きれいな歯にしたい!初めての審美歯科で知っておくべきポイント kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

きれいな歯にしたい!初めての審美歯科で知っておくべきポイント

歯医者とは、歯の病気になってから通うのが一般的でした。しかし最近では、歯を周囲から見られたときに美しくなるようにケアする考え方が浸透してきています。歯を白くしたり、歯並びをきれいにしたり、直接歯の病気と関わりは薄いものの、生活を豊かにするのに欠かせない、それが審美歯科によるアプローチです。ここでは審美歯科とは何かをお伝えします。

一般歯科は歯を治療する目的の場所、審美歯科は歯をきれいにする目的の場所

歯医者と聞くと、街にあって虫歯や歯周病の治療、義歯の制作などを中心に行うところをイメージするでしょう。一般歯科と呼ばれていて、歯全般の治療を目的にしています。一方、審美歯科とは歯を美しくしたり、歯並びをきれいにしたり、歯や口内の見た目の美しさを引き出してくれる治療を専門としています。クリーニングやホワイトニング、歯列矯正などが主に受けられます。一般歯科よりも審美歯科では歯の美しさを引き出す技術を専門に身につけているので、より高度な治療を受けることができます。

費用での大きな違いとしては、一般歯科は保険治療中心で行われるのに対し、審美歯科では自費治療も積極的に行います。したがって、コストは数倍以上の差があると念頭に置いた方がいいでしょう。

審美歯科では、どうなりたいかを具体的に伝えられるかが重要

審美歯科では患者の希望に沿って治療が行われます。一般歯科では治療のアプローチがたいてい決まっていることが多いのですが、病気や症状を治療するのとは違うため患者によって治療も千差万別です。自費治療となるケースが多いので、患者自身もある程度審美歯科のアプローチについて知っておく必要があります。

一般歯科以上に、患者が舵取りをする場面が大きことが審美歯科の大きな特徴かと思います。患者が知識を持ちながら、歯科医と二人三脚でより良い治療を考えるという、歯を守るのは自分であるという意識が強く求められます。審美歯科でよく使われる治療法の名前は覚えて置く方がいいでしょう。詰め物はインレー、被せ物はクラウンと呼ばれます。使われる材料も金属やセラミックなど多彩です。自分の治療についての希望を、より具体的に歯科医に伝えることができます。

審美歯科での治療は、一度の治療では終わらないことがほとんど

審美歯科は治療が終わればそれで終了、というわけではありません。歯の美しさを維持するには定期的なメンテナンスが必要です。ホワイトニング一つとっても永久に効果があるというものではありませんので、メンテナンスに通う必要があります。最初にまとまった治療を受けても、このメンテナンスを怠るとせっかくの時間や費用が無駄になってしまうこともあります。

自宅でのメンテナンスが必要なケアも多いので、歯を守る習慣を身につけられる人であることが大切です。半年や3ヶ月ごとなど、審美歯科で目安となる期間を教えてもらって定期的に通うことになります。

審美歯科での治療は保険が適用されないことが多い

審美歯科の場合、治療に保険が使えないケースも多くなっています。同じ虫歯の詰め物をする場合でも、金属の詰め物なら保険が提供されますが、審美的なものを優先してセラミック素材を使用すると保険外で自費治療となります。審美歯科では見た目の美しさを優先した歯科治療が受けられる一方、費用面では保険が使えない分、かさみやすくなるのが事実です。

ただ、身体への負担を軽減したり、装着感がすぐれていたりなど、メリットが大きくなります。審美歯科では費用が高くなる可能性は高いのですが、年間10万円以上医療費が掛かると審美歯科の治療費も確定申告で控除される対象になります。ただ、美容ための治療ではないなど条件があるので注意してください。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP