インプラントと差し歯の違いから自分に合う物を選択する kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

インプラントと差し歯の違いから自分に合う物を選択する

歯を失った場合、代わりとなる歯を新たに付ける治療方法は増えています。インプラントや差し歯、ブリッジなどがあり、それぞれが一長一短の特徴を持っているので、その違いをきちんと把握することが重要となります。

入れ歯やブリッジと比較してみよう

失った歯を取り戻す治療には、入れ歯やブリッジといった方法もあります。では、入れ歯やブリッジなどの治療とインプラント治療どのような違いがあるのか比べてみましょう。

費用

入れ歯

総入れ歯を行なった際、保険適用がされるので1万円前後になります。

ブリッジ

ブリッジ治療の場合も保険が適用されます。なので、治療にかかる費用は数千円~1万5千円です。

インプラント

インプラント治療の場合は、保険が適用されないので、1本あたり30万~40万円程度と言われています。

咀嚼力

入れ歯

入れ歯は健康な自分の歯の時と比較すると、とても噛む力が落ちてしまいます。また、入れ歯をし続けると、すり減ったりするため少しずつ自分の口に合わなくなってきます。ですから、噛む力がどんどん落ちてくるようです。

ブリッジ・インプラント

ブリッジとインプラントは、健康な自分の歯と同じような噛む力を取り戻すことができます。

審美性

入れ歯

総入れ歯の場合、見た目は気にならないようです。しかし、部分入れ歯の場合は、金属部分が目立ってしまうので審美性が悪くなってしまいます。

ブリッジ

保険の適用範囲内の治療の場合、場所によっては銀歯のブリッジになるようです。また、同じ保険適用内の素材には、白い色をしたプラスチック素材の治療もありますが、見た目があまり良くありません。

インプラント

インプラント治療の場合は、上部構造の種類も豊富なため、見た目も良く天然の歯のような審美性を取り戻すことが可能です。

治療期間

入れ歯

人によって、歯の状態によって治療期間が異なりますが、型取りを初めてから完成まで3週間~1ヶ月程度の治療期間がかかるようです。

ブリッジ

ブリッジ治療の場合も、歯の状態によって期間が異なりますが、平均して1~3ヶ月程度の治療期間が必要な様です。

インプラント

インプラント治療の場合、入れ歯やブリッジよりも比較的長い治療期間が必要になります。それと比例して、通院する回数も多くなります。この治療はアゴの骨にしっかりとインプラント体が結合するのに時間がかかるため、人によって治療期間にバラつきがありますが、平均して数ヶ月~1年程度の治療期間が必要になるようです。

治療方法

入れ歯

総入れ歯を作る時の大まかな流れです。
・上下の型取り
・噛み合わせの調整
・歯を並べ、実際に患者の口に合わせて細かく調整し完了
上記の工程に加え、抜歯なども進めていきます。

ブリッジ

ブリッジ治療の大まかな流れです。
・歯の抜歯
・ブリッジの土台となる両隣の歯の治療
・ブリッジの土台となる歯を削り整え、仮歯を入れる
・ブリッジの型取り
・完成したブリッジを調整して、噛み合わせを調整し完了

インプラント

入れ歯やブリッジと違い、インプラント治療は外科手術が必要になります。では、インプラント治療の大まかな流れを確認しましょう。
・精密検査後、アゴの骨や歯の状態を確認し治療プランを立てる
・1回目の手術。インプラント体を埋入する
・定着期間のため、3~6ヶ月程度の期間待つ
・ 2回目の手術。アバットメントの装着。
・ インプラントの型取り
・上部構造の装着完了

寿命

入れ歯

入れ歯の寿命は平均し3~5年程度といわれていますが、メインテナンスの状態によって個人差が出てきます。

ブリッジ

ブリッジ治療の寿命は、平均して7~8年程度。入れ歯と同じくメインテナンスの状態で差が出るようです。

インプラント

インプラントの使用10年での残存率は、累積で90%以上。このことから、インプラントの寿命は10年以上であると言えます。適切なメインテナンスを欠かさずに行なっていれば、より長く使い続けることができるでしょう。

意外と理解していない人が多い!インプラントと差し歯の違い

似ている様で全く違うインプラントと差し歯ですが、しっかりと区別を付けて理解していますか?ここでは、インプラントと差し歯の違いについて調べてみたので、一緒に確認していきましょう。

差し歯とは

差し歯は天然の歯根の中に土台となる金属かグラスファイバーを埋め込み、その上に人工の歯を装着させるという治療法。虫歯で歯の上部を大きく削った場合などに適用されます。天然の歯根が残っていることが必要なので、歯を失ってしまった場合には差し歯による治療は選択することができません。

差し歯とインプラントの大きな違い

その1 治療方法が違う

インプラント

アゴの骨に人工歯根のインプラント体を埋め入れ、アバットメントや上部構造の人工歯を装着させて治療を行ないます。ですから、完全に歯を失ってしまった場合でも治療をすることができるのです。

差し歯

差し歯の治療は、虫歯になってしまっているけど、歯根が元気に残っている場合に有効な治療方法です。虫歯になっている部分を削り、残っている歯根部分の神経を取り除きます。さらにその歯根部分に金属を埋め込み土台を作っていき、最後にその金属部分の上に差し歯を装着させる治療方法です。

その2 治療期間

インプラント

インプラントの場合、上記でも記載しているようにアゴの骨にインプラント体を結合させる期間が必要なので、治療期間が長くかかってしまいます。平均して数ヶ月~1年程度。

差し歯

差し歯の治療期間はそれほど長くありません。時間に都合が付くのであれば、平均して2~3週間という短期間で治療を行なえるようです。

その3 差し歯にも保険診療と自由診療がある

インプラント

インプラント治療は、一定の条件をクリアしていない場合保険適用外になってしまいます。ですから、1本の治療にかかる平均費用は30万~40万円程度とされているようです。

差し歯

差し歯治療は保険が適用されるため、比較的安い費用で治療が行なえます。保険範囲内の場合、1本の治療にかかる平均費用は3千~8千円程度。保険外の差し歯治療を選んだとしても、1本4万~12万円程度のようです。

その4 仕上がり・見た目

インプラント

インプラントは治療後の見た目がとても自然かつ綺麗で、自分の歯と比べても、どの歯を治療したのか分からないくらいの仕上がりが期待できます。また、見た目だけでなく、噛み心地まで自分の歯のようだというのも大きな特徴でしょう。インプラントは治療が完了したあとも、毎日のセルフケアに加えて、定期的に歯科医院でのメインテナンスを受ける必要があります。

差し歯

差し歯も治療後の見た目は、インプラントと同様に綺麗です。自分の歯の色に合わせて作られるので、違和感もほとんどないでしょう。手入れに関しては毎日のブラッシングで十分とされているので手軽ですが、差し歯が変色してしまったり歯根の中が傷んだりした場合は、歯科医院での治療が必要になります。

歯根が残っていない人に差し歯は不向き

差し歯の治療は、歯根が元気に残っていない場合は治療を行なうことができません。ですから、歯根が無い場合はインプラント治療になります。

差し歯とインプラントは似ているようで、違うものということが分かってもらえたでしょうか?どちらの治療が自分に適しているのかという判断は、担当医師としっかり相談して判断してもらうと良いですね。

治療を受ける前にきちんと違いを理解しておく

失ってしまった歯を取り戻す為、インプラントの治療を行なう前に、差し歯や入れ歯、ブリッジとの違いを確認できたでしょうか?外科手術が必要だったり、他の治療よりも費用がかかったりしてしまうという点もありますが、インプラント治療は『歯根を含めた歯全体』を失ってしまった場合でも、自分の歯を取り戻せる治療の一つです。また、その噛み心地まで取り戻せるメリットがあるのはインプラント治療だからできること。私はやはり差し歯や入れ歯、ブリッジよりも優れている『インプラント治療』をオススメします。

  • 監修医宮田 昌和
  • 医院名:デンタルオフィス下北沢
  • 住所:東京都世田谷区代田6-6-1-2F
デンタルオフィス下北沢の詳細はこちら

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP