歯の矯正、抜歯をしなければならない場合とは? kiki DENTAL(キキデンタル)|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯の矯正、抜歯をしなければならない場合とは?

歯並びを整え、美しい見た目を実現する歯科治療である「矯正治療」。少しずつ歯を動かしていくためには抜歯が必要な場合もあります。歯を抜くことには抵抗を感じる人もいるかもしれません。そこで、矯正治療において抜歯をしなければならない場合や理由、メリットなどについて解説していきます。

抜歯をしなければならない場合とは

そもそも、なぜ矯正治療において歯を抜くことが必要なのでしょうか?「ただ歯並びを良くしたいだけなのに…」とお思いの方も多いでしょう。しかし、実際にはそのために歯を抜くことが必要になるケースが多いのです。まず、「歯がデコボコしすぎている」場合です。この場合は矯正装置で矯正を行っても、きちんと歯列矯正を完了させることができなくなってしまいます。

そのため、抜歯をして歯のデコボコの量を減らしてから矯正を行う必要があるのです。他には、前歯を覆っている唇の形や大きさの関係で、歯を抜かないと自然に口を閉じられない場合も抜歯を行うことが多いです。そうした「抜歯すべき要因」の大きさなどを総合的に判断して、抜歯を行うかどうかを決めます。

どんな歯を抜歯するのか

歯列矯正では、どのような歯を抜歯するのでしょうか。歯列矯正では、噛み合わせや治療後の歯並びを総合的に確認して、抜歯の対象になる歯を選択していきます。では、どのような歯が抜歯の対象になるのか確認してみましょう。

抜歯対象1:状態がよくない

虫歯や歯周病がある歯、形に異常がある歯など

・虫歯の進行が進んでいる歯
・銀歯などの被せ物をしている歯
・以前の治療で神経を取り除いている歯
・歯周病や歯槽膿漏が進んでいる歯
・先天的に形に異常が見られる歯
・先天的に質が弱い(悪い)歯
・歯根が短い歯

上記のような歯は、健康的な歯と比べ、寿命が短い場合が多いため、抜歯対象の歯になります。

抜歯対象2:小臼歯(しょうきゅうし)

他の歯と比較して役割が少なく、根も他の歯と比較して短いことから優先される 歯には、それぞれ下記のような役割があります。

前歯:食べ物を噛み切る役目があり、見た目的にも重要。
犬歯:上下とも歯根が長く、歯の中でも寿命が長いとされる。また、食べ物を切り裂いたり、噛み合わせを誘導したりと大きな役割がある。
大臼歯:食べ物をすり潰すための歯。噛む力が強く、かみ合わせの基本となる役割がある。

小臼歯は、他の歯と比較して、役割が少なく、歯根の長さも他の歯より短いので、歯列矯正で抜歯を行う際、優先的に抜歯される事が多い歯です。

抜歯対象3:親知らず

親知らずは、他の歯と異なり、残しておいた方が良い場合と抜歯しなくてはならない場合があります。
親知らずを残しておくケース:親知らずの生える方向に問題がなく、今までに虫歯や歯周病などで、永久歯を失っている場合や、先天的に永久歯が少ない場合は、親知らずを残し、噛み合わせを調節した方が良いと考えられます。

親知らずを抜歯しなくてはならないケース:親知らずが生える方向に問題がある場合は、親知らずを残しておくと、他の歯の動きを邪魔してしまう可能性があります。そのような場合は、抜歯をして歯列矯正をする必要があります。

抜歯対象4:過剰歯(かじょうし)

過剰歯とは、生まれつき歯が多いことを言います。過剰歯は、歯茎の中に余計な歯が埋まっていて、歯と歯の隙間が開いてしまったり、歯並びが悪くなる原因になったりするので、抜歯が必要です。また、過剰歯は、歯列矯正で歯を動かす際に他の健康な歯の歯根を傷つけてしまう可能性があるので、見つけ次第抜歯をするように薦められています。

矯正治療における抜歯の痛みやリスク

「歯を抜く」ということは、どうしても「痛みを伴う」というイメージが付きまといます。しかしながら、実際には抜歯にかかる時間は10分程度、麻酔をしてから抜歯を行うので抜歯手術中の痛みはありません。また、抜歯後の腫れや痛みも、その他の抜歯に比べて少ないケースが多いのも特徴です。麻酔が切れると痛みを感じる人も多いのですが、医師からは痛み止めが処方されているかと思いますので、対処は十分に可能です。

しかし、歯を抜くということは痛み以外にもリスクを伴います。まず「健康な歯を失う」ということです。いくら矯正治療のためだからといって、健康な歯を抜き去ることには心理的な抵抗を感じる人が多いでしょう。抜いてしまえば元に戻せないのですから、当然な話です。次に「治療期間が長くなる」と言うことです。抜歯をしてもその隙間がいつまでも生じるわけではなく、矯正によって埋め合わせがなされます。しかし、歯1本分に相当する隙間を埋めるための歯の移動には時間がかかり、結果的に治療期間を長引かせることになります。

抜歯をすることによるメリット

しかしながら、矯正治療において抜歯を行うことにはいくつかのメリットが存在していることも事実です。まず「矯正後の歯が元の位置に戻りにくい」ということです。せっかく矯正しても歯が元の位置に戻ってしまえば、また長い時間をかけての矯正治療を繰り返すことになってしまいます。

次に「出っ歯を改善できる」ことです。前歯が前方に向いている出っ歯を治すためには、前歯を内側に収めるための隙間が必要になります。抜歯することでその隙間を確保することができ、スムーズに出っ歯を改善することができます。その他にも「小顔の印象になる」「歯の移動がスムーズになる」といったメリットもあります。健康な歯を失うデメリットに対して十分なメリットを備えていると言えます。

抜歯をしない場合のデメリット

歯列矯正で、抜歯をするメリットは分かりました。では、次に抜歯をしない場合のデメリットとは、どのような事があるのでしょうか。

口元が出たように見える

デコボコした歯並びを歯列矯正で整える場合、元の位置よりも歯が外側に出てしまうので、横から見ると口元が出たように見えてしまうことが多いです。また、口を閉じても、口元が盛り上がったようになってしまい、無意識に口を閉じる事ができなくなり、口呼吸を習慣つけることに繋がります。そうすると、口の中が乾きやすくなり虫歯や歯周病の進行を早めてしまう原因になります。

歯周病のリスクが上がる

歯は、あごの骨に支えられているため、歯列矯正を行う際もあごの骨の範囲で動かします。しかし、あごの骨の幅が狭く、その幅ギリギリまで歯を動かす場合、歯を支える骨の量が少なくなり、歯茎の幅も狭くなってしまうと、歯茎が下がり、歯と歯茎の間に隙間が空き、見た目にも悪くなります。また、歯周病のリスクが高まり、健康な歯を失ってしまう可能性が出てきます。

どうしても抜歯が嫌なときの治療法

とは言え、やはり「健康な歯を抜きたくない!」という思いは強く、抜歯しなくても矯正治療ができるのであればその方が良いと考える人は多いでしょう。矯正治療は、抜歯をしなくても行えるケースもあります。まず「口元が飛び出した不正咬合ではない」ことです。これには「上下顎前突」「上顎前突」「下顎前突」といった不正咬合が該当しますが、これらの場合には抜歯をしないと十分な治療を行えません。

次に「歯のデコボコが少ない」ことです。前述のとおり、歯のデコボコが多いと抜歯をしなければ矯正治療は難しくなります。次に「歯周組織が健康である」ことです。歯周組織の厚みが十分であり、健全な状態であれば抜歯せずに矯正治療を行える可能性が大きくなります。その他にも「年齢が若いこと」「顎に十分な広さがある」ことなどが抜歯なしでの矯正治療を行える要因となります。もちろん、個々の患者さんの状態によって抜歯しなければならないのか、抜歯しなくても行えるのかは異なります。

抜歯をしないで歯列矯正する方法

どうしても、健康な歯を抜歯したくないという場合は、下記の歯列矯正方法があります。

あごを広げる

あごを広げるという方法は、子供の時の歯列矯正で有効な治療法です。歯並びが、多少デコボコしている程度であれば、あごを広げることで抜歯せずに矯正できる可能性があります。しかし、後から大きい永久歯が生えると抜歯が必要になることもありますが、成長段階の子供の時期にあごを広げることで、ある程度抜歯を回避することができるようです。

歯を削る

大人の場合は、歯を削るという歯列矯正方法があります。特に、前歯の歯列矯正を行う時に有効な方法で、他の歯並びに問題が無い場合は、この方法で綺麗な歯並びにすることが可能です。

  • 監修医武本 雅彦
  • 医院名:武本歯科クリニック
  • 住所:神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-28-3
武本歯科クリニックの詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP