歯のブリッジとは|セラミックブリッジとの違い kiki DENTAL(キキデンタル)|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯のブリッジとは|セラミックブリッジとの違い

歯科治療にはブリッジと呼ばれる、抜歯などによって歯と歯の間に空間ができてしまった際に、空間を埋めるための治療法があります。虫歯の治療などで用いられる詰め物や被せ物と比べると大掛かりな治療となります。ではブリッジとはどんな症例に適用されるのか、また、セラミックブリッジとはなにか、メリットやデメリット、治療にかかる費用などについて解説します。

歯のブリッジとはどんな症例のときに使われるか

歯のブリッジは、軽度な虫歯治療などには用いられません。軽い虫歯であれば、歯のブリッジではなく、詰め物や被せ物といった処置で済ませてしまいます。ですからブリッジが適用される症例というのは、歯冠(クラウン)の部分だけでなく、抜歯などで歯根の部分まで丸ごと失ってしまったようなケースになります。

ブリッジは失った歯の両隣の歯を土台とすることで、人工歯を装着することが可能となっています。クラウンとの違いは、複数の歯を失った場合でも処置を施すことができることです。例えば、3本の歯を失った症例でも、歯のブリッジによって3本分の人口歯を装着することがをできるのです。

歯のブリッジとセラミックブリッジの違い

通常の歯科治療と同じように、ブリッジにも保険診療と自費診療とがあります。保険適用されるブリッジでは、基本的に前歯部だと金属とレジンという材料をベースに、ブリッジを製作することとなります。

一方、保険外の診療であればセラミックを材料にしてブリッジを製作することができるようです。レジンとセラミックとではまず第一に審美面の違いが挙げられます。セラミックは本物の歯に近い色、艶、硬さなどを備えていますので、前歯などの部分にセラミックブリッジを入れたとしても、違和感を感じることがないようです。一方レジンはプラスチックと似ている性質があり、セラミックと比べると色や艶なども見劣りしてしまいます。

また、どちらが長持ちするかというと、セラミックは陶器と同じ材質ですので、とても丈夫です。しかし、レジンは樹脂製になるので、少々脆い側面があるといえます。

セラミックブリッジのメリット

上述した通り、セラミックブリッジには歯列の審美性を大きく改善することができるというメリットがあります。とりわけ、前歯の治療にはセラミックブリッジが非常に適しているようです。ブリッジは見た目が優れていることは当然大切なポイントなのですが、やはりものを噛むという点でも優れている必要があります。そういった意味では、セラミックブリッジは咀嚼機能を回復させる上でも大きな力になってくれますよ。

歯のブリッジにかかる費用

保険適用内のレジンを使用した場合だと、歯1本あたり3万円前後が相場かと思います。

セラミックブリッジの場合は、基本的に保険が適用されませんので、全額自己負担となります。大体の目安としては、オールセラミックのブリッジで、歯1本あたり10万円前後とお考えください。しかし自費診療ですので、もちろんクリニックによって費用が大きく異なります。

しかしオールセラミックではなく、レジンの素材も半分ほど含まれているハイブリッドセラミックブリッジであれば、1本あたり3万円~10万円前後で製作することが可能なようです。どちらにせよ少し高く感じるかもしれませんが、歯のブリッジというのは取り外しのできない補綴装置ですので、できるだけ良い素材を選ぶのもよいかいと思います。

  • 監修医原田 和彦
  • 医院名:秋葉原原田歯科クリニック
  • 住所:東京都千代田区神田和泉町1-1-13蓼沼ビル2F
秋葉原原田歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP