歯医者でもセカンドオピニオンを受けたほうがいい? kiki DENTAL(キキデンタル)|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯医者でもセカンドオピニオンを受けたほうがいい?

審美治療を受ける際にセカンドオピニオンを求める患者さんは珍しくありません。ここでは審美歯科におけるセカンドオピニオンとは何か。また、どんな場合にセカンドオピニオンを受けて、費用はどのくらいかかるのかについて解説したいと思います。

審美歯科におけるセカンドオピニオンとは?

審美歯科におけるセカンドオピニオンとは、今現在、歯の治療を行っている歯医者とはまた別の歯医者から診察を受け、意見をもらうというものです。一般的な病気の治療でもよく行われていることですが、審美歯科でもセカンドオピニオンを受ける人が増えてきています。というのも、審美治療こそセカンドオピニオンが活きる診療分野といえるからです。なぜなら、審美治療は患者さんの価値観や美意識にを尊重して行われるものであるため、歯医者との相性も重要となってくるからです。

また、審美治療はとても幅広く、審美歯科クリニックによってできる治療とできない治療とが出てきます。それは歯医者の技術だけでなく、審美歯科クリニックに器材や薬剤が完備されているかどうかも関係してきます。そのため、審美治療によって自分の希望を最大限実現しようとするのであれば、1人の歯医者ではなく、また別の歯医者にセカンドオピニオンを求めることが勧められます。

どんな場合にセカンドオピニオンを受けた方がいい?

審美歯科の審美治療では、まず患者さん自身がどんな治療を受けたいのかというイメージを持っておくことが大切かと思います。具体的には、自分の歯をどう変えたいのか、あるいは口元をどんな風にきれいに改善したいのかを歯医者に伝えられるようにしておくと良いかもしれません。審美治療では必ず最初に、カウンセリングなり面談で、患者さんの希望をしっかりと聞く時間を設けてくれます。その希望を審美歯科で叶えることができるかどうかも、その場である程度判断してくれるかと思います。

もし、希望に沿うような審美治療を受けられなかったり、費用や治療法に関して不安がある場合は、セカンドオピニオンを求める時かもしれません。最初にカウンセリングを受けた審美歯科だけで妥協せず、また別の角度からの意見としてセカンドオピニオンを受けるとよいかと思います。

セカンドオピニオンの相談費用について

審美治療のセカンドオピニオンを受ける上で、気になるのが相談費用かと思います。そもそも審美治療が保険適用されないため、セカンドオピニオンの費用も高くなるのではと不安に感じられている方も多いかもしれませんね。ただ、審美歯科でのセカンドオピニオンというのは、比較的一般化しているようなので、受け入れてくれる審美歯科クリニックも多いです。

費用の面でも5000円前後に設定しているクリニックが多く、患者さんの負担を少なくするよう配慮していくれているようですよ。もちろん、審美治療のセカンドオピニオンにかかる費用は、審美歯科クリニックによって異なりますので、あくまで目安としてお考えください。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP