前歯の隙間(すきっ歯)を治す最適な治療法とは? kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

前歯の隙間(すきっ歯)を治す最適な治療法とは?

虫歯や歯周病、それから外傷などによって歯を失うと、歯列に隙間が生じてしまいます。それが前歯ともなるとかなり目立ち、すきっ歯などとも呼ばれてしまいます。そのため、歯医者では前歯の隙間を埋めるような治療法がいくつかあります。ここでは、セラミック義歯の差し歯やラミネートべニアによる前歯の隙間の埋め方について説明したいと思います。

前歯の隙間(すきっ歯)ができてしまう原因

すきっ歯は、もともと生えてきた歯が小さい、もしくは形が悪いと歯の隙間ができやすくなり、すきっ歯になる傾向があるといわれています。

また、子どもころに頬杖をつく回数が多い、うつ伏せで寝るクセがある、という習慣もすきっ歯にしてしまう原因のひとつと考えられています。

前歯の隙間(すきっ歯)を治す方法:差し歯を入れる

差し歯はクラウンの一種であり、歯が丸ごと抜けている状態ではなく、歯根を含め、歯がある程度残っている場合に行える治療法です。残っている歯を適切な状態に削り、その上に前歯の隙間を埋めるようなきれいな形で作製したセラミック製の差し歯を被せ、治していきます。ただし、歯科医師の技量や口腔内の状態にもよって、装着後の違和感を感じてしまうこともあるようです。しかし、ものを噛むなどの機能面においては、大きな不自由は感じられないそうです。

被せるクラウンの材質は、前歯の場合であればとても目立つので、天然の歯に近い素材がおすすめです。例えば、セラミックの差し歯であれば見栄えも良くなると言えます。

前歯の隙間(すきっ歯)を治す方法:ワイヤー矯正

天然の歯を生かしたまま矯正を行えるのがこの方法です。歯の面側にブラケットという矯正装置をつけ、そこにワイヤーを通して、歯を動かしていきます。すきっ歯はもともと歯が足りない状態ですので、歯を移動させるスペースは充分にあり、抜歯をせずに治療ができるかと思います。ただし、前歯だけでなく矯正装置を全体の歯列に装着し、両サイドから歯を中央に集めるようにしてゆっくりと移動させるので、時間がかかってしまいます。

前歯の隙間(すきっ歯)を治す方法:ラミネートべニア

とにかく早く前歯の隙間を治したいのなら、ラミネートべニアという方法もあります。これは、歯の表面を0.5〜0.7ミリほど削り、そのうえに薄いセラミックを貼り付けて治す方法です。貼り付けるセラミックを、歯の隙間が埋まるように調整することで、数日ほどで治すことが可能です。

ただし、少ないとはいえ、天然の歯を削るという点がデメリットだといえます。また、矯正をしているだけではないのですきっ歯を根本的に改善しているわけではないことも理解しておく必要があります。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP