歯の悩み別に審美歯科を選んだ方がよい理由 kiki DENTAL(キキデンタル)|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯の悩み別に審美歯科を選んだ方がよい理由

歯の悩みを抱えた人が訪れる歯医者。しかしそれぞれの科目によって歯医者さんにも得意・不得意があります。そのため、それぞれの歯の悩みに応じて、治療の受ける歯科医院を選ぶ必要があります。ここでは、歯の悩みの種類や原因、それらに応じた審美歯科の受診科目、また一般歯科よりも審美歯科が優れている点や選ばれる理由などについて解説します。

歯の悩みはそれぞれ原因と症状、治療法が異なる

一般歯科ではなく審美歯科に来院される方の歯の悩みは、基本的に口元の審美性に関わるものです。ですから、虫歯による痛みや歯周病による歯肉の腫れといったような症状とは異なります。最もポピュラーなものは、歯や歯茎の色に関する悩みかもしれません。色に関する歯の悩みであればホワイトニングで対応することがありますし、金属製の補綴物が原因の歯茎の変色であれば、補綴治療で症状を改善することもあります。

その他、ほうれい線といった顔の皮膚のしわに関する悩みをお持ちの方もいらっしゃるようで、歯の悩みと合わせて審美歯科で対応することもあります。このように審美歯科にはいろいろな歯の悩み、口元の悩みを抱えた患者さんがいらっしゃいますが、治療法もそれぞれ異なります。審美歯科では、歯の悩みや口元の悩みの原因に応じて、いろいろな治療法を用意してくれています。

歯の悩みに応じて受診科目を選択する

歯科にはいろいろな診療科があるのをご存知でしょうか。虫歯治療を行うのは一般歯科ですが、その他歯周病科や小児歯科、矯正歯科、口腔外科、補綴科などが存在しています。

そのうち、審美歯科治療と関わりが出てくるのは、補綴科や矯正歯科などです。例えば、保険診療で入れた銀歯を、後からきれいなセラミック義歯にかえたいという歯の悩みをお持ちの方は、補綴科で治療を受けることとなります。補綴科というのは、差し歯や入れ歯、それからブリッジなどの治療を施す専門科で、セラミック義歯を入れるのも得意としています。

矯正歯科は、歯並びを改善する治療を行っている診療科です。歯の悩みで、歯並びの悪さをコンプレックスに抱えている方は、矯正歯科で歯列矯正の治療を受けることをおすすめします。ただ、一般的なワイヤー矯正では治療を終えるまでに数年はかかりますので、ラミネートべニア法などを審美歯科で受けるという選択肢も考えられます。とにかく、歯並びが悪いという歯の悩みを一刻も早く解決したいという方は、ラミネートべニア法のような即効性のある治療が望ましいといえるようです。

歯の悩みによっては一般歯科よりも審美歯科の方がいい場合も

虫歯などの具体的な病気を治すのであれば、やはり一般歯科で治療を受けることが望ましいようです。しかし、歯の着色や変色、歯の形などを改善するのであれば審美歯科の方が適しているといえます。

というのも一般歯科の場合は、虫歯といった病気を治すことを最優先に考えているからです。例えば奥歯の虫歯の治療をした際には、金属製の差し歯を入れることも珍しくはありません。ある意味これは、審美性を度外視した治療といえますが、虫歯を治すこと、また、保険診療内で治療を行い、格安の費用で歯の悩みを改善できるという点では優れています。

一方、審美歯科であれば銀歯ではなくセラミック義歯など見た目の良いものを選択する傾向が強いです。ですから、口元の美しさを求める方は一般歯科ではなく審美歯科を選んだ方が良いかと思います。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP