八重歯は矯正した方がいい?八重歯のデメリット kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

八重歯は矯正した方がいい?八重歯のデメリット

八重歯というと、人によってはチャームポイントになることもあります。付け八重歯というものがあるくらいですから、非常に特殊な歯列不正といえます。しかし、八重歯が可愛いと思われるのは日本くらいで、見た目に影響するだけでなく虫歯になりやすいというデメリットもあるようです。

見た目だけではない!?八重歯のデメリットと原因について

八重歯は犬歯と呼ばれる歯が外側に飛び出した状態で、口を開いた時に目立つことから、気にされている方も少なくありません。八重歯になってしまう原因としては、顎の骨が小さいことが挙げられます。顎の骨が小さいと、全ての歯を綺麗に並べることができず歯列が乱れ、そのしわ寄せによって八重歯という歯列不正につながっていくようです。

そんな八重歯には、いくつかのデメリットがあります。まず第一に、見た目の問題です。八重歯があると歯列全体のバランスが崩れるため、口元の審美性が低下することがあります。また、虫歯にかかりやすくなるというデメリットもあります。特に八重歯の裏側や隣接面というのは歯磨きがしにくたいめ、ブラッシングしにくく磨き残しが多くなりがちです。そういったことから八重歯は虫歯になりやすい傾向が強いようです。

矯正歯科で八重歯を治す方法

 八重歯を矯正歯科で治すにはいくつか方法がありますが、最もポピュラーなのはワイヤーとブラケットを用いた矯正法です。八重歯の治療といえども、結局は歯列全体の矯正を行うこととなりますので、ワイヤー矯正が適しているのといえるでしょう。

外側に飛び出した八重歯は、なんとなくその歯だけを治療すれば良いように思えますが、実際はそう単純ではありません。八重歯の根本的な原因は、顎骨の大きさや歯列全体の不調和ですので、全体に歯列矯正を加えなければ、改善することが難しいようなのです。時には、八重歯が正常な位置に移動するためのスペース作りに、抜歯を行うこともあります。これも通常の歯列矯正と同じです。

しかし、例外として八重歯になっている歯だけに歯列不正の原因がある場合は、歯列全体を矯正する必要はありません。八重歯の傾きやズレだけを矯正するような処置を施しますので、治療方法も簡便となり、治療期間も短くなるようです。ですので、八重歯の矯正治療は、その原因に応じて方法がかなり変わってくるといえるようです。

八重歯の治療にかかる期間の目安

 八重歯の歯列矯正にかかる期間は、治療法に応じて変動します。例えば、八重歯だけでなく歯列全体も含めて矯正する場合であれば、治療期間は2~3年に及びます。歯は骨の中にしっかりと埋まっている組織ですので、歯を動かす行為というのは、非常に時間のかかるものなのです。そのため、矯正装置という特別なものを使って、何年もかけて歯列を整えていきます。

ただ、八重歯の原因によっては、1年もかからずに歯列矯正を終えることができるケースもあるようです。つまり、重要なのは自分自身の八重歯がどういった原因で今のような状態にあるのかを知ることです。歯科医院に足を運んで矯正医に診てもらうと、どのくらいの治療期間がかかるかも教えてくれるかと思います。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP