魅力的なポイントが多いインプラント義歯とは? kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

魅力的なポイントが多いインプラント義歯とは?

自分の歯を失ってしまった場合でも、インプラント義歯の治療を受けることが可能です。では、差し歯や入れ歯、ブリッジなどの治療と何がどう違うのでしょうか?一緒に治療内容を確認してみましょう。

入れ歯や差し歯よりもインプラント義歯!メリット・デメリットを知ろう

自分の歯を全て失ってしまっても、インプラント義歯治療を受けることができます。保険の適用されるインプラント義歯もあるので、まずは条件をクリアしているか確認してみましょう。

保険適用治療になる可能性も!インプラント義歯とは

インプラント義歯って、どんなものか知っていますか?正式名称は『インプラントオーバーデンチャー』。アゴの骨に埋め込んだインプラント体(人工歯根)を支えとし義歯を固定することによって、より高い安定感が得られる治療法です。義歯が安定せずに、食事や会話において不便を感じている方には最適な方法と言えるでしょう。
では、このインプラント義歯による治療は、どのような場合に保険適用となるのでしょうか?

保険が適用される場合って?

平成24年の4月から、広範囲のアゴの骨を病気や事故などで失ってしまった場合に、国が定めた一定の条件をクリアすれば、インプラント義歯の治療に保険が適用されるようです。
保険が適用となるケースは以下の通り。

下記のいずれかに該当し、ブリッジや入れ歯などの治療では回復が難しいと診断された場合に適用となります。
●腫瘍や顎骨骨髄炎などの病気や、事故の外傷などによって、広範囲にわたり(※)顎の骨を失ってしまった状態
●もしくはこれらが骨移植によって顎の骨が再建された状態であること
●医科の保険医療機関の主治医によって、先天性疾患(うまれつきの病気)と診断され、顎の骨の1/3以上が連続して欠損している状態
●顎の骨の形成不全であること

引用元:インプラントネット|どのような場合に適用されるのか

治療を受けられる歯科は限られている!

下記の条件をすべて満たし、国から認められた施設であれば、治療を受けることができます。
病院(入院用のベッドが20床以上ある施設)にある歯科または口腔外科であること
下記のどちらかに該当する歯科医師が、常勤で2名以上配置されていること
1.その病院の歯科、または口腔外科で5年以上の治療経験を有するもの
2.インプラント義歯の治療経験を3年以上有するもの
当直体制が整備されていること
国が定めている医療機器や医薬品などの管理が整備されていること

引用元:インプラントネット|どこで治療を受けられるのか

上記で記載しているように、一般の歯科医院で保険適用のうえ、インプラント義歯治療を受けることは現状難しいようです。しかし、相談や疑問は解決できる事が多いようなので、通っている歯科医院に相談してみると良いでしょう。

入れ歯が安定しない人にもおすすめ!インプラント義歯のメリット

それでは、インプラント義歯をするメリットには、どんなことがあるのかを確認してみましょう。

メリット1 固定力

インプラント義歯は、アゴの骨に直接インプラント体を埋め入れるため、しっかりと固定され動くことがありません。それにより、自分の歯を使っているような噛み心地で食べ物を噛む事ができます。

メリット2 コスト

通常のインプラントと比べると、固定するインプラント体の数が少なくて済むので、全体の治療費を抑えることができるようです。

メリット3 メインテナンス

治療後の義歯は、患者自身が必要に応じて簡単に取り外しすることができます。ですから、メインテナンスがとても楽に行なえるようです。

メリット4 手術の負担

全部の歯をインプラント義歯にするというのは大変そうに聞こえますが、特別大きな手術は必要ありません。なので、身体にかかる負担も少なく安心して行なえる治療です。

注意しよう!インプラント義歯の注意すべき点

インプラント義歯治療を行なう際には、注意点があるので一緒に確認してみましょう。

注意点1 手術

1~2時間程度の簡単な手術が必要になります。麻酔して手術を行なうので、身体にかかる負担も少ないようです。

注意点2 治療期間

通常のインプラント同様に、アゴの骨とインプラント体がしっかりと結合するまで2~6ヶ月程度かかるため、全体の治療にかかる期間が数ヶ月~1年程度必要になります。

注意点3 全ての人が行なえる訳ではない

インプラント義歯は、アゴの骨やメインテナンスの状態など確認し、治療が行なえるのか判断します。ですから、治療が向いていないと判断されることもあるようなので確認が必要です。

注意点4 治療費

保険がきく場合もありますが、保険適用外だと全体の治療費がかかってしまいます。ですが、1本1本を治療する場合に比べると、全体の歯を一気に治療できるインプラント義歯治療にかかり費用は安いようです。

メリットの方が多いインプラント義歯

インプラント義歯はメリットもデメリットも存在しています。入れ歯が安定しなくて悩んでいる人でも利用できますし、固定力やコストなどの面から考慮してもとても使いやすいようです。もちろん、上記にもあるようにデメリットもありますが、個人的には将来性を考えてインプラント義歯にしようかなと思えるようになりました。施術場所が限られているので、治療を受けたいと思っている方はインターネットで検索してから行動するようにしましょう。

  • 監修医宮田 昌和
  • 医院名:デンタルオフィス下北沢
  • 住所:東京都世田谷区代田6-6-1-2F
デンタルオフィス下北沢の詳細はこちら

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP