クラウンとは|差し歯とクラウンの違い kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

クラウンとは|差し歯とクラウンの違い

クラウンとは、虫歯などでたくさん歯を削ってしまった場合に用いられる治療法になります。人工物によって被せるため、被せ物と呼ばれたり、差し歯とも呼ばれたりすることがありますが、基本的にこれらはクラウンのことを指しています。ここでは、クラウンについて詳しく説明します。

クラウンと差し歯に大きな違いはない

大きくいうと、クラウンと差し歯は同じものを指しています。クラウンと差し歯は、虫歯の治療などで歯を削り、失った歯質を補うための治療法になります。たくさん歯を削ってしまったところに被せるため、被せ物とも呼ばれていますが、同じ物を指していると考えてよいかと思います。

なぜクラウンと差し歯で呼び方が別々になってしまったのかというと、クラウンには大きく二つの治療法があることが影響しています。一つが、虫歯の部分を削り、その上から被せ物を入れます。歯の神経などの治療は行わず、そのままです。しかしもう一つの場合は、歯の根っこにある歯の神経の部分まで治療しなければならない際、神経の代わりに支柱のようなものを入れてから、被せ物をします。これが歯に差し込んでいるようにみえ、差し歯とも呼ばれるようになったのではと考えられています。ただ、差し歯と呼ばれる治療法は近年ではあまり用いられなくなっているようです。

その他、詰め物とインレーも同様で、基本的には同じものを意味しています。詰め物とインレーは、虫歯治療の際に比較的削った量が少ない症例に対して適用される治療法です。歯を削った際にできた隙間に詰める材料であるため、詰め物と呼ばれるようになったと考えられます。

クラウンとは重度の虫歯の場合に適用される

虫歯にかかっているにも関わらず、治療を受けず放置しておくと、歯質がどんどん溶けていってしまいます。虫歯治療というのは、原則的に歯質を削る必要があるため、虫歯が進行すればするほど、治療で削る量も増えていくこととなります。そのため、重症化した虫歯の治療では、インレーではなくクラウンが適用されるケースが非常に多いようです。

クラウンなら強度が高いセラミックがおすすめ

クラウンというのは入れ歯とは違い、取り外しができません。一度被せたら、外れるなどしない限り、ずっと同じものを使い続けます。そのため、使用する材料には銀歯のような目立つ素材ではなく、セラミック義歯のように審美性の高いものを入れる患者さんが多いようです。

銀歯と比較すると、セラミックは自費診療となってしまうため費用が高くなってしまうのですが、セラミックには天然の歯に近い色合いや質感を備えています。

セラミックのなかでもさらにタイプが分かれ、オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、などがありそれぞれ料金が異なります。歯医者と相談しながら、ご自身にあった材料を選ぶとよいかと思います。

  • 監修医原田 和彦
  • 医院名:秋葉原原田歯科クリニック
  • 住所:東京都千代田区神田和泉町1-1-13蓼沼ビル2F
秋葉原原田歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP