歯の詰め物が取れた!詰め物が取れる原因と対処法 kiki DENTAL(キキデンタル)|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯の詰め物が取れた!詰め物が取れる原因と対処法

虫歯で歯を削ったあと、詰め物を入れるかと思います。詰め物の材料は様々で、保険の適用がされる代表的な詰め物は銀歯(金属)です。一方、自費診療では、白くて美しいセラミック製の詰め物が使われることがあります。いずれもケアを怠ると外れてしまうことがあります。ここでは、詰め物(インレー)が外れてしまう原因や対処法などについて解説します。

歯の詰め物が取れる原因:虫歯の再発の可能性

虫歯治療後に詰めたセラミックインレーは、適切に使い続ければ、そう簡単には外れません。それでも外れてしまう理由としては、まず第一に虫歯の再発が考えられます。本来、セラミックインレーを装着した歯には、虫歯に侵された部分は残っていません。けれども、その後のケアの仕方によっては、再びインレーの辺りや中に虫歯が発生してしまうのです。これを「二次う蝕(にじうしょく)」と呼ぶのですが、虫歯が発生すると、装着済みのセラミック義歯の形と合わなくなってしまうようです。

あるいは、もともとセラミックの詰め物を入れた時点できちんと適合していなかったり、セラミックインレーと歯とをつなぐ接着剤が劣化したりすることでも外れてしまうようです。

歯の詰め物が取れた場合の対処法

セラミックインレーが取れた場合、自分で元に戻そうとするのは厳禁です。セラミックの詰め物が外れたということは、装着していた歯の部分に何らかの異常が現れています。そのため、虫歯が再発している可能性も高いですし、セラミックインレーが欠けている可能性も考えられます。それを自分で強引に元に戻しても、新たな虫歯などを誘発しますので、控える方が賢明といえます。歯の形にきちんと合っていない詰め物や被せ物はかえって有害といえるので、可能な限り早く歯医者に診てもらう必とよいでしょう。

しかしその際、外れたセラミックインレーがあると治療がスムーズに進みます。場合によっては、外れたセラミックインレーを少し調整するだけで治療が終わることもあります。外れたセラミックの詰め物は、布やピルケースなどに入れて保存しておき、歯医者に持参していくとよいでしょう。

一番よくないことは、放置をしてしまうことです。歯に穴が開いた状態だと、食べかすなどが詰まりやすくなるだけでなく、虫歯などの細菌にも晒されてしまいますので、さらに虫歯が広がってしまう可能性が高まります。

歯の詰め物を長持ちさせるためのケア方法

セラミック義歯といえど、天然の歯と同様、歯垢や歯石が沈着します。こうした汚れを放置しても、セラミック義歯自体が細菌に侵されることはないのですが、天然の歯との境目に虫歯が生じることが多々あります。すると、セラミック義歯との接着が弱くなるため、脱落の原因にもつながるようです。

ですから、セラミック義歯の寿命を長持ちさせる方法は、天然の歯と同じようにしっかりブラッシングすることといえます。高いお金を払って入れたセラミックに詰め物や被せ物ですから、できるだけ長く使い続けたいものですね。

  • 監修医原田 和彦
  • 医院名:秋葉原原田歯科クリニック
  • 住所:東京都千代田区神田和泉町1-1-13蓼沼ビル2F
秋葉原原田歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP