インレーの種類|それぞれの特徴とメリットデメリット kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

インレーの種類|それぞれの特徴とメリットデメリット

一般的に歯科治療の詰め物(インレー)と言えば、銀歯を思い浮かべる人が多いかと思います。確かに銀歯は歯科治療の一般的な詰め物ですし、保険診療の対象となるので治療費が安くなると言ったメリットもあります。しかし、現在では「レジン」「セラミック義歯」など様々な種類の詰め物があります。そこで、詰め物の種類とそれぞれの特徴について解説します。

インレーの種類:コンポジットレジン

コンポジットレジンとは、歯の欠損部分を歯科用のプラスチックを充填することで補う治療法です。レジンは歯科医院で最も使用されている材料で、入れ歯の床部分もレジンで構成されています。コンポジットレジンは保険診療になるケースが多く、治療費が安くなるのがメリットの一つです。ただし、知識やテクニックの問題で歯科医院によってはコンポジットレジンを保険外で行う場合もあります。

見た目は比較的自然な歯に近い白色をしており、審美性はそれなりに高いです。また、金属を用いないので金属アレルギーの人にも利用できることが大きなメリットとなります。デメリットとしては、変色しやすいことが第一に挙げられます。経時的変化に伴う変色が目立つため、その審美性はいつまでも続くということはありません。また、欠けやすく、すり減りやすいという特徴もあります。

インレーの種類:メタルインレー(銀歯)

メタルインレーは、一般的に「銀歯」と呼ばれている詰め物です。純銀ではなく、一般的には「金銀パラジウム合金」と呼ばれる銀色の金属を用います。メタルインレーは保険診療の対象であり、治療費が安いことが最大のメリットとなります。また、レジンと異なり金属製なので耐久性があり、強く力のかかる部分の歯に使用しても欠損が起きにくいこともメリットです。

デメリットとしては、まず見た目が非常に良くないということです。周囲の白い歯との親和性が皆無な銀歯は極めて目立ちます。また、銀歯そのものは耐久性がある代わりに、噛みあう歯を傷つけてしまうというリスクがあります。さらに金属製なので金属アレルギーの人には利用できません。

インレーの種類:ゴールド

ゴールドは、文字通り「金歯」です。厳密には金の合金を用いた詰め物です。メタルインレーと同様に金属製の詰め物なのですが、全く異なる性質を持っています。メタルインレーはその強度の問題で周囲の歯を傷つけてしまうというデメリットがありましたが、ゴールドの場合は強度が適度なレベルであるために噛みあう歯を傷つけにくいという特徴があります。また、金合金は錆びにくいという特徴があるので、金属アレルギーを起こすリスクがメタルインレーほど高くありません。また、適合性が高いので二次的な虫歯のリスクが少ないという特徴もあります。

しかしながら、金色という見た目はメタルインレー以上に見た目の悪さをもたらします。かなり目立つことになるので、「それがいい!」と言う人以外には大きなデメリットとなります。また、完全に保険外の診療となるので、治療費が高くなるということも無視できません。それに加えて、歯科医院によってはメタルインレーと同じ金属を使っているケースもあります。

インレーの種類:セラミック

セラミック義歯は、最も高い審美性を持ったインレーです。セラミック自体は「陶器」であり、透明感のある白さが周囲との歯の親和性を大きくしています。詰め物以外にも、矯正治療で使用される「ブラケット」などの材料として用いられることもあります。

セラミック義歯の最大のメリットは、何といってもその高い審美性です。透明感のある白さは自然な歯と見分けがつきにくく、歯科治療の後であることを悟られにくいです。また、同様に見た目が良いコンポジットレジンに比べて変色のリスクが少ないです。非金属であるため、金属アレルギーのリスクが無いこともメリットとなります。また、セラミック義歯はプラーク(歯垢)が付きにくいという特徴もあります。

デメリットとしては、まず割れやすいということです。他の材質に比べて衝撃に弱く、噛みあわせる内に割れてしまうケースが多いです。また、セラミック義歯は保険診療適用外なので費用は高くなります。加えて、医師の技量によって見た目の良さなどに差が生じやすいため、経験の少ない医師が担当すると不具合が生じやすいです。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP