インプラント矯正とは|仕組みや費用について kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

インプラント矯正とは|仕組みや費用について

インプラントと聞くと、歯を失った際に施す治療を思い浮かべる方が多いかもしれません。実はインプラントは、インプラント矯正と呼ばれる治療法で、矯正歯科でも使用されることがあります。ここでは、インプラント治療との違いや矯正に用いることで得られるメリット、治療に伴うリスクや費用などについて解説します。

インプラント矯正で歯を動かす仕組みについて

矯正治療には、歯を動かすための固定源が必要となります。通常の歯列矯正であれば、固定源は動かしたい歯の近くに生えている歯となります。そのため、出っ歯や八重歯といった歯列不正を治す際には、その近くにある歯にも矯正装置を装着して、引っ張り合うこととなります。その結果、固定源となった歯には反作用がかかってしまいます。しかしそれでは効率的に歯列を改善しにくいという点もあります。

そこで有効なのがインプラントです。矯正歯科で使用されるインプラントは、人工歯根としての役割を果たすのではありません。あくまで歯列矯正の固定源として、歯を失った場所ではなく、口蓋などに埋め込み、矯正治療が完了したら撤去します。

インプラント矯正を行う3つのメリット

上述した通り、歯列矯正で歯を動かすには固定源が不可欠であり、それが安定していればしているほど、矯正歯科の治療効果は高まります。歯列の外にインプラント体を埋めることで、歯列に悪影響を及ぼすことなく歯を動かすことが可能になります。これはインプラント矯正の大きなメリットといえます。また、歯に矯正力を効果的にかけられるため、矯正歯科での治療期間を短くすることも可能なのです。

その他、通常のワイヤー矯正ではなかなか対応できなかった症例に対しても、インプラント矯正であれば有効なケースもあるようです。つまり、インプラント矯正は治療の幅を広げるというメリットがあるといえるのです。このようにインプラント矯正には3つのメリットがあります。

知っておきたい!インプラント矯正に伴うリスク

インプラント矯正には、口腔衛生状態が悪くなるというリスクがあります。通常のインプラント治療とは異なり、インプラント矯正ではスクリューと呼ばれるインプラントが部分的に口腔内にむき出しとなってしまいます。ですから汚れが溜まりやすかったり、舌や口腔組織を傷めたりするリスクがあります。

また、手術の方法やその後のメインテナンスによっては、インプラントが破折したり脱落したりするリスクもあるようです。もちろん、適切な治療を施して埋入し、その後もケアをしっかり行っていけば、こうしたトラブルが起こりません。

インプラント矯正にかかる費用

インプラント矯正にかかる費用は、症例に応じて変動します。基本的には一般的なワイヤー矯正とそこまで費用は変わらず、全て込みで100万円前後が相場といえるかと思います。その内訳は、矯正用インプラント1本あたり5万円前後かかることが相場といえそうです。もちろん、費用の設定は歯科クリニックによって様々です。

とはいえ、通常の矯正費用に矯正用インプラントの費用が加算されるというイメージで問題ないかと思います。一般的なインプラント治療は1本あたり、もっと高額な費用がかかりますが、インプラント矯正で用いられるインプラントは比較的小さく、矯正後には撤去されますので、このぐらいの値段を参考にするとよいのではないでしょうか。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP