矯正で失敗しないためには?矯正歯科の選び方のポイント kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

矯正で失敗しないためには?矯正歯科の選び方のポイント

矯正歯科(歯列矯正)は人生で一度やるかやらないかの治療ですので、誰もが失敗はしたくありませんよね。矯正歯科(歯列矯正)は矯正専門の歯科医師もいるくらいのかなりの経験と歯科医療技術が必要な治療ですので、クリニックや歯科医師の選択は慎重に行いたいところです。しかし、矯正は歯科医師なら基本的に誰でも実施できるので、運が悪いと腕の悪い歯科医師にあたってしまう場合も考えられます。矯正を行う歯科医師は、矯正だけしかしない医師から、各種治療の一環として行っている医師までさまざまです。矯正に失敗しないために確認したいポイントを挙げてみました。

クリニック選びで失敗しないために見るべきポイント

当たり前ですが、クリニック選びは非常に大事です。このクリニック選びで最も大事なことは、ご自身の矯正とクリニックが合うかどうかです。矯正専門のクリニックの中には、歯の矯正しかしない矯正専門のクリニックもあります。歯の矯正を行うときには、真っ先に虫歯や歯周病を治療しなければならないのですが、矯正専門のクリニックの中では、虫歯治療はよそのクリニックで行ってください、と言われるケースもあります。この場合には、虫歯を治療して再度そのクリニックへと行くか、虫歯の治療もしっかりと行ってくれる別のクリニックに行くか迷います。このようなケースもあり得ますが、矯正専門のクリニックは、一般的に矯正の経験は豊富ですので、矯正歯科(歯列矯正)を行う場合には、最初に検討したいクリニックです。また、一般歯科、予防歯科、審美歯科などの歯科治療項目に矯正歯科とある場合には少し気を付けた方がいいかもしれません。なぜなら、片手間で矯正を行っているので、矯正のテクニックがいまいち不明であるためです。しっかりとしたテクニックをお持ちの歯科医師もいれば、中には部分的な矯正はできますが、複雑な矯正は別のクリニックを紹介します、と言われるケースも見受けられます。まずは、矯正のカウンセリングを実施しているクリニックを何件か回って相談してみることからはじめるのがいいと思われます。

歯科矯正クリニックの種類

歯列矯正のクリニックと言っても様々な種類があります。自分に合ったクリニックを選ぶためにも、どのようなクリニックがあるのかを知っておきましょう。

種類①一般歯科

一般的な虫歯治療やインプラント治療を行なっている歯科クリニックであるため、一般歯科で歯列矯正の治療を受けた場合は専門外の医師が治療に取り組むことがあります。しかし、矯正専門の医師がアルバイト勤務をしているところもありますので、そのような歯科クリニックであれば高い品質の治療が期待できます。しかし、アルバイトの医師が辞めてしまうケースもあり、引継ぎでトラブルに発展することもあります。

種類②歯科大学附属病院

歯科大学附属病院は、新人の医師を教育するための機関のため、基本的には研修医が治療を行います。指導をする専門医はいますが、経験の浅い研修医が治療を行うというのは不安要素として考えられます。また、受付時間が長く治療が一日かかってしまうことも少なくありません。しかし、医師が多く、相性の合わない医師だった場合は他の医師に変更できたり、対応できる治療方法が多いというメリットもあります。

種類③歯列矯正専門医院

大学病院で5年の研修を積んだ医師が認定医として開業しているクリニックで、歯列矯正について高い知識と技術を持っています。歯列矯正の装置が外れたり壊れたりした時にもスピーディーに対応できるので、安心感があります。デメリットとしては、虫歯の処置や抜歯の処置が必要になった場合は他のクリニックでの治療になることが多いという点です。

歯列矯正クリニックの選び方

歯列矯正クリニックは数多くありますので、どのようにして選べばいいか分からないという方も多くいます。よりよい歯列矯正クリニック選びの方法を紹介します。

選び方①実際に治療を受けた人の感想をチェックする

クリニックのホームページにある患者様の声というコンテンツや、ネット上にある口コミサイトなどを見れば、治療を受けた人の感想を見ることができます。医院の清潔感やスタッフの対応、アフターケアの充実度など、実際に治療を受けてみないと分からないことを知ることができますので、非常に参考になります。

選び方②実績や開業年数

開業年数が長ければ長いほど経験が豊富で、様々な症例に柔軟な対応ができます。医院のホームページでは、このような開業年数や過去の症例や実績数などを紹介しているところもありますので、確認して医院選びの参考になる情報を集めましょう。

選び方③予約が取りやすいか

矯正歯科担当の非常勤医師が対応する場合は、その医師の出勤に合わせて通院する必要があるので、忙しい方はなかなか予定を合わせることができず予約が取れない場合があります。また、矯正歯科専門の医院でも、人気があるところだと、なかなか予約がとれないこともあります。矯正器具のトラブルが起きた時などは迅速に対応してもらいたいと思いますので、予約が取りやすい医院を選ぶようにしましょう。

矯正歯科(歯列矯正)が得意な歯医者さんはここを確認

本当にいい歯科医師は矯正後の噛み合わせまで考えて矯正歯科(歯列矯正)を行っています。よくあるトラブルは、矯正をして歯並びがよくなり、見た目がよくなりましたが噛み合わせが悪く、ものを噛むと痛かったり、知覚過敏になってしまったという場合です。処置した歯科医師からすると、見た目は約束通りよくなったでしょ、というかもしれませんが、これは矯正の時に矯正後の噛み合わせを考えずに実施している場合も考えられるので、矯正後の噛み合わせの予想までしっかりと説明できる歯科医師を選ぶことが失敗しないためのポイントの一つです。いい歯医者さんは、矯正歯科(歯列矯正)は歯を動かして歯並びをよくし、見た目を良くして終わりではなく、歯を動かしたらその分だけ口腔内に影響が出るので、その影響をコントロールして、しっかり最後まで取り除くことまで考えています。また、歯並びを良くすることで噛み合わせがよくなり、顎関節症が改善したり、背筋がまっすぐになったりと、健康面まで気にしているかどうかまで確認したいところです。

他にもある!医師を見極めるポイント

ポイント①日本矯正歯科学会の認定医なのか

歯列矯正の治療経験が豊富で実力が認められている専門医や認定医がいる医院であれば、高い品質の治療を期待することができます。認定医が在籍していても、実際にその医師から治療を受けられない場合もありますので、認定医の治療を受けられるかどうかまでしっかりチェックするようにしましょう。

ポイント②コミュニケーションが取りやすいか

歯列矯正は長期に渡る治療ですので、意思疎通がしっかりできる医師であるかどうかが非常に大切です。一方的に治療方針を押し付けずこちらの話をしっかり聞いてくれるか、治療のメリットだけでなくデメリットもしっかり伝えてくれるか、複数の治療方法を提示してくれるかなどをチェックしましょう。

ポイント③必要以上のことを薦めてこないか

歯列矯正の治療に必要ない別の治療を売り込んできたリ、精密検査の際に関係のない検査を薦められたリすることがあります。そのような医師であれば、治療の出費がかさんでしまいます。必要な治療だけを行ってくれる医師を選ぶことは非常に大切です。

矯正歯科(歯列矯正)で知っておきたい知識

子供の矯正が楽であると言われている理由は、成長期である子供の顎の成長を利用した矯正歯科(歯列矯正)が可能であることです。なので、できるだけ子供のころに矯正を行うと矯正自体が楽です。矯正を行う時期は、永久歯が生えてくるころからです。乳歯よりも永久歯の方が大きいので、顎の骨の小さな子供は、永久歯の生えてくるスペースが十分に確保できないので永久歯が曲がってしまい、歯並びが悪くなる場合があります。このような場合は、顎の骨を広げる器具を装着して顎を広げてあげることで永久歯のスペースが確保できて歯並びがよくなります。この処置をしておくと、仮に矯正が必要になった場合でも、矯正期間が短くて済む場合がありますので、矯正歯科(歯列矯正)はできるだけ小さいころに実施しておきたいところです。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP