歯磨き粉や重曹ではオフィスホワイトニングのような白さにならない! kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

歯磨き粉や重曹ではオフィスホワイトニングのような白さにならない!

歯科専門サロンで行うホワイトニングを「オフィスホワイトニング」といいます。オフィスホワイトニングを受けると、輝くような白い歯を得ることができます。どのような方法でホワイトニングが行なわれるのか、詳しい詳細をご紹介していきます!

オフィスホワイトニングで白さを実感!

白く美しい歯は清潔感にあふれ、笑顔をより一層引き立ててくれます。

しかし歯の白さは歯磨きだけでは維持できず、徐々に黄ばんだりくすんだりしていくのです。そこで頼りになるのが【オフィスホワイトニング】なのです!

オフィスホワイトニングとは、歯科や専門サロンで行なう歯のホワイトニングの一種です。
高濃度の過酸化水素水が含まれているので、市販のホワイトニンググッズでは出せない白さを再現することが可能です。

「くすみや黄ばみを一層したい!」そう考えている方のために、オフィスホワイトニングの詳細を解説していきます。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

オフィスホワイトニングには様々なメリットがありますが、同時にデメリットも存在しています。
オフィスホワイトニングが自分に合う最適なホワイトニングなのか、比較しながら考えてみましょう。

オフィスホワイトニング4つのメリット

メリット1 短期間で可能

1度のオフィスホワイトニングにかかる時間は、およそ1時間程度となっています。
ベーシックなプランなら30分前後、プレミアムプランでも1時間前後です。
初めてのオフィスホワイトニングの場合、カウンセリング等があるので2時間ほどの滞在といったところです。
これほど短時間であれば、会社帰りやちょっとした空き時間に通うことが可能ですね!

メリット2 手間いらず

オフィスホワイトニングを受ける場合、歯科やサロンで対応してもらうことになります。
薬剤の塗布や照射作業も、医師や看護師など専門担当者が行なってくれます。
リラックスしている間に、オフィスホワイトニングが終了していたという状況も珍しくはありません。

メリット3 安全性

衛生管理が整った環境下の元、医師や看護師がホワイトニングの処置を行なってくれます。
処置前のクリーニングや、薬剤の除去まで全て行なってくれるので、歯肉を傷つける心配もありません。
プロに任せてホワイトニングしたい、そのように考えている方にはオススメの方法です。

メリット4 白さの追求

オフィスホワイトニングは、高濃度の薬剤を使用するので1度の処置で白さが実感できます。
個人差はありますが、数回のオフィスホワイトニングで理想の白さを目指せるのです。
シェードガイドと呼ばれる色の見本によれば、日本人の歯の色素はA3~A3.5レベルです。
このガイド上で最も白いレベルがB1ですが、オフィスホワイトニングならこのレベルまで白くすることも可能です。

オフィスホワイトニング3つのデメリット

デメリット1  強力な薬剤の使用

オフィスホワイトニングを受けると、まれに痛みが発生します。
知覚過敏に似た症状が現れ、冷たいものや歯磨きの際に刺激を感じてしまうといったケースです。
虫歯や歯周病による影響の可能性が高く、その場合は歯科治療が優先されてしまいます。

デメリット2  定期的なケアの必要性

オフィスホワイトニングの効果は、永久的ではないため定期的なメンテナンスが必要です。
年に数回通ってホワイトニングを行ないましょう。

デメリット3  持続効果が短い

オフィスホワイトニングは、持続効果が短いことがデメリットだと言えます。
3ヶ月~半年ほどで白さが軽減してしまうので、再度ホワイトニングを行なうことになります。

オフィスホワイトニングのメリットは時間や手間の削減が可能だということ。
一方、デメリットは効果の持続が短いため、定期的なメンテナンスが必要だということです。
どのようなホワイトニングも効果の持続は永久ではないので、それを踏まえて考えるとデメリットというほどのことではないでしょう。

オフィスホワイトニングの始め方

実際にどのような工程でオフィスホワイトニングが行なわれているのでしょうか?
ホワイトニングの処置が行なわれる工程を、各ステップごとで紹介していきたいと思います。

オフィスホワイトニングの流れ7つのステップ

ステップ1 問診と検査

初診の場合医師による問診、口腔内の検査を行ないます。
虫歯や歯周病など、異常がなければホワイトニング開始です!

ステップ2 歯の汚れ落とし

ホワイトニングを行なう部分の、歯石やヤニなどを除去していきます。
歯磨きでは落とせない、細かな汚れも丁寧に除去してくれます。

ステップ3 開口器具を装着

薬剤塗布の際、開口状態を維持する必要があるので専用器具を装着します。
固定式なので口に力を入れる必要もなく、装着しておくだけで口を開くことができます。

ステップ4 薬剤を塗布

歯茎に保護用のジェルを塗布した後、過酸化水素を含む薬剤を歯に塗布していきます。
過酸化水素はクリニックでのみ取り扱えるので、1度で白さが実感できるのです。

ステップ5 ライトの照射

専用のサングラスを装着して、照射ライトから目を保護した後はいよいよホワイトニングスタートです。
照射時間や照射機器には違いがありますが、1度の照射は15分~30分程度となっています。

ステップ6 薬剤を洗い流す

1度照射が終われば、一旦口の中をゆすぎ薬剤を洗い流します。
このプロセスを2回~3回繰り返すと、オフィスホワイトニングの完了です。

ステップ7 完了

ホワイトニングの処置が完了したら、仕上がりを確認して注意事項の説明を受けます。
食事やホームケアの方法など、ホワイトニングの効果を持続させるためのアドバイが聞けます。

オフィスホワイトニングで行なわれる作業は、上記のステップのような流れで行なわれています。
リニックによってはさらに細かい処置があるので、事前にチェックしておきましょう。

オフィスホワイトニングの費用はいくら必要?

オフィスホワイトニングの持続期間は半年程度と永久的ではありませんが、年2回ほどのメンテナンスで輝くような白い歯を維持することができます。
そうなると気になってくるのがコスト面ですが、以下のようにまとめてみました。

オフィスホワイトニングの料金相場

クリニック 一般歯科 ホワイトニング専門歯科
費用/1回あたり 15,000円~50,000円 5,000円~30,000円
合計コスト/年2回 30,000円~100,000円 10,000円~60,000円

クリニックごとでシステムが異なるため、オフィスホワイトニングの料金は大まかな相場となっています。
上記の料金内で、全体の歯をホワイトニングできるクリニックもありますが、1本ずつのホワイトニングに料金が発生するクリニックもあります。
ホワイトニングの処置を行なう前に、どのようなシステムで料金が発生するのか確認しておきましょう。
また、クリニックが行なっているキャンペーン企画や発行クーポン券を利用すると、いくらか割引となり安くホワイトニングを受けることもできます。

オフィスホワイトニングが台無し?注意すべき4つのポイント

歯の白さが実感できるオフィスホワイトニングですが、実は注意しなければならないことがあります。
それを以下のようにまとめてみたので、ホワイトニングを検討中の方は目と通しておいてくださいね。

オフィスホワイトニング後の注意点

注意1 飲食

ホワイトニング後は30分~1時間、飲食を避けることをオススメします。
特に、色素の濃い食物や飲み物、酸性の食品は注意が必要です!
酷い場合は脱灰という現象が起こり、歯の表面に影響を与えてしまいます。
24時間内は飲食に注意して過ごすように意識してみて下さい。

注意2 喫煙

タバコに含まれるタールは、非常に沈着しやすいためホワイトニング後は喫煙を避けるべきです。
ホワイトニングによって歯表面の、ペクリル層がはがれているので24時間以内は我慢しましょう。
どうしても喫煙したくなった場合は、1、2本に留めるように努力して下さい。

注意3 ケア用品

ホワイトニング後の歯は非常にデリケートです。
そのため、例え歯に良いとされるケア用品でも、思わぬトラブルの原因になってしまうのです。
特に研磨剤入りの歯磨き粉や、ミント香料やアルコールが含まれたケア用品の使用は控えましょう。

オフィスホワイトニングが受けられない人もいる!

以下のような方は、オフィスホワイトニングを受けることができません。

① 妊婦・授乳中の方
②エナメル質形成不全症・象牙質形成不全症
③無カタラーゼ症
④人工歯・詰め物が多い方
⑤未成年の方

妊婦の方、または授乳中の方は胎児への影響がない状態になればオフィスホワイトニングが可能です。
しかし、疾患を抱えている方は、オフィスホワイトニング以外の方法で対処することになります。
いずれにしてもオフィスホワイトニング前はカウンセリングを行なうので、医師と相談して処置を受けましょう。

【オフィスホワイトニングまとめ】白い歯は歯科で維持できる!

オフィスホワイトニングは、歯に白さと輝きを与えてくれる歯のホワイトニングです。
自分では除去できない歯の黄ばみ、くすみも1度の処置で白さを与えてくれます。
効果の持続は永久でないものの、年に数回通えば輝くような白さを維持することも可能です。
セルフメンテナンスと合わせて、オフィスホワイトニングで歯の白さを実感してみましょう!

  • 監修医吉野 真弘
  • 医院名:COJI DENTAL OFFICE
  • 住所:埼玉県さいたま市浦和区仲町1-1-10
COJI DENTAL OFFICEの詳細はこちら

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP