恐ろしい歯周病の症状と治し方を知ろう! kiki DENTAL(キキデンタル)|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

恐ろしい歯周病の症状と治し方を知ろう!

日本人の約8割が歯周病にかかっているって知っていましたか?歯周病にかかってしまうと、歯茎が腫れたり出血をしたり、口臭がキツくなったりしてしまいます!放置していると症状がどんどん進行して、最終的には歯を失ってしまう羽目になりかねません!こちらでは適切な治療法や、家庭で出来る治療法などを紹介していきます!

進行度別に見る症状と治療方法

歯周病は進行度によって適切な対処方法が違います!進行度は「軽度」「中程度」「重度」の3ステージがありますので、それぞれの症状と最適な治し方をみて行きましょう。

①軽度の歯周病

・症状
歯と歯肉の間や、歯と歯の隙間についた歯垢によって炎症の症状が起き、歯肉が赤く腫れたり、歯磨きの際に歯肉から出血の症状が現われます。
・治療法
軽度の歯周病の場合は歯肉や歯石をしっかり除去することによって治療をすることができます。歯科クリニックに行って歯の掃除をしてもらうといいでしょう。
また、適切な方法で歯磨きをすることが非常に大切となります。歯磨きの指導を受けて、日頃のオーラルケアの品質を向上させれば再発を防止できます。

②中程度の歯周病

・症状
歯肉だけでなく、歯を支えている骨にも炎症が生じ、徐々に骨が溶けていきます。骨が溶けると歯と歯肉の間にある歯周ポケットと呼ばれる溝が深くなり、歯周ポケット内に入り込んだ歯垢や歯石の除去は歯磨きでは難しく症状の進行が速くなります。
この時点では痛みはありませんが、歯肉が下がるなど目に見えた変化もあります。
・治療法
歯周ポケットの深くまでもぐりこんだプラークを除去する歯肉縁下スケーリングという治療が必要になります。痛みを無くすために麻酔を施し、綺麗に歯垢を除去した後にプラークが表面上に付着しにくくする処置が行なわれます。

③重度の歯周病

・症状
歯を支える骨の三分の二以上が溶けてしまい、歯周ポケットが非常に深くなります。食事の際に咀嚼(そしゃく)に影響が出るほど歯がグラグラと動いて食べづらくなります。
痛みが生じるだけでなく、膿や血が出て、口内がネバネバとして大変不快です。更に進行すると歯を支える骨が完全になくなり、軟組織だけで支えられた状態になり、最終的には抜け落ちてしまいます。
・治療方法
歯周病が進行すると、奥深くにある歯の根っこに歯石が付着しているため、取り除くために外科手術が必要になります。歯肉をめくり、歯の根っこを露出させてから歯石除去を行います。
その他に、歯を支える骨を回復する再生療法や、歯のぐらつきを抑える刺繍補綴といった治療が行われます。手遅れになって歯を残せる見込みがなくなった場合は抜歯が行なわれます。

歯周病は進行すればするほど治療が大掛かりになって、費用も体への負担も大きくなってしまいます。歯肉をめくる・・なんて治療は絶対にしたくないですよね。出来ることなら軽度の段階で治療を済ませたいものです。

自宅でできる歯周病の治し方

軽度の歯周病であれば、日頃の歯磨き改善することで治療することができますよ!歯周病を治療するために、歯磨きをする際に気をつけたいポイントをみて行きましょう。

POINT①適切な歯ブラシを選ぶ

口内の状態に合った歯ブラシの選ぶことは非常に大切です。硬い歯ブラシを選ぶとしっかり歯垢を除去することができますが、歯肉が腫れている場合は痛みや出血が生じます。
柔らかい歯ブラシでしっかりと歯垢を除去して、晴れが落ち着いてから硬めの歯ブラシでしっかり歯垢を除去しましょう。毛先は歯周ポケットの奥まで届く先端が細いテーパー状のものがおすすめです!
また、ヘッド部分は大きいものよりも小さいものの方が奥歯まで届いてしっかり汚れが取れます。

POINT②「バス法」で磨く

様々な歯磨きの方法があるなか、最も歯周病の改善に効果があると言われているのがバス法という磨き方です。歯ブラシの毛先を、歯と歯茎の間に45度の角度で入れるように磨く方法です。あまり強くこすりすぎると血が出たり歯茎が傷んだりしてしまいますので、優しく小刻みに振動させるように磨いていきましょう。

POINT➂歯磨き粉を選ぶ

歯磨き粉の中には、殺菌力が高く、口内にいる歯周病菌を効率よく殺菌してくれるものもあります。また、虫歯予防に効果があることで知られているフッ素にも、歯周病を予防する効果があると言われています。市販されている歯磨き粉の中にもフッ素が含まれているものが数多くありますので、優先的に選ぶと良いでしょう。

ポイント④夜の歯磨きは念入りに!

就寝中は唾液の分泌量が減少し、細菌が増殖しやすい口内環境になっています。就寝前の歯磨きをおろそかにしてしまうと、就寝中に歯周病菌が増殖して症状を進行させてしまいます。眠る前の歯磨きを徹底的に行うことで、歯周病を治療することができます。

歯だけじゃない!?全身の健康にも悪影響を及ぼします!

歯周病は口内の病気ですが、症状が進行すると全身の健康にも悪い影響があります。歯周病が進行することでどのような症状が起こるかを知っておきましょう。

①糖尿病

歯周病と糖尿病はお互いに関係しあっていると言われています。歯周病菌によって生み出された炎症物質がインスリンの働きを弱め、糖尿病を誘発したり悪化させたりしてしまいます。
また、糖尿病により毛細血管の状態が悪くなると、歯周病菌への抵抗力が低くなり歯周病が悪化してしまいます。

②脳梗塞

歯周病原因菌による刺激を受けると、血管内に動脈硬化を誘導する物質が分泌され脳梗塞のリスクが高まります。
歯周病の方はそうでない方よりも2.8倍も脳梗塞になるリスクが高いと言われています。脳梗塞の他にも、狭心症や心筋梗塞といった死に直結する病気のリスクも高めますので、命を守るためにも歯周病を改善しましょう。

➂早産・低体重児出産

歯周病菌が作り出す炎症物質の中には、子宮を収縮させる物質が含まれており早産のリスクを高めてしまいます。
妊娠中はつわりで食事が不規則になり歯磨きがおろそかになりがちで、胎盤から作られるホルモンが歯周病菌を増やしてしまうため、歯周病になりやすいと言われています。
母子共に健康な出産を実現するためには口内のケアが非常に重要となります。

④誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

高齢者が亡くなる原因として非常に多いのが肺炎です。その中でも、食べ物や唾液が肺に入って起こる誤嚥性肺炎も、歯周病菌によって引き起こされる病気です。
口内に歯周病菌が多いと、口から肺に入ってしまった食物にも多くの歯周病菌が含まれており、肺炎を引き起こすリスクが高まってしまいます。
年齢を重ねて誤嚥性肺炎によってなくなるリスクを軽減するためにも、若いうちからケアをすることが大切です。

この他にも、メタボリックシンドロームや関節炎や腎炎など様々な病気を引き起こすリスクが高まってしまいますので、歯周病かな?と思ったらすぐに治療を開始することが大切です。

放置は厳禁!早期の治療が肝心です!

歯周病は軽度であれば、念入りな歯磨きと歯科クリニックのクリーニングによって治療することができますが、重度になると歯肉をめくったり、抜歯をしたりする必要が出てきます。

すぐに治療を行えば金銭的にも肉体的にも負担は少ないですので、すぐに治療を始めた方がよさそうですね。また、歯周病菌が発生させる毒素や炎症物質によって全身の健康にも悪い影響があるので、「たかが歯周病」と侮って放置をしていると命の危険すらあります!

少しでも怪しい症状が見られたらすぐに歯科クリニックに行って治療を行うようにしましょう!

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP