審美歯科の費用|保険診療と自由診療の違い kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

審美歯科の費用|保険診療と自由診療の違い

保険診療であれば治療費の3割を負担すればよく、自由診療となると10割負担となります。では審美歯科治療における保険診療と自由診療はどうなっているのでしょうか。審美歯科治療における自由診療のメリットやクリニックによって価格設定が違うことなどについて解説していきます。

審美歯科の費用:保険診療と自由診療の違いとは?

保険診療というのは、治療にかかった費用の一部を国が負担してくれるシステムで、自ずと患者さんの経済的負担が軽くなります。基本的には患者さんが3割負担することとなりますので、自由診療の10割負担と比較すると、経済的にはかなり楽になるかと思います。

「それなら誰もが保険診療を選ぶのでは?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。もちろん、保険診療であれば支払う金額が安いという大きなメリットがあるのですが、同時にデメリットもあります。

それは保険診療では治療の選択肢が狭まるというデメリットです。とにかく一刻も早く病気を治したい。あるいは、できるだけ費用を抑えた治療を受けたい。といった方には保険診療がおすすめといえます。しかしその一方、審美歯科治療のように、効率を求めるのではなく、口元の審美性を追求するのであれば、自由診療の方がおすすめといえるかと思います。

審美歯科の費用:審美歯科における自由診療のメリット

審美歯科治療は、基本的に自由診療となっています。患者さんの求めに応じて、できるだけ美しい仕上がりになるよう、治療法を選択するためです。ですからまず第一に、審美歯科における自由診療では、治療法を自由に選択できるというメリットがあります。

審美歯科の観点からすると、保険診療にはいろいろ抑制がかかってしまうのです。具体的には、治療に使用する材料ですね。例えば、奥歯のクラウンを製作することとなった場合を想定してみます。奥歯というのは、もともと目立ちにくい場所に生えている歯ですので、保険診療では銀の合金を使うこととなっています。銀合金は審美性の低い歯科材料ですが、奥歯であればそこまで目立たないということで、保険診療ではこの銀歯を使うこととなっているのです。いくら奥歯といえども、大きく口を開けた時などには外から見えてしまうことかと思います。

審美歯科に来院されている患者さんは、そうした面にも気を使っている方が多く、保険診療で入れた銀歯を自由診療のセラミッククラウンに変えるケースも少なくはありません。このように、自由診療の審美歯科治療であれば、使用する歯科材料も自由に選べるようになります。そうして、患者さんの思い描く理想の口元へと近づけることができるようです。

審美歯科の費用:自由診療では医院によって価格設定が違う

審美歯科の治療費というのは歯科クリニックに応じて異なります。これは審美歯科治療が自由診療で行われるためです。虫歯や歯周病の治療などは原則的に保険診療で実施され、どこの歯科クリニックでも費用が同じであるため、その違いに驚かれるかもしれません。これは自由診療が自由に治療費を設定できるからです。

同じような施術内容でも、歯科医院ごとに価格設定が違っています。ただ、価格の違いには使用する器材や薬剤の違いなども反映されているため、とにかく安ければ良いというわけでもないようです。審美歯科における価格設定の違いには、それぞれきちんとした理由があるかと思いますので、気になる場合は歯科医院に内訳などを問い合わせてみるのがよいかと思います。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP