インプラントの治療費を抑えたい~生命保険や医療保険を確認しよう~ kiki DENTAL(キキデンタル)|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

インプラントの治療費を抑えたい~生命保険や医療保険を確認しよう~

インプラント治療をしたいけど、費用がかかるのでなかなか踏み出せない人も多いはず。そんな時は、加入している生命保険や医療保険を確認してみましょう。保険内容によっては、インプラント治療に対応している場合があります。

ちゃんと理解している?インプラント費用にまつわる保険のマメ知識

インプラント治療は健康保険適用外のケースがほとんど。そのため、費用が高くなってしまいます。どうにかして費用を抑えることは出来ないか…ここでは、保険について解説します。
保険といっても、健康保険や生命保険、医療保険など、いろいろな種類があるので、少しでも治療費を抑えられるように、一緒に確認していきましょう。

まず保険診療と自由診療について理解しよう

保険診療とは

保険診療とは、健康保険が適用される通常の診療のこと。全ての国民が平等な医療が受けれるように健康保険があるようです。歯科医院などで、悪くなった歯を治療する場合は、健康保険が適用されます。

厚生労働省から指定を受けている病院や医院で、保険の範囲内の治療を受けた場合、自己負担額は治療費の3割程度なので助かりますよね。経済的な負担が少ないので、一定の費用を支払えば治療を受けることが出来ます。

しかし、インプラント治療は、保険診療に該当しないことが多いのです。

自由診療とは

治療の必要な歯、または健康な歯に綺麗な見た目や使用感、より良い仕上がりを求めて治療する場合は、保険診療は適用されないので自由診療となります。

この自由診療は、各歯科医院が決めた治療方法に対して、全額自己負担で受ける治療です。

なので、綺麗な見た目や使用感、噛む機能を高めることを目的とする治療は保険診療の対象外になり、自由診療になってしまいます。インプラント治療は、この自由診療に分類されることが多いため、高いイメージがあるのです。

なんでインプラント治療は保険適用外なの?今後保険適用になる?

ほとんどのインプラント治療の場合、保険が適用されず自由診療になりますが、もちろん保険が適用されることもあります。では、インプラント治療は、どんな時に保険が適用になるのか確認してみましょう。

保険適用になるケースとならないケース

保険適用になるケースは下記の項目です。

・生まれつき顎骨の1/3以上が連続して失われている状態。
・上顎の1/3以上が連続して失われていて、鼻腔や副鼻腔へ繋がっているという診断がされている。
・下顎の1/3以上が連続して失われていて、病気などにより切除したという診断がされている。
・病気や事故などが原因で、広範囲にわたりアゴの骨を失い、アゴに骨を移植した
・生まれつきなどの病気などで、アゴの骨に形成不全があると、歯科医師が認めた

保険適用にならないケースは下記の項目です。

・虫歯・歯周病・外傷などの原因で歯を失った場合
・歯周病や加齢による顎の骨の吸収(骨が痩せた)の場合
・審美目的の歯科治療の場合

全てのインプラント治療を保険に適用することは難しいようです。そもそも、インプラントとは何らかの原因で失ってしまった歯の代わりに人工の歯を入れる治療の一つ。
同じような治療の中には、保険が適用される入れ歯や差し歯、ブリッジなどの治療方法もあります。

インプラントは、それらの治療に比べると、コストと時間がかかる治療になるので、今後も保険適用の治療になる可能性は低いようです。

民間の生命保険や医療保険はインプラント治療に適用される?

上記で記載した通り、インプラント治療が保険診察の対象になる条件はとても厳しいです。インプラント治療をしたいと希望している人のほとんどは、この条件に当てはまらないでしょう。でも諦めるのはまだ早い。

最近では、インプラント治療に適用した民間の保険会社が出てきています
。しかし、民間の生命保険や医療保険でも、今はまだインプラント治療が適用されない場合の方が多いようです。それでも、インプラント治療は需要があるので、これからどんどん増えてきそうですね。適用条件は、各生命保険や医療保険で違いがあります。ですが、保険診療のように難しい条件ではないようです。

医療費控除制度で費用負担を減らそう

インプラント治療にかかる費用をなるべく抑えたいと思っているなら、医療費控除の対象にするという手があります。
年末調整や確定申告をする際に、一定金額の所得控除を受けることが出来る制度です。この制度を利用すれば、生命保険や医療保険の適用条件に当てはまらなくても、インプラント治療にかかる費用が控除されることで、所得額が減り結果的に税金の負担が減るので覚えておきましょう。

また、この医療費控除は、インプラントの購入にかかる費用や治療費、薬台や通院費も対象になります。なので、必要な書類や領収書は取っておいて下さいね。

自分が加入している保険会社に相談してみよう

インプラント治療は、入れ歯や差し歯、ブリッジといった治療に比べて、自分の歯に近い綺麗な仕上がりになるため、気になる人や興味がある人が多いと思います。
ですが、インプラント治療を受ける際、どうしても費用面が心配になり、決心がつかない人もいるでしょう。

その場合は、すでに加入している生命保険や医療保険の内容によっては保険が適用されることがあるので、保険会社に連絡してインプラント治療が適用される保険内容かどうかを相談してみると良いかもしれません。

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP