前後はかかるものと考えた方が良さそうです。これは一般的なワイヤー矯正の相場です。もしもガミースマイルの矯正治療で、歯列全体を動かす必要がない場合は、さらに費用が安くなります。

ただ、ガミースマイルの治療で100万円かかったとしても、歯列全体が美しくなり、咀嚼機能なども向上していると考えれば、それほど高額というわけではないのかもしれませんね。口元の審美性というのは非常に重要ではありますが、機能の面も同じように大切といえます。ですから、ガミースマイルを矯正歯科で治療する場合は、審美面だけでなく機能面も大きく改善すると考えれば、かなり有益な治療であるといえるかもしれません。もちろん、それぞれの歯科クリニックでは、予算に応じていろいろな歯列矯正を提案してくれるかと思います。

  • 監修医吉野 真弘
  • 医院名:COJI DENTAL OFFICE
  • 住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1-1-10
COJI DENTAL OFFICEの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP