妊娠中は虫歯や歯肉炎になりやすい!?妊婦でも受けられる治療とは kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

妊娠中は虫歯や歯肉炎になりやすい!?妊婦でも受けられる治療とは

実は妊娠中というのはそれだけで虫歯や歯肉炎など、お口のトラブルになりやすい時期なのだそう。女性が妊娠をするとなぜ虫歯やお口のトラブルが増えてしまうのか、また妊娠中でもできる治療、あるいは避けるべき治療、そして母親から赤ちゃんへ虫歯が感染するリスクについて解説したいと思います。

妊娠中は虫歯や歯肉炎になりやすくなってしまう!?

妊娠中は虫歯を始めとしたお口のトラブルが増えてきます。考えられる原因は、まず食生活に変化にあります。妊娠中はそれ以前とは異なった食品を好んで食べたり、間食が増えたりする傾向が強くなります。そうすると、自ずと虫歯になるリスクも高まってくるのです。食生活が変化したにも関わらず、歯磨きの回数やブラッシングの方法を変えないでいると、虫歯になりやすくなってしまうようです。また、妊娠中は唾液の分泌量が減少するため、菌が出す酸を中和して洗い流す働きが弱くなるため、虫歯を発症しやすくなります。

そして、妊娠中は「妊娠性歯肉炎」という病名があるほど、歯肉炎の発症リスクも高くなります。これは妊娠中に女性ホルモンのバランスが変化するためで、その結果、口腔内の歯周病菌の活動が活発になるようです。このように、妊娠中はそれだけでお口のトラブルを招きやすい状態ですので、きれいな歯を保つのはなかなか難しくなります。

だからこそ、審美歯科の力などを借りたいところではありますよね。

妊娠中でも受けられる歯科治療とは

妊娠中に歯科治療を受けても問題がないのかは気になるところですよね。しかし、妊娠中に虫歯や歯肉炎、歯周病にかかってしまったら、体調をみながらなるべく早めに治療する方が賢明かと思います。治療自体は歯を削ったり、レントゲン写真を撮ったりといった処置が含まれますが、赤ちゃんにはそれほど大きな影響はないようです。

それよりも虫歯や歯周病を治してきれいな歯を維持し、体内に虫歯の菌を入れないようにすることの方が大切です。ただし、抜歯のように出血を伴う処置や、インプラントなどの外科手術の場合は、麻酔薬を投与したりなどで薬を飲まなければならないため避けることをすすめられます。

その他、審美歯科でのホワイトニング治療なども、基本的に妊娠中は行わない方がよいといわれています。審美歯科治療できれいな歯を保つことは重要なのですが、ホワイトニング剤の使用などを誤ると、赤ちゃんに悪影響が及ぶ可能性がないわけではありません。ですから、審美歯科でホワイトニング治療を受ける場合は、できるだけ妊娠前か出産後にした方が良さそうです。

出産後、赤ちゃんが虫歯に感染するリスク

どんな赤ちゃんでも、最初は虫歯菌に感染していません。乳歯が生えてきても、きれいな歯のままでいる赤ちゃんも少なくありません。多くの場合、乳歯が生えてきてから母親を経由して虫歯に感染するようです。例えば母親がきれいな歯を維持できずに虫歯にかかってしまうと、それが食べ物の口移しなどによって赤ちゃんへ感染してしまうようです。もしくは、赤ちゃんとキスをすることなどによっても虫歯に感染する可能性はあります。ですので、妊娠中だけでなく妊娠後も、母親はきれいな歯を保つことで赤ちゃんの虫歯への感染リスクを減らすことも可能といえるのです。

 

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP