歯の詰め物の種類|プラスチックや銀歯・金歯、セラミックの特徴 kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯の詰め物の種類|プラスチックや銀歯・金歯、セラミックの特徴

奥歯は虫歯にかかりやすく、重症化もしやすい部位であり、詰め物だけでは対応できずに、被せ物を装着することも少なくありません。多くのケースでプラスチックインレーや銀歯などを装着することとなるようです。ここでは、奥歯の詰め物にプラスチックインレーを入れたり、セラミックインレーを入れたりするケースについて解説します。

歯の詰め物の種類:プラスチックインレーの特徴

歯科治療で用いられるプラスチックインレーとは、レジンを使ったインレーを指していることが多いです。レジンは歯の色に比較的近いプラスチックですので、虫歯治療によって生じた穴を塞ぐのによく使われます。材料も安価なので、プラスチックインレーは保険で受けられる治療といえるようです。プラスチックであるレジンは、詰め物だけでなく被せ物にも使われる使い勝手の良い歯科材料です。

ただ、セラミックや金属と比較をすると強度などに問題があるため、決して万能な素材とはいえないようです。また、セラミック義歯より審美面においても劣っていますので、美しさを求める患者さんにはセラミックインレーの方がお勧めできるかと思います。

歯の詰め物の種類:銀歯や金歯の特徴

奥歯の虫歯を治療して、被せ物を装着する必要が出てきた場合に、銀歯や金歯といった被せ物を装着することがあります。どちらも金属製の被せ物ではありますが、使われている素材が異なりますので、費用も大きく異なってきます。具体的には、銀歯は銀やパラジウムによる合金で、保険適用されます。そのため、保険診療で奥歯に被せ物を装着する際には、銀歯になることがほとんどのようです。

一方、金歯は文字通り金が含まれた被せ物ですので、銀歯よりも見た目が良くなります。同時に、金の値段が治療費にも反映されますので、保険診療では受けられず、全額自己負担となります。また、こうした銀合金や金合金といった素材は、被せ物だけでなく、詰め物にも用いられます。いわゆるメタルインレーですね。メタルインレーやメタルクラウンは強度も高く、比較的安く治療を受けられるためメリットも大きいのですが、審美性を重視するのであれば、やはりセラミッククラウンやセラミックインレーといったセラミック義歯が最適といえるかもしれません。

歯の詰め物の種類:セラミックインレーの特徴

セラミックインレーとは、セラミック製の詰め物のことです。軽度の虫歯などで、歯の表面にそれほど大きくない穴が生じた際に装着する補綴装置です。セラミックは陶器とほぼ同じ素材ですので、白くて美しい光沢を帯びています。おそらくどの家庭にも、セラミック製のお皿などが1枚はあるのではないでしょうか。それと同じものが歯の表面にできた穴に詰められますので、見た目が非常に良いといえるようです。

例えば銀合金によるメタルインレーだと、金属色がそのまま表面に表れてしまいますので、口を開けた時にどうしても目立ってしまいます。それが気になるという方に、セラミックインレーはお勧めです。セラミックインレーであれば、天然の歯とほぼ同色ですので、詰め物をしても違和感を感じることがほとんどありません。ちなみにインレーの症例よりも、クラウンの症例の方が人工歯の部分が大きくなるため、よりセラミック義歯のメリットを享受できるかと思います。セラミックインレーもセラミッククラウンも保険適応外となりますので、治療費が高くなるというデメリットはあるようです。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP