構造や術式を理解していますか?~インプラント治療を受ける前に~ kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

構造や術式を理解していますか?~インプラント治療を受ける前に~

インプラント治療を受ける前に、その構造や術式についてしっかり理解していますか?インプラントは大きく分けて3つのパーツでできています。上部構造やアバットメント、インプラント体の事を詳しく理解しましょう。

インプラントの構造について詳しく理解しよう!

インプラント治療に興味がある人が多いと思いますが、しっかりとインプラントの構造を理解していますか?実はインプラント治療は、歯茎に人工歯根を埋め入れるだけではありません。失った歯の役割を果たす「上部構造」や、これを人工歯根に固定させる「アバットメント」といったパーツも重要なんですよ。ここでは、インプラントの構造を紹介していこうと思います。

インプラントの上部構造ってなに?

インプラント治療はアゴの骨に人工歯を埋め入れ、失った歯の代わりとなる歯を作る治療です。インプラントの仕組みを調べてみたので確認してみましょう。

インプラントは大きく分けて3パーツで構造されています。

上部構造(人口歯)

失った歯の代わりとなる上部構造は、セラミックで作られていることが多いです。そのため、天然の歯と変わらない審美性と機能を取り戻すことができます。

アバットメント(支台部)

アバットメントは、インプラント体と上部構造を接続するためのパーツです。また、アバットメントは上部構造の傾斜角度の調整する役割も持っています。アバットメントは、通常チタンで作られていることが多いですが、審美性を保てるようにセラミック製のものもあるようです。

インプラント体(歯根部)

一番下のインプラント体は、インプラントの本体となるパーツです。アゴの骨の中に埋め入れるインプラント体は、人間の骨に馴染むように作られた『生体素材』であるチタンで作られています。だから、アゴの骨としっかりと結合されて、自分の歯の様な仕上がりになるんですね。また、チタンが素材として使われているので、金属アレルギーの人も治療が受けられます。

上部構造は義歯となる部分

上部構造は、歯として見えるパーツになります。アバットメントの上に装着され、義歯となる部分。食べ物を噛む大切な部分なので、見た目と機能性の両方を気にして素材を選びましょう。

上部構造の素材は様々

インプラント治療に欠かすことのできない上部構造。これは、たくさんの素材の中から選ぶことができます。それぞれ、違う特徴があるので確認してみましょう。

メタルボンド

メタルボンドは、金属の外側にセラミックをかぶせた物です。この素材で作った上部構造は、歯として見える外側がセラミックでおおわれているので、変色しにくい特徴があります。また、色ができるのでとても自然に仕上がるようです。また、内部が金属なので、強度が強いという特徴もあります。

オールセラミックス

その名の通り、オールセラミックは全てがセラミックで作られています。そのため、オールセラミックで作った上部構造は、本物の歯の様な透明感があり、とても審美性に優れています。ですから、見た目が重要になる前歯の治療の時によく使われる素材のようです。また、金属アレルギーの人にも向いている上部構造の素材になります。

ハイブリッドセラミックス

ハイブリッドセラミックは、セラミックとプラスチックを混ぜて作られています。そのため、2つの素材の特徴である「固さと粘り強さ」を兼ね備えた素材で、天然の歯に近い色合いと噛み心地が得られるようです。また、メタルボンドの様に、内部に金属をすることもでき、強度を高めることも可能。そして、万が一欠けてしまったという時でも、ほとんどの場合口腔内で修理することができるメリットを持っています。

金属

いわゆる銀歯や金歯。金属を上部構造に使った場合、審美性は損ないます。ですが、割れてしまうというリスクが少なく、とても長持ちします。奥歯などの、見えにくい場所のインプラント治療の場合なら、検討しても良いですね。

ジルコニア

とても美しい歯の色を出すことができ、歯茎とも馴染んで見えるので、審美性に優れているといえます。また、柔軟性があるので噛み合わせの際、歯が傷つきにくいという特徴があるようです。デメリットとしては、価格が高いことが多いといえますが、とても上部構造に適した素材といえます。審美性を重視しているインプラント治療を行なう人によく選ばれる素材です。

インプラント治療では、たくさんの素材の中から、患者の歯の色や希望を聞いて上部構造の素材を選べるようです。見える部分なので、しっかりと納得できる素材でインプラント治療をしたいですね。

インプラント体には2種類ある!

インプラント体には2種類のタイプがあるようです。それぞれ構造が違うため、術式も異なります。では、どのような違いがあるのか、一緒に確認してみましょう。

2ピースタイプ

インプラント体と、アバットメントが別になっているのが2ピースタイプです。このタイプは骨が薄い場合でも、骨がある場所にインプラントを埋め入れて、アバットメントを使い上部構造の角度を調整することができます。1ピースタイプに比べると、治療箇所への負担がかかりにくく、骨を結合するまでの間も治療箇所を綺麗に保ちやすいというメリットがあるようです。
術式は1回法と2回法を選ぶことができます。

1ピースタイプ

インプラント体とアバットメントが一体化されている、とてもシンプルな構造なのが1ピースタイプです。このタイプは簡単な構造になっているため、材料費を抑えることができ、強度もあります。ですが、この1ピースタイプは術後、口腔内にアバットメントが見える仕上がりになり、上部構造の方向も埋め入れた時に決まってしまうので、アゴの骨の状態によって受けられる人が限られてしまいます。
術式は1回法のみです。しかし、この1ピースタイプは骨が十分にある人にしか行なえません。さらに、審美性を強く求めている人にも向いていない傾向にあるようです。

2種類のタイプの構造をしっかり理解した上で、自分にあった構造のものを選ぶようにしましょう。また、術式も2ピースタイプの場合は、1回法と2回法とを選ぶことができますが、1ピースタイプの場合は、1回法のみの術式になります。そのことも頭に入れ、担当医師と相談しましょう。

4本のインプラント体をバランスよく埋め込むALL ON 4とは?

自分の歯を全て失ってしまった場合のインプラント治療の術式にALL ON 4と言うものがあります。小臼歯間にフラップレスでインプラント体をバランス良く4本埋め込み、上部構造を取付ける術式です。1時間程度の手術なので身体にかかる負担が軽く腫れや痛みが少ないため、手術が終わったその日に仮歯を入れるので、軽い食事であればできるようです。さらに、CTスキャンで手術に使える骨の量や状態を分析して、インプラント体の正確な位置や角度に埋め入れる事と同時にCTのデータを基にして仮上部構造を作って装着するため、高い技術が必要になる術式です。また、今まではアゴの骨が薄い場合インプラントを諦めるか、アゴの骨の移植を行ってインプラント治療を行なうかの二択しかありませんでした。ですが、このような場合でも、ALL ON 4は有効的です。

ブリッジじゃなくてなんでインプラント?

失った歯を取り戻す治療はインプラント治療以外に、ブリッジ治療というものもあります。では、インプラント治療をブリッジ治療ではどのような違いがあるのか調べてみたので確認してみましょう。

インプラント治療の場合

・見た目や噛む力、噛み心地など、天然の歯と変わらない仕上がり
・インプラント体をアゴの骨に埋め入れる術式のため、骨が薄くならない
・治療期間がかかる
・アゴの骨とインプラント体がしっかりと結合すれば、とても安定し、オーラルケアをして歯周病に気をつけていれば、長持ちする
・保険適用外になるため、治療費が高くなる

ブリッジ治療の場合

・両隣の健康な歯を削る為、天然の歯の60%程度の噛む力になってしまう。
・見た目はそんなに変わらないが、セラミックを素材として選べばより綺麗な仕上がりになる。
・支えてくれる両隣の歯に問題がなく、力が分散されていれば噛み心地は天然の歯とそんなに変わらない。
・歯を失っているので、アゴの骨が段々薄くなってしまう。
・簡単なブリッジなら短期間で治療できる。
・歯茎が痩せたりすると、ブリッジが合わなくなるため、作り直しが必要になる。また、削った歯が虫歯になった場合は、ブリッジ治療をやり直さなければいけない。
・保険適用の範囲内なら安く治療できるが、審美性のため素材をセラミックにすると、保険適用外になる場合がある。

インプラント治療にも、ブリッジ治療にもメリットやデメリットがあります。ですが、長い目で見た場合ブリッジよりはインプラントの方が優れていると思います。アゴの骨にインプラント体を埋め入れる術式なので、他の健康な歯を削る必要もありませんし、その結果他の健康な歯を長持ちさせることに繋がるからです。いくら治療のためとは言っても、健康な歯を削るということはそれなりのリスクがあると思います。失った歯を取り戻したいと考えているなら、しっかりとした術式を用いて治療を行なうインプラントをオススメします。

インプラント治療をするときには医師と相談しよう

一言で、インプラントと言っても、上部構造やアバットメント、インプラント体があります。また、インプラントの構造自体も、1ピースタイプと2ピースタイプがあり、術式にも違いがあることが分かりました。人によって受けられる術式も異なりますし、上部構造の素材も自分に合ったものを仕様すると良いでしょう。そのためにも、担当医師とよく相談し決めることが大切です。また、興味があるのなら、ALL ON 4の治療についても、確認してみて下さい。

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP