奥歯は銀歯よりもセラミック義歯の方がおすすめな理由 kiki DENTAL(キキデンタル)|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

奥歯は銀歯よりもセラミック義歯の方がおすすめな理由

「銀歯」は「金銀パラジウム合金」と言い、古くから盛んに用いられてきた歯科用の素材です。銀歯は保険適用素材ですので、安価に治療が受けられる反面、様々なデメリットをもたらすと言われています。一方の、セラミックを用いて作る、「セラミック」義歯は様々な銀歯のデメリットを補うことができると言われています。これらの歯科用の素材にはそれぞれメリットとデメリットがありますが、最近では銀歯が消えつつあり、代わりに「コンポジットレジン」やセラミックが用いられるようになっています。今回は銀歯の代わりに奥歯にセラミック義歯を用いるメリットについて解説いたします。

奥歯を銀歯にすると、天然の歯を削ってしまうことがある

銀歯は保険が効く素材ですので、金銭面では低価格で申し分ない素材ですが、実用面ではこれまで様々な弊害をもたらしていたことが知られています。有名な弊害に「金属アレルギー」をもたらす可能性があることが挙げられます。銀歯は様々な金属を含んでおり、いずれかの金属に対してアレルギー反応を起こす可能性があります。身体にできものができて調べた結果、銀歯由来の金属アレルギーであったなどということがこれまで報告されています。また、銀歯は自然な歯よりも硬いので、噛み合わせが不自然である場合には自然な歯を傷つける恐れがあります。さらに、銀歯を歯にくっつけている「セメント」は徐々に溶け出すことですき間を作り、このすき間に虫歯菌が繁殖することで虫歯の原因になる場合もあります。その他、銀歯は密着性が悪く、キャラメルなどの粘着質な食べ物を食べたときに取れやすいということも挙げられますし、機能面ではなく審美面では銀色の見た目が悪いという点もあります。

銀歯の代わりに自然な見た目と硬さのセラミック義歯がおすすめ

銀歯の悪い点を補う歯科用素材がセラミックです。セラミックは一般的に無機酸化物の焼結体を指しますが、歯科用に使用するセラミック素材は、どの材料も白く透明感を持ち、自然な歯に近い質感をもたらしています。また、素材により硬さも様々です。また、金属は自然な歯と熱膨張率が異なるため、銀歯などの金属は口内の温度が上がると膨張して自然な歯を圧迫します。一方のセラミックの熱膨張率は自然な歯と大差がないため、口内の温度差では影響を与えません。このセラミックでセラミック義歯を作成すると、様々なメリットが得られるために現在では利用する方も多いです。セラミックの欠点を言うとすれば、保険が効かずに自由診療となり、かなり高い治療費を請求されるということです。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP