歯根を失っても可能な治療 kiki DENTAL(キキデンタル)|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯根を失っても可能な治療

インプラントとは、歯を失ってしまった場合に有効な治療法のひとつです。インプラント治療を受ける場合には、メリットとデメリットをきちんと理解すること、歯科医院を慎重に選ぶことが大切になってきます。

ちゃんと理解してる?最近よく耳にする歯科治療法-インプラントについて

芸能人やモデルの歯って完璧ですよね。歯並びはもちろんですけど、白さや輝きまで!あの完璧な歯は、インプラント治療によるものが多いみたいです。

こうした情報が広まっているために、「インプラントとは美しい見た目を手に入れるための治療である」と思われてしまいがち。

しかし、実際はそうではありません。元々は、何らかの原因で歯を失ってしまった人のための治療法のひとつ。

ここではインプラントという言葉の意味から、治療を受ける際の歯科医院選びのポイントまで詳しく解説していきます。

大切な歯を失ってしまってお悩みの方、是非参考にしてみてください。

実は知らない人が多い!?インプラントの意味や歴史も知ろう!

まずは、インプラントとは何であるのか、どういった歴史があるのかを説明していきます。

インプラントの意味

インプラントをそのまま訳すと、「しっかり差し込む」や「しっかり埋め込む」という意味になります。そこから転じて、「失ってしまった機能を回復する目的で埋め込む器具」の総称として使われているようです。

歯科におけるインプラントとは、歯がなくなってしまった箇所に人工歯根を埋め込むという意味。顎の骨に、直接歯の根っことなるものを埋め込んで定着させ、そこへ人工の歯を固定させるという方法です。
ネジをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれませんね。

治療の歴史

つい最近登場した治療法という印象を受けますが、その始まりは1965年のこと。1952年に金属の一種である「チタン」が骨に結合するということが発見されると、それを応用すべく多くの研究が行われました。

1965年にはチタンでつくられたインプラントによるヒトへの臨床応用が行われ、徐々に成功率を高めていきます。1980年頃にはインプラント治療が有効な歯科治療法であるとして世界中に広まり、現在に至るというわけです。

骨に人工の歯根を埋め込むなんていう大掛かりな方法の割には、意外と昔から行われている治療法なんですよね。近頃では、人工歯根や人工の歯に使用する素材にいくつかの種類があって、「より丈夫に、より美しく」進化しているみたいです。

これまでの治療とココが違う!インプラント治療の特徴

歯を失ってしまった場合、「差し歯」や「ブリッジ」といった治療法でも対応することができますよね。
では、インプラント治療はほかの治療法とはどういった違いがあるのでしょうか? それぞれの治療法の特徴から比較していきましょう。

差し歯

「歯を折ってしまったら差し歯」というイメージが強い方が多いと思います。これは、歯の根っこが残っている状態のときにできる治療法ですね。残った歯根に土台を固定させ、被せ物をします。
保険が適用されるので、比較的治療費が安く済むというのがメリットです。

ただし、歯根が残っていなければこの治療を選択することはできません。また、保険適用での治療は金属製の土台を用いるのですが、唾液によって金属が溶け出して歯茎の黒ずみの原因となることも。

ブリッジ

失ってしまった歯の両隣を、「橋げた」のように使うことで人工の歯を固定させるというもの。見た目や噛み心地が自然で、比較的治療期間が短いのがメリットでしょう。使用する素材や欠損した歯の本数によっては、保険適用で治療を受けることができます。

デメリットは、橋げたとなる歯に負担が掛かるということ。土台として使うためにかなり削る必要がありますし、咀嚼(そしゃく)時に掛かる負担は1.5倍ほどになると言われています。

インプラント

人工の歯根を顎の骨に埋め込み、人工の歯を装着します。骨に直接固定させるから、安定性は抜群。ほかの歯への影響がほとんどないので、健康な歯をそのまま維持できる治療法です。

また、見た目がとても自然で、まるで自分の歯のような感覚であることもよいポイントですね。使用する素材にこだわれば、より美しい見た目を手に入れることも可能です。

歯周病には十分気を付ける必要がありますが、丁寧なケアを怠らなければ10年や20年は持つと言われています。

ただし、基本的には保険適用外であるうえに、治療費もほかの治療法に比べると高め。

上記からわかるように、インプラントとはメリットの多い治療法であると言えます。
装着しているという違和感がなくて、健康な歯に負担を掛けることもありません。保険適用外で費用はやや高めですが、その分耐用年数が差し歯やブリッジと比べて長いです。

違和感がなくて耐用年数が長いなら、多少金額を出してもよさそうですよね。毎日口内に違和感があるって、なかなかツライんじゃないでしょうか。

インプラント治療ってどんな人に向いているの?

先ほどの項目で説明したように、メリットの多いインプラント治療。では、この治療法を選んだ方がよい人とはどのような人なのでしょうか。
特におすすめするのは以下のような人です。

健康な歯に影響を与えたくない人

健康な歯を削ることで、将来的にその歯がやせ細ってしまうなどの影響が出る恐れがあります。健康な歯はそのままに、今の状態を維持していきたいという方におすすめ。

歯を失う前と変わらない状態にしたい人

インプラントとは、自然さが特徴の治療法。見た目だけでなく、噛む力も以前と変わらないので違和感がありません。

スポーツをする人

スポーツをするときには、力を込めるためにどうしても歯を食いしばることがあります。でも、骨でしっかりと固定するインプラントであれば、多少歯を食いしばるようなことがあっても大丈夫。

接客業など人前に出る仕事をしている人

「お客さんの前で差し歯が取れちゃった…」「滑舌が悪くなって話しづらい」なんて事態は、避けたいですよね。インプラントならそう簡単には外れてしまいませんし、滑舌に影響が出ることもありません。

このようにインプラント治療が向いている人がいる反面、向いていない人もいます。歯科医師に健康状態やライフスタイルを伝えたうえで、向き不向きを判断してもらうといいですね。

ここに注意!インプラント治療で気をつけること

ほかの歯科治療と同じように、インプラント治療を受ける際にはいくつか気を付けるべきことがあります。

治療が受けられない可能性がある

残念ながら、どんな人でも治療が受けられるわけではありません。顎の骨に埋め込むという特性上、顎の骨の発達が未熟である16歳以下の方や重度の骨粗しょう症の方は治療不可能。

ほかにも、何かしらの疾患を患っていて治療中であるとインプラントができない場合があります。

保険適用外である

差し歯やブリッジの場合は、保険適用の範囲内で治療を行うことができます。しかし、インプラントはそうではありません。絶対に保険が適用されないというわけではないのですが、適用条件は厳しく対象者はかなり限られています。それなりの費用が掛かるということを念頭に置いて検討しましょう。

治療が長期間に渡る

インプラントをしたい箇所の骨の厚みや高さが足りない場合、まず骨を作る必要があります。
そうなると、治療期間は半年から1年ほど。骨の厚みや高さが十分な状態であっても、3か月ほどと治療期間は長めです。3か月から1年と、顎の骨の状態によって治療期間が大きく変わるのでその点も注意したいですね。

外科手術が必要である

骨に人工歯根を埋め込む作業というのは、外科手術なくしてできません。ですから、インプラント治療の費用には手術代も加算されることになります。また、骨が足りずに作る必要がある場合、骨をつくる手術というのも別途必要になることが。

特に、持病のある方は十分な注意が必要です。インプラント治療を行うことが悪影響となる恐れもありますので、現在服用中の薬や行なっている治療については必ず歯科医師に伝えるようにしましょう。

ここをチェック!歯科選びのポイント5選!

「インプラント治療をお願いしよう!」となったときに、知っておきたいのは歯科医院選びのポイント。せっかく高い治療費を掛けるのですから、歯科医院選びで失敗したくないですよね。
ここでは、安心して治療を任せることができる歯科医院に共通するポイントを紹介していきます。

カウンセリングが丁寧

インプラントとは外科手術を必要とする治療です。だからこそ、事前のカウンセリングがとても重要。口内の状態はもちろんのこと、「そんなことまで確認するの?」というくらいがちょうどいいんです。

メリットとデメリットの両方を教えてくれる

インプラント治療にはメリットが多いとは言っても、デメリットが全くないわけではありません。メリットとデメリットをよく理解したうえで、治療を受けるか判断すべきです。些細なデメリットでもきちんと伝えてくれるところは信頼できますね。

費用の説明が細かい

例えば、手術以外に掛かる費用やメンテナンスに掛かる費用は見落としてしまいがち。こうした費用を曖昧にせずに、事前にハッキリと明示してくれる歯科医院であると、トラブルになることもないでしょう。基本的に保険が適用されない治療ですから、これも重要なポイントです。

院内の衛生管理が徹底されている

口腔内の手術をするわけですから、衛生管理が不十分な歯科医院は危険です。院内にアルコール消毒が置いてあることは大前提。ほかに治療器具が汚れていないこと、コップやエプロンなどが使い捨であることなどを確認するといいです。

医師の腕が確か

これを素人が判断するのはなかなか難しいですよね。そこで、まず注目したいのは歯科医師がどこでインプラントを学んだかです。これが明示されていないようであれば、候補から外した方がいいかもしれません。また、口コミや情報誌から評判を見てみるというのもひとつの手です。

上記の条件をクリアしている歯科医院であれば悪くはないでしょう。ひとつの情報だけで満足せず、あらゆる角度から歯科医院の情報を集め、実際に問い合わせをしてみることも有効です。

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP