歯列矯正で行なわれる外科手術には理由がある kiki DENTAL(キキデンタル)|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯列矯正で行なわれる外科手術には理由がある

歯列矯正を行う際に、特定の条件下の人にのみ外科手術を行うことがあります。条件や流れなどを把握しておくことで、自分が対象だったとしても安心することができるでしょう。

場合によっては外科手術が行われることもある

矯正装置を装着させるだけで、切開などが必要になるイメージのない歯列矯正。しかし、そんな歯列矯正でも外科手術が必要になる場合がある、ということをご存知でしたか?

外科手術を伴う必要がある症状

骨格が歯並びに影響を与えている場合、歯列矯正だけでは大きく改善することができません。そこで、外科手術を組み合わせて治療をするのですが、これを「外科矯正治療」と言います。
以下は、骨格が影響していると考えられる症状の一例。

開咬(かいこう)

しっかり口を閉じていても、上下の前歯の間に隙間がある状態。前歯でものを噛み切れない方は、この症状であることが多いです。滑舌にも問題が。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

いわゆる出っ歯。上顎の骨が大きく、下顎の骨が小さいことによって発生することが多いです。

反対咬合(はんたいこうごう)

逆出っ歯なんて言われることもありますね。上下の歯の噛み合わせが逆で、口を閉じたときに下の歯が上の歯に被さる状態となります。

このように骨格自体に問題がある症状の場合、歯列矯正だけではあまり高い効果は得られないのです。上記以外にも、骨格が影響しているような症状であれば、通常の歯列矯正ではなく外科矯正を選んだ方がいいかもしれません。さすがに、矯正装置だけで骨格は変えられませんからね。

外科矯正の流れ

ここで、外科矯正を行う場合の簡単な流れを紹介しておきます。

1.術前矯正

手術を行う前に、半年から1年半ほどかけて歯列矯正を行います。手術後に歯が噛み合うように、ある程度整えておくという工程。

2.外科手術

ここで骨格を調整します。これは、歯科医院ではなく大学病院などの担当。

3.術後矯正

手術によって調整した骨格が安定したら、仕上げの歯列矯正を実施。仕上げの歯列矯正も、術前矯正と同じく1年程度の期間を掛けます。

4.保定

矯正後の歯をしっかりと定着させるために、「リテーナー」という装置を装着。リテーナーは矯正装置の簡易版のようなもので、歯が元の位置に戻ってしまうのを防ぐためのものです。期間は2年ほど。

上記は一例ですので、ご参考まで。
外科矯正だと歯列矯正を2回行うことになるので、やはり治療が終わるまでの期間は長い。それほど、骨格の問題を解決するのは大変なことだということですね。
ちなみに気になる費用ですが、矯正外科の場合は保険が適用となるケースがほとんど。特定の疾患に当てはまっていることや指定された機関で治療を受けるなどの条件が決まっていますので、条件をクリアしているか確認してみましょう。

外科手術を伴う矯正のメリット・デメリット

外科手術を伴う歯列矯正を受けることには、メリットもあればデメリットもあります。
どのような治療を受ける場合でも、その治療にどのようなメリットがあってどのようなデメリットがあるのか、きちんと知っておくことが大切です。

メリット

・保険が適用となるケースが多く、治療費が抑えられる
・歯列矯正だけでは治すことができない症例も、治療が可能となる
・骨格から治していくので、審美面の効果も高い

通常、歯列矯正は保険適用外の治療です。しかし、外科手術を必要とする症例の場合、保険適用となるケースが多いので負担が減ります。さらに、骨格から治療をしていくので審美的な効果も高い。もちろん機能的障害も改善できるので、日常生活で不自由を感じることもなくなるでしょう。

デメリット

・手術をするにあたって全身麻酔を施す必要がある
・2週間前後の入院が必要
・手術後しばらくは腫れが発生したり、食事のしにくさや会話のしにくさを感じたりすることがある

入院が必要なことや、術後しばらく会話に不自由が生じる可能性があることから、仕事を長期間休むことができない方には難しいかもしれません。また、全身麻酔を使用しての手術になるので、健康面に心配のある方や全身麻酔に抵抗がある方もあまり向いていないと言えます。

外科手術を伴う歯列矯正には、このようなメリット・デメリットが考えられます。
機能的にも審美的にも改善する効果が高く、条件をクリアしていれば保険が適用になるというメリットはとても大きいですね。しかし一方で、入院と全身麻酔の必要があるというデメリットも。
歯科医師にじっくり相談したうえで、治療に臨むか判断しましょう。

  • 監修医吉野 真弘
  • 医院名:COJI DENTAL OFFICE
  • 住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1-1-10
COJI DENTAL OFFICEの詳細はこちら

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP