歯の矯正はどれくらいの費用がかかる?知識を入れて無理せず治療を行おう! kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯の矯正はどれくらいの費用がかかる?知識を入れて無理せず治療を行おう!

歯並びが気になる人は、歯の矯正を考えたことがあると思います。しかし、歯の矯正には費用がかかるのが難点です。ここでは、歯の矯正にかかる費用について紹介します。治療の種類別の平均費用や、支払い方法まで自分の財布と相談して治療を受けてみませんか?

歯の矯正って高い?低い?費用の相場が知りたい!

「歯並びが気になるから歯の矯正をしたい」と思っている人は、矯正にかかる費用が気になると思います。歯の矯正は、健康保険がきかない自由診療なので、ほとんどの場合、その費用は高額になってしまいがち……。
しかし、歯の矯正方法を選択して自分に合った治療を受けることで、費用を抑えることも可能です。また、治療にかかる費用の支払い方法も選ぶことができるので、無理なく支払いをすることができます。

ここでは、歯の矯正にかかる費用の仕組みや、歯の矯正の種類、治療にかかる費用の支払い方法などを紹介していきます。歯の矯正を検討している人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

歯の矯正にかかる費用を一挙比較!

歯の矯正には、たくさんの治療方法があります。その治療方法によって、歯の矯正にかかる費用も変わるので、確認しておきましょう。

歯の矯正方法を比較してみよう

矯正の種類 治療費用 期間 メリット デメリット
ブラケット矯正 平均65万円~100万円程度 約2年半~3年程度 0.1㎜単位の細かい調整も可能 目立つ矯正装置を装着する
舌側ブラケット矯正 約120万円程度 約3年程度 0.1㎜単位の細かい調整も可能 他の治療方法よりも装着に違和感がある
マウスピース矯正 方片顎:約40万円程度
上下の顎:約80万円程度
約1年~2年程度 目立たず歯の矯正を行える
自分で取り外し可能
装着時間を守らなければ効果が期待できない
部分矯正 約15万円~80万円程度 約3ヶ月~1年程度 気になる部分だけを矯正できる 噛み合わせを治すことは不可

人気のあるメジャーな治療方法を紹介しました。費用や期間、もちろんメリットやデメリットも頭にいれて歯の矯正方法を選ぶようにしましょう。

歯の矯正でかかる費用の仕組みを徹底解説!

歯の矯正にかかる費用について調べてみました。歯の矯正は保険適用外の自由診断ですので、しっかりと費用を確認しておくことが大切です。

【矯正前】にかかる費用

歯の矯正前にかかる費用のトータルは平均して下記のようになっています。
【成人:平均3万5千円~10万6千円程度】
【子ども:平均3万円~10万円程度】
では、細かい内訳を確認してみましょう。

初診・相談料

【成人:平均0円~6千円程度】
【子ども:平均0円~5千円程度】
・歯についての悩み、相談を確認
・歯の矯正についての流れや治療に使う装置の説明

精密検査

【成人:平均2万5千円~6万円程度】
【子ども:平均1万円~5万円程度】
・レントゲン
・口腔内写真撮影
・CTスキャン(顔の骨格撮影)
・唾液検査
・噛み合わせの確認
・歯型の採取
・顎の模型を3Dプリンターで作成

診断・カウンセリング料

【成人:平均1万円~4万円程度】
【子ども:平均1万円~5万円程度】
・歯の矯正にかかる費用や期間、治療の方針といった治療プランを説明

【矯正中】にかかる費用

歯の矯正中にかかる費用のトータルは平均して下記のようになっています。
【成人:平均65万円~100万円程度+調整・処置の回数に応じる】
【子ども:平均35万円~90万円程度+調整・処置の回数に応じる】
では、歯の矯正中はどのような工程があり、それぞれどの位の費用がかかるのでしょうか?
詳しく確認してみましょう。

装置 基本料金

選択した歯の矯正装置によって費用が異なります。ここでは、表に付けるブラケット矯正の場合で紹介。
【成人:平均65万円~100万円程度】

子どもの場合は、乳歯が残っている時期に歯の矯正を行うのかどうかで費用が変動します。乳歯が残っている場合に歯の矯正を行うと、1期・2期と段階を踏んで歯の矯正を行います。

乳歯が残っている時期に歯の矯正を行った場合
6歳~小学校中学年までの期間【1期治療:平均20万~40万円】
小学校高学年~中学生までの期間【2期治療:平均30万~50万円】
※乳歯が残っていない場合は、成人と同様の費用です。

調整・処置

【成人:平均千円~1万円程度】
【子ども:平均3千円~5千円】
・歯の矯正装置調整
・ワイヤー交換
・経過診察

【矯正後】にかかる費用

歯の矯正治療が完了した後も、保定装置を作成して綺麗な歯並びをキープすることが重要です。
また、定期的な診断やメンテナンス受けることで、健康な口内環境を保つことにも繋がります。
歯の矯正後にかかる費用のトータルは下記の通りです。
【成人:平均1万円~6万円程度+検診の回数に応じる】
【子ども:平均5千円~1万円+検診の回数に応じる】
歯の矯正後にかかる内訳を確認してみましょう。

保定装置

【成人:平均1万円~6万円程度】
【子ども:平均5千円~2万円】
・キレイな歯並びを保つためのリテーナー

検診や定期メンテナンス

【成人:平均2千円~8千円程度】
【子ども:平均3千円~1万円】
保定期間の通院頻度(間隔)は、3ヶ月~1年に1回となっているようです。
定期的に検診を受けることで、後戻りを防ぐことができるので、きちんと通院するようにして下さい。

・保定装置の調整
・経過観察
・虫歯や歯周病になっていないか確認
・後戻りの兆候がないか確認

歯の矯正を始める時期と費用の関係性とは?

乳歯が残っている子どもの時期に行う矯正は、歯並びの基礎となる顎の矯正も目指したものになっています。そのため、高額に思われがちですが、その子どもの歯の矯正にかかる費用は大人の歯の矯正に比べると安価です。また、子どもの成長に合わせて歯の矯正を行えるため、とても綺麗に歯の矯正を行う事ができます。

子どもの間に歯の矯正を行うメリット

・定期的に歯科医院に行くため、虫歯のチェックもできる
・抜歯をする必要性が最小限に抑えられる
・顎の成長を綺麗に整えることができる
・顎の骨がキレイなので、大人になってから矯正をするリスクが低い

大人の歯が生えそろっていない6歳~小学校中学年の間に歯の矯正を行う場合、1期治療としてメインになるのは顎の成長を綺麗に整えることです。成長中のこの時期に、矯正することで上顎と下顎の大きさをみてバランスを整えることが可能になります。そのため、大人になってから矯正をするリスクが低くなるのです。また、顎のバランスが整っているので抜歯する必要性が抑えられるメリットもあります。

子どもの間に歯の矯正を行うデメリット

・本人の我慢や努力が必要
・子どもに負担がかかる場合がある
・矯正期間が長期になる場合がある

マウスピース矯正で歯の矯正を行う場合は、取り外しが可能なので、歯の矯正を行う本人の我慢や努力が必要不可欠です。決められた時間装着出来ない場合は、歯の矯正にかかる期間が長引くことも……また、ブラケット矯正の場合は、見た目を気にする子どもが多いようです。さらに、口腔内にブラケットやワイヤーを装着しているため、違和感がありそれをストレスに感じることもあります。

歯の矯正は、子どもに負担がかかってしまうことがあるようです。しかし、矯正に関していうと、成長段階の時期に歯の矯正を行うことで、より選択肢が広がりバランスの良い顎になるため、噛み合わせも良くなります。子どもに歯の矯正をさせたいと検討している人は、治療内容や費用、もちろんメリット・デメリットも含めて担当の歯科医師に相談して下さい。

歯の矯正が高いと諦めていませんか?賢く費用の支払いを行おう!

歯の矯正にかかる費用は、確かに高いです。しかし、自分に合った方法で無理なく支払いをすることが可能です。ここでは、歯の矯正にかかる費用を分割で支払う方法を4パターン紹介します。

歯の矯正にかかる費用はどう払う?

歯の矯正は健康保険適用外の自由診断にあたります。そのため、治療にかかる費用が一括で払えない場合も……ですが、歯の矯正にはクレジットやローンで支払うことも可能です。では、歯の矯正ではどのような支払いが可能なのか、確認してみましょう。

①クレジットカード

自分が所有しているクレジットカードで分割払いすることができます。歯の矯正にかかる費用が利用限度額内に収まっていれば、その場で決済がOK。近年はクレジットカードに対応している歯科医院も増えてきているので、歯の矯正を受ける歯科医院に確認してみることをおすすめします。
【クレジットカードの年金利:約14%程度】

②信販会社

歯科医院が提携している信販会社で、デンタルローンを組む方法です。この場合は、各歯科医院、各信販会社によって金利手数料に違いがあります。そのため、契約をする前に金利の確認を忘れずに行いましょう。
【歯科クリニックが提携している信販会社(デンタルローン)年金利:約8.5%~】

③銀行または信用金庫

銀行または信用金庫の多目的ローンを利用する方法です。この方法は、上記の方法よりも審査に時間が必要で、契約する際に直接窓口に行かなければならないなど、手間がかかる方法です。しかし、金利は通常のローンに比べると低めに設定されています。申し込みには、歯科医院から提出された見積りなどの資料を出して審査を受けます。
【銀行または信用金庫の年金利:約5%~】

④歯科医院との分割契約

信販会社や銀行などを通さずに、歯の矯正を行う歯科医院と直接分割契約をして支払っていく方法です。各医院ごとに、『分割の回数』『分割の手数料』『支払い期限』が異なるので、しっかりと契約内容を確認してから契約を結ぶようにしましょう。

支払い方法は、上記のように4パターンあります。なので、歯の矯正にかかる費用を分割して賢く支払えます!

歯の矯正費用が気になるなら専門医師に相談してみよう!

歯並びは、その人の印象を大きく左右するパーツです。歯並びにコンプレックスを持っているなら、歯の矯正をして、キレイな歯並びを手に入れてみませんか?
歯の矯正は、安価ではありませんが、矯正の種類や支払い方法を確認し、自分に合ったプランを選択することで、無理なく費用を支払うことが可能です。
また、子どもに歯の矯正を行う際には、しっかりと時期をみて専門医師と相談し、スタートすることをおすすめします。

  • 監修医川埜 博文
  • 医院名:かわの歯科医院
  • 住所:神奈川県厚木市戸室2-1-3
かわの歯科医院の詳細はこちら

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP