歯列矯正の痛み|どんな時に痛みが伴うのか、痛みの対処法 kiki DENTAL(キキデンタル)|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯列矯正の痛み|どんな時に痛みが伴うのか、痛みの対処法

矯正歯科をお考えの方は、歯の矯正に痛みはあるのか?ということが心配になるかと思います。実際には歯を動かしていることになるので、押されている感覚を伴うようです。しかしこの押されている感覚が、時として痛みに変わる場合もあれば、歯が動く過程で噛み合わせが変わり痛いと感じる場合もあるようです。

歯列矯正は歯が動くことで痛みが伴う場合がある

代表的な矯正歯科(歯列矯正)と言えば「ワイヤー矯正」かと思います。この矯正方法は銀色のブラケットと呼ばれる装置を歯に取り付けて、ワイヤーでブラケット同士をつないで力を加えます。力を加えた際は押されているという圧迫感を歯と歯茎に感じますが、このとき痛みも伴う場合は、虫歯や知覚過敏といった歯の矯正以外のお口のトラブルが原因である可能性が高いようです。また、締め付けていくと徐々に歯は動いていきます。

したがって歯の位置が変わるので、同時に噛み合わせも変化していきます。このとき、上顎と下顎の歯の先端部分などが噛み合わせの位置にあると、噛んだときに痛みを感じる可能性があるようです。しかしこれは歯並びや歯の形状、顎の状態など個人差があるので、痛みがある人もいれば痛みがほとんどなかったという人もいます。意外かもしれませんが、ワイヤー矯正中で歯の動きによって伴う痛み以外で注意したいのが、虫歯なのだそうです。矯正装着を取り付けると、歯垢や食べかすが溜まりやすくなり、虫歯になりやすくなります。

また虫歯の痛みを矯正による痛みを勘違いをしてしまい、虫歯の進行を進めてしまうこともあるそうです。「ブラケット」を付けても虫歯になってしまえばせっかくの歯の矯正が台無しになりかねませんよね。ワイヤー矯正を行う場合は、しっかりとしたブラッシングを心がけたいところです。

歯列矯正で痛みが少ないのはマウスピース矯正

痛みの少ない矯正歯科(歯列矯正)と言えば、「マウスピース矯正」が挙げられます。なぜならば、「マウスピース矯正」は取り外しが可能ですので、痛くなった場合には「マウスピース」を取り外せば済みます。しかし、矯正歯科(歯列矯正)はどの方法も適切な位置に歯を動かして、歯並びを良くしますので、歯が動いている途中では「マウスピース矯正」にかぎらずどの方法でも痛みが出る可能性があります。

歯列矯正で痛みが出てしまった場合の対処法

歯の矯正を行っている最中に痛みが発症したら、すぐに歯医者さんに行くことを心がけましょう。矯正装置はお口の中にとっては異物ですので、矯正装置の接触部分の粘膜に口内炎ができる場合も考えられます。

また、噛み合わせの変化によりものを噛むだけで痛む場合も考えられます。口内に違和感を感じた、歯が痛くなった、矯正具の装着部分に虫歯が出来たかも、などという場合には専門家である歯科医師に診察してもらうことが第一です。特にやってはいけないことは、例えば「マウスピース矯正」などは、矯正の途中で痛くなったからと言ってご自分の判断でマウスピースの使用をやめてしまうことです。

歯が動いた状態は、噛み合わせに影響が出ている状態でマウスピースの使用をやめてしまったら、お口のトラブルにつながってしまう場合が考えられるからです。矯正は途中でやめる際も、専門家である歯科医師に相談したいところです。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP