目立たない歯列矯正ってあるの?~裏側矯正のススメ~ kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

目立たない歯列矯正ってあるの?~裏側矯正のススメ~

歯列矯正の一番の懸念は、矯正装置が目立つということではないでしょうか。しかし、現在は矯正装置が目立たない矯正方法というのがいくつか確立されています。裏側矯正を中心に、目立たない矯正方法について紹介していきます。

どうしてもワイヤーが気になる!そんな人におすすめの矯正

気になる歯並びをきれいに整えてくれる歯列矯正。笑顔に自信も付くし、素晴らしい治療ですよね!ただ、「矯正装置が目立つ」という欠点を除いては…。

見た目にも、口腔内の健康のためにも、歯並びはきれいな方がいい。それにも関わらず、歯列矯正をしない日本人が多いのには、「矯正装置が目立つ」ということが少なからず影響しているようです。
しかし、これは技術の進歩によって大分解消されていること。矯正器具が目立たない手法、というものがいくつか確立されているのです。では、「目立たない歯列矯正」には一体どのようなものがあるのでしょうか?

ほとんど気付かれない!裏側矯正のメリットは?

目立たない歯列矯正と言えば、まず「裏側矯正」が挙げられるでしょう。裏側矯正とは、その名の通り歯の裏側に矯正装置を装着する歯列矯正です。「舌側(ぜっそく)矯正」と言われることも。
まずは、そんな裏側矯正から紹介していきます。

裏側矯正ってどんなもの?

通常は歯の表面に装着する「ブラケット(=ワイヤーを固定するパーツ)」を歯の裏側に装着し、ワイヤーを固定することで歯の位置を動かします。表側の歯列矯正と装置を装着する位置が表裏違うだけで、ほとんど同じことです。

これは、なんと日本が発展させていった方法。「歯並びは矯正でキレイにするのが当たり前!」な欧米に比べて、日本ではまだまだ歯列矯正が一般的ではなく、矯正装置を装着している姿に対して抵抗感が強かったんです。今でこそあまり気にしないという人が増えてきましたが、「装置が見えてしまうのは恥ずかしい」という、日本人ならではの感覚から発展した技術なんですね。現在は欧米でも、この方法に人気が出てきている様子。

では、裏側矯正のメリットとデメリットを簡単にみていきましょう。

メリット

・目立たない
・出っ歯の治療に強い
・噛み合わせの調整がしやすい

一番のメリットは目立たないということ。目立たないというよりかは、ほとんど「見えない」と言った方が正しいですね。また、歯の裏側から引っ張るような状態になるので、出っ歯には特に高い効果を発揮してくれます。同様に、歯の上下の噛み合わせに関しても、後ろへ引っ張っての移動をさせやすいことから調整しやすいようです。

デメリット

・話しにくい
・治療費が通常の矯正よりも高い

一方、よく言われているデメリットは上記の通り。ワイヤーやブラケットに舌が当たるため、装着してしばらくは話しづらいと感じる方が多いのです。しかし、時間が経つにつれて慣れてしまうことがほとんどでしょう。また、裏側へ装置を装着するのは高い技術力を必要とします。だから、通常の歯列矯正よりも費用は高め。

日本の「恥」の文化が裏側矯正を発展させたんですね。装置を装着したあとに話す練習は必須ですが、ほとんど見えないので、人前に出る職業の方でも矯正可能というのは嬉しいポイント。
高い技術力が必要な施術ということで、治療を受ける歯科医院選びは慎重に行なった方がよさそうです。

マウスピースを使った歯列矯正!そのメリットは?

ワイヤー矯正に引き続き、利用者が増加しているのが「マウスピース矯正」。
マウスピースとは上の歯、もしくは下の歯をすべて覆うカバーのようなもので、歯ぎしり対策にも利用されることがありますね。では、このマウスピースを一体どのように使って歯列矯正を行うのでしょうか。

マウスピース矯正ってどうやるの?

同じマウスピースを装着し続けるのではなく、2~3週間に1度くらいのペースで新しいマウスピースに交換しながら装着を続けます。マウスピースが最終的に理想とする歯並びの形となるように、交換する度に少しずつ形を変えていくというのがポイント。こうすることで、マウスピースの形の変化に合わせて、歯も少しずつ動いていくというわけです。
また、マウスピース自体は透明で厚みがあまりないものなので、装着していてもほとんど目立ちません。ポリウレタンなどプラスチック系の素材でできているので、金属アレルギーの方も安心して使用できます。

装着時間

1日20時間以上装着します。食事のときと歯磨きのときは外して、それ以外の時間は装着し続けるというイメージ。取り外したあと、装着し忘れないように注意が必要ですね。

対応できる症例

まだ、比較的簡単な症例に使われることの方が多いです。デコボコとした歯並びや八重歯など、あまり歯を動かさなくても改善できる症例のときによく選ばれています。

マウスピースを利用して歯列矯正をした場合、考えられるメリットとデメリットは以下の通り。

メリット

・透明なので見た目が気にならない
・装着時の痛みや違和感が少ない
・取り外しができる

透明であるというだけでなく、その薄さからよく目を凝らして見ないと装着していることがわかりません。金属よりは柔らかいので、口内に痛みを感じることも少ないようですね。20時間以上の装着は必須ですが、取り外しができるというのも便利。食事は今まで通り楽しめますし、本当に必要なときに自分の判断で取り外すことができるというのは、ほかの矯正方法にはない特徴です。

デメリット

・自分で取り外しするので矯正を怠りがちになる
・虫歯になりやすい

取り外しができて便利な反面、装着し忘れることで治療期間が延びてしまうリスクが。一定の時間が過ぎたらアラームを鳴らすなど、装着し忘れのないよう自分で工夫することが大切です。装着前と比べると虫歯リスクが高まりますので、丁寧な歯磨きのほか、定期的に歯科医院でクリーニングを受けることも必要でしょう。

マウスピース矯正はアメリカの方が進歩しており、改善が難しい症例にも積極的に用いられています。日本もその影響を受け、少しずつマウスピース矯正で改善可能な症例が増えてきているようです。
これからマウスピースで対応できる症例がどんどん増えていって、どんな症例であってもマウスピース矯正が選択できるようになるといいですよね!

気になるところだけ矯正できる!?部分矯正とは

「前歯さえなんとかできれば気にならないのに…」
このように考えている方、少なくないと思います。人目につく、前歯部分の歯並びだけが気になるというケースは案外多いもの。だから、「部分矯正」というものが存在しているんですね。

部分矯正でできること

すきっ歯・出っ歯・軽度のデコボコの改善が可能。特にすきっ歯や出っ歯は、前歯の2本だけを治せば気にならなくなる場合が多いので、部分矯正が用いられることが多いです。噛み合わせの悪さが気になるときは全体の矯正が必要ですが、そうでなければ部分矯正でも十分な効果を得られるでしょう。
また、前述で紹介した「裏側矯正」と「マウスピース矯正」は部分矯正でも利用できる手法です。

費用も時間も節約できる

部分矯正を選択することのメリットは、費用と時間を節約できるということ。全体に矯正をするのに比べて必要な装置が小さくなるので、その分費用は安くなります。だいたい全体矯正の3分の1程度の費用となることが多いでしょう。さらに、1年以上は掛かる全体矯正に対して、部分矯正は1年以内に完了することがほとんど。気になる部分をさっと治す、これが部分矯正なのです。

治したい症状によっては選択することができませんが、「前歯だけ、なるべく短期間でなんとかしたい!」という方にはとてもおすすめの部分矯正。裏側矯正やマウスピース矯正といった手法を選択すれば、治療中の見た目も気にならないですね。

より進化した部分矯正!インプラント矯正という方法

1本単位でできる部分矯正、それが「インプラント矯正」です。インプラントとは、人工歯根を埋め込んで人工歯を取り付けるという手法であり、これを応用したのがインプラント矯正。ごく小さなネジのようなもの(=インプラント)を気になる歯のそばに埋め込み、力を加えることによって歯並びを整えていくという方法です。
必要な部分だけを動かすので治療期間も短いですし、口内の違和感も少ないというのが大きなメリットでしょうか。早めに治療を終わらせたい、滑舌に影響が出ると困るという方には最適な方法ですね。

ただし、まだ登場したばかりの手法ですので、治療可能な歯科医院は少なく費用も高めです。また、インプラント矯正では対応できない症例もいくつかあります。

見た目が気になりにくいうえに、比較的短期間で済む部分矯正。対応可能な症例であれば、人から気付かれることなく矯正を完了させることができるかもしれませんね。

目立たない矯正器具を使えばばれずに矯正可能!

歯科治療の技術はどんどん向上しており、歯列矯正はより目立たず違和感が少ないように進化しています。そのため、見た目を気にすることなく歯列矯正を行うことは可能なのです。
特に、前歯だけ気になるといったような部分的な歯並びの悩みであれば、矯正装置の見た目が気にならないケースの方が多いでしょうね。だから、矯正装置の見た目が気になるという理由で治療に踏み切れていない人はもったいないです!まずは医師に相談しましょう。

  • 監修医吉野 真弘
  • 医院名:COJI DENTAL OFFICE
  • 住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1-1-10
COJI DENTAL OFFICEの詳細はこちら

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP