義歯の種類|インプラント、入れ歯、ブリッジの違い kiki DENTAL(キキデンタル)|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

義歯の種類|インプラント、入れ歯、ブリッジの違い

歯を失った場合には、人工的に義歯を作って自然な歯の代理をさせます。入れ歯を思い浮かべるとよいかもしれません。この義歯にはさまざまな種類があり、それぞれメリットとデメリットがあるようです。今回はこれらの義歯の種類や違い、治療法を解説いたします。

インプラントと入れ歯、ブリッジの治療法の違いとは?

一般に義歯を大きく分類すると「インプラント」、「入れ歯」、「ブリッジ」に分けられます。インプラントは完全に自由診療になりますが、入れ歯やブリッジは一部保険診療となっているため、口腔内の状態や歯科素材によっては安価な保険診療となる場合があります。インプラントと入れ歯、ブリッジの違いは以下の通りです。

インプラント

インプラントとは、顎の骨に人工歯根を埋め込み、そのうえから義歯を被せる治療法です。顎の骨に直接土台を埋め込むために、噛む力が自然の歯とほとんど変わりないそうです。定期的にメンテナンスを行っている限りインプラントの土台が外れるということはなく、寿命は半永久的ともいわれています。しかし、治療には外科手術がともなうため、身体に負担がかかったり金額が高くなります。

入れ歯

入れ歯は最もお手軽にできる義歯です。歯科用の素材によっては保険診療で作れてしまうので、安価に作成できます。一方で、入れ歯を保険診療外のより高機能な歯科用素材で作成すると、より密着性及び耐久性が高く噛み心地もより自然な入れ歯になりますがその分治療費が高くなります。脱着可能ですので、お手軽にメンテナンスが可能であるのですが、一方で噛み心地はインプラントに比べると今一歩といった評価が一般的です。

ブリッジ

ブリッジは、失った歯の両隣の歯を土台にして作る義歯で、その名の通り両側の歯を使って橋のように歯を作ります。ブリッジも一部保険診療となっているので安価に治療できる場合があります。しかし、ブリッジは健康な歯を削って義歯をかぶせるので、健康な歯を傷つけるというリスクがあります。

口内の状態は毎日少しずつ変化しているので、どの義歯による治療法にも定期的なメンテナンスが必要になります。

人によって向き・不向きがある

このように義歯にはいくつか種類がありますが、向かない場合・施術できない場合があります。

・インプラントが向かない、もしくはできない場合
免疫不全の方、1型糖尿病の方など外科手術ができない方は、インプラントを選択することができません。また、18~20歳以下でアゴの骨が成長しきっていない方も施術ができないです。これは、アゴの骨が成長することにより、インプラントが動いてしまう可能性があるためです。インプラントが向かないのは喫煙者の方や2型糖尿病の方で、傷の治りが遅い、歯周病になりやすいという点がリスクとなります。

・入れ歯が向かない、もしくはできない場合
歯肉の薄い方や嘔吐反射がある方は向きません。歯肉が薄い場合は、噛むときに力を入れると痛みを感じやすいです。嘔吐反射については程度が軽ければ問題ありませんが、重度の方だと入れ歯をしっかり奥まで入れることは難しいでしょう。いずれの場合も選択できないことはないですが、十分に噛む力を取り戻すことはできません。

・ブリッジが向かない、もしくはできない場合
支えになる歯がない方、4本以上連続して歯が欠損している方はブリッジを選択することができません。また、支えになる歯があったとしても虫歯を発症しているなど、健康な状態でなければ別の方法を提案されることになるでしょう。健康な歯を削ったり、負担を掛けたりしたくないという方もブリッジは向かないです。

ここで記した以外にも各施術が選択できないケースはありますので、歯科医師によく相談しましょう。また、程度に関わらず持病をお持ちの方、服用している薬がある方は事前に主治医へ相談することも大切です。

インプラントと入れ歯、ブリッジの費用の違いを解説

インプラント

インプラントは自由診療ですので高額で、一般的に1本30から40万円程度とその後の定期メンテナンスの費用が1回1万円前後となります。費用の内訳は大きく分けて「CTスキャン」などの診察費、手術費、義歯作成費及びパーツ費に分かれています。

インプラントでも保険が適用となるケースについて

インプラントはどのような場合でも自由診療となっていましたが、平成24年4月より特定の条件をクリアしている場合のみ、保険が適用されることとなりました。
条件については上顎(じょうがく)の場合、連続して3/1以上の骨が欠損していること、欠損が上顎洞(じょうがくどう)もしくは、鼻腔へ繋がっていることなどです。下顎(かがく)の場合は連続して3/1以上の骨が欠損していること、病気等の原因により下顎を切除していることなどです。
また、治療を受ける病院の条件も指定されています。20床以上の入院用ベッドがあること、当直体制が整っていることなど、こちらもかなり細かく条件が決められていますのでよく確認することが必要です。
これらの条件を見るとわかると思いますが、インプラント治療に保険が適用されるケースというのはごく稀です。とは言っても、確認してみるに越したことはないので、条件に当てはまりそうな方は、お近くの歯科医院で相談してみるといいでしょう。

入れ歯

入れ歯は保険診療では、負担により変わりますが、3割負担では部分入れ歯から総入れ歯まで5千円から1万5千円程度で作成できます。自由診療では、入れ歯の種類、部分入れ歯、総入れ歯により金額は変わりますが、一般的に15万円から70万円程度の間で、これに加えて1回1千円から3千円程度の定期的なメンテナンス費が必要になります。

ブリッジ

ブリッジは保険診療で治療すると、ブリッジ1本なら2万円程度で済みます。しかし、自由診療の場合には15万円程度からで、上限は治療内容によって変わります。ブリッジは歯を削ってしまうので、削った部分は虫歯になりやすいために定期的なメンテナンスが必要になり、1回1千円から3千円程度のメンテナンス費用も必要になります。

インプラントと入れ歯、ブリッジの仕上がりの違いはここ

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP