歯並びを短期間で治す矯正方法まとめ kiki DENTAL(キキデンタル)|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯並びを短期間で治す矯正方法まとめ

歯の矯正の期間は一概にはいえず、実際には矯正前の個人の歯並びによるところが大きいそうです。しかし、矯正方法によっては期間が短くなる場合もあるようです。ここでは、どの矯正方法が最も矯正期間が短くて済むのか、解説します。

歯の矯正にかかる期間はどれくらい?

一般的な歯の矯正方法である「ワイヤー矯正」や「リンガル矯正」で使われる矯正装置、「ブラケット」及び「ワイヤー」は、着用期間は2年前後といわれ、ワイヤー取り外し後は、歯が元に戻らないように「リテーナー」という歯の固定用の器具を2年ほど装着するそうです。

マウスピースを用いた「マウスピース矯正」では、期間が少し長くなり3年前後であると言われています。しかしマウスピース矯正法では、マウスピースの1日の装着時間が短かった場合などはさらに矯正の期間は長くなります。従って、ブラケットを用いたワイヤー矯正や、マウスピースを用いたマウスピース矯正などは、もちろん歯並びなどの個人差による部分が大きいですが、一般的に矯正終了までには2年以上の期間がかかると考えてよいかと思います。

もっとも短期間で歯を矯正するための治療法とは

どうしても矯正期間を短くしたいと考えるのであれば、大きく分けて2通りの方法があるそうです。1つ目の方法は、外科的手術を行い顎の骨を動かしたり、顎の骨にひびを入れて歯を動きやすくする、「コルチコトミー法」や「オステオトミー法」などという治療です。

これらの方法は、歯を固定している土台である顎の骨に手を加えるために、ワイヤー矯正を行った場合でも歯を動かしやすくなると考えられており、矯正の期間を通常の半分程度に短縮できる場合があるといわれています。ただし、外科手術を併用する特殊な矯正方法ですので、病院選びは慎重に行いところです。もう1つは、「セラミック矯正」法です。セラミック矯正とは歯を動かすのではなく、歯に「クラウ」ンをかぶせて人工的に歯並びを良くする方法です。この方法は、歯並びの悪い歯を削り、削った歯にクラウン(義歯)をかぶせるため、きれいな歯並びのみならずセラミックの白い歯を手に入れられる矯正方法とも考えられます。矯正期間は歯を削って義歯を作成し、義歯を装着するだけなになるため、数か月で終了するそうです。

セラミック矯正は、最もお手軽にできる矯正歯科になりますが、場合によって健康な歯も削らなければならないというデメリットもあることを理解しておくとよいかと思います。

短期間で歯の矯正ができる場合はこのような症例

短期間で歯の矯正を行う場合には、外科手術を行ったり、健康な歯を削るなどという口内に対するリスクが増加します。

ですので、口内の歯を全体的に矯正する場合は、歴史も古く、すでに実施例も沢山あるワイヤー矯正を素直に選択するのが安全であると思われます。しかし、歯全体ではなく歯の一部分を矯正する際は、歯の矯正期間を短縮するために外科手術であるコルチコトミー法やオステオトミー法と言った矯正方法を検討するのもよいでしょう。外科手術を行う場合は、通常の矯正費用にプラスして手術費用が手術の内容に応じてかかりますので、通常の矯正よりも高額になります。

また、前歯だけ、などとかなり部分的な場合もセラミック矯正を選択するのもよいかと思います。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP