歯茎下がりに要注意~遊離歯肉移植術~ kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯茎下がりに要注意~遊離歯肉移植術~

歯周病や加齢に伴い、多くの人は歯茎が下がってきます。一度下がった歯茎は、手術をすることで元の綺麗な歯茎に戻すことができます。どのような方法で行なわれるのか詳しく紹介していきましょう。

歯茎の痩せ・衰えは元に戻せるのか?

口内で起こるトラブルは、何も歯だけに限ったことではありません。例えば、歯を支える歯茎ですが細菌や加齢による影響で、痩せて衰えることがあります。そうなると歯茎が下がり、歯が露出して長く見えます。

また、歯周ポケットの溝が深まり歯を支えられなくなります。歯茎下がりや衰えは、歯の寿命に関係してくる原因と言っても過言ではないでしょう。

しかし、下がった歯茎は再生手術で改善することが可能となっています。どのような手術で歯茎を再生していくのか、詳しく見ていきましょう。

歯茎再生の方法について【歯肉移植手術法】

歯茎の再生と聞くと、大掛かりな手術をイメージされる方もいるでしょう。
確かに外科手術を要する方法もありますが、2、3時間で終えるポピュラーなものもあります。
それぞれの方法にどのような特徴があるのか、仕組みを比較してみましょう。

技法1 結合組織移植術【けつごうそしきいしょくじゅつ】

専門用語ではCTG法(connective tissue graft)などと言われています。
上顎の口蓋を切開して、上皮をめくりその中の結合組織を採取して移植を行ないます。
この技法なら歯茎が痩せて薄くなっていても、健康な厚みにまで再生させることができます。

技法2 組織再生療法【そしきさいせいりょうほう】

専門用語ではGTR法(guided tissue regeneration) などと言われています。
この技法では人工膜を用いて、空洞化した歯周組織の再生を促がします。
歯周組織が再生された後は、再度切開して人工膜を取り除くことになります。

技法3 遊離歯肉移植術【ゆうりしにくいしょくじゅつ】

専門用語ではFGG法(free gingival graft) などと言われています。
CTG法と似た技法になりますが、FGG法では上皮ごと移植を行なっていきます。
数か月経つ頃には移植部分と癒着(ゆちゃく)して、しっかりとした歯茎になって再生されます。

技法4 ヒアルロン酸治療

シワ改善などに使用されるヒアルロン酸を、歯茎に注入して再生を促がす技法になります。
ヒアルロン酸の注入で歯茎に弾力を与え、歯肉に厚みを持たせることができます。
しかし、ヒアルロン酸は体内に吸収されるため、定期的に注入する必要があります。

主な歯茎再生の技法は上記の通りです。
この他にも歯茎の治療法として矯正や噛み合わせの調整も有効だと考えられています。
現在のところ、歯科で行なわれる歯茎再生手術は、遊離歯肉移植術が一般的となっています。
遊離歯肉移植術がどのように行なわれるのか、次で詳しく解説していきたいと思います。

歯茎下がりにSTOP【遊離歯肉移植術】

遊離歯肉移植術(ゆうりしにくいしょくじゅつ)は歯茎再生の手術として一般的だと言われています。
移植と聞くと不安を抱く方もいらっしゃいますが、手術自体は2時間ほどで終えます。
どのような流れで手術が行なわれるのか、STEPごとに分けてみていきましょう。

歯茎再生で一般的な遊離歯肉移植術とは?

STEP1 移植部分の確認

歯の根元が露出している部分を中心に、歯肉の移植を行なっていきます。
他にも歯茎が硬く、痩せている部分も移植場所の対象となります。

STEP2

移植する歯肉は上顎の口蓋を部分から剥離します。
必要なサイズに合わせて剥離して、移植部分に縫合していきます。

STEP3

縫合部分は1週間ほどで癒着します。
術後の経過をみながら抜歯を行なえば、遊離歯肉移植術の完了です。

遊離歯肉移植術の手術は、麻酔を使用して行なうので痛みを感じることはありません。
術後は移植部分がしみたり、縫合の糸が気になることもあるでしょう。
しかし、術後1週間程度で抜糸が行なえるので、歯茎の再生に実感がわくことでしょう。
遊離歯肉移植術の手術が完了した後は、定期検診や歯磨きなどしっかり行ない歯茎を守りましょう!

歯茎再生に必要な費用が知りたい!

歯肉再生治療は一部保険も適用されますが、自由診療が一般的です。
そのため、費用はクリニックによって異なるので、平均的な相場を事前に把握しておきましょう。

歯茎再生にはいくらくらいかかるの?

歯茎再生方法 平均相場価格(税抜き)
結合組織移植術(CTG法) 50,000円~/箇所
組織再生療法(GTR法) 70,000円~/箇所
遊離歯肉移植術(FGG法) 50,000円~/箇所
ヒアルロン酸治療 10, 000円~/0.1cc

引用元:治療費|歯周病専門外来 たけのうち歯科クリニック

歯茎再生の手術で発生する費用は上記の通りとなっていますが、あくまでも目安として認識して下さい。
また、上記の価格は1箇所あたりの価格なので、移植部分が多くなると当然費用も違ってきます。
クリニックによって料金には差があるので、問い合わせておくことも大事です。

歯茎再生まとめ【遊離歯肉移植術】

歯茎が下がり歯根が露出してしまうと、年齢以上に老けた印象を与えてしまいます。また、見た目だけでなく、虫歯や歯周病の重篤化のリスクも高くなるのです。

歯茎の衰えは自然に戻ることが難しいため、再生させるためには歯肉移植が必要となるでしょう。歯科で行なわれる再生手術はいくつかありますが、遊離歯肉移植術(FGG法)が主流となっています。

多少高額な治療費が発生しますが、歯茎は歯を支える大事な土台です。歯の寿命を保つためにも、遊離歯肉移植術は歯茎ケアの要となる手術となるでしょう。

最近歯茎下がりが気になりだした、そのような不安を抱えている方は、一度歯科で相談してみると良いですよ。

  • 監修医吉野 真弘
  • 医院名:COJI DENTAL OFFICE
  • 住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1-1-10
COJI DENTAL OFFICEの詳細はこちら

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP