上顎の骨を厚くするサイナスリフトとは?ソケットリフトと徹底比較! kiki DENTAL(キキデンタル)|審美歯科コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

上顎の骨を厚くするサイナスリフトとは?ソケットリフトと徹底比較!

インプラントしたいのに、骨の厚さが足りず諦めていた人はいませんか?サイナスリフトは、上顎の骨を厚くする骨造成治療です。ここでは、サイナスリフトの治療内容や費用、ソケットリフトとの違いを詳しく紹介していきます。

インプラントに必要なサイナスリフトとは?

インプラント治療は、下顎よりも上顎が難しく難易度が高いです。その理由として、骨の厚みが挙げられます。
上顎は奥歯のすぐ上に、上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる空洞が存在しています。その上顎洞は、様々な要因で広がっていくようです。歯を失っている場合、その部分の歯茎や骨が痩せていきます。そうすると、上顎と下顎の両方から骨が痩せていき、インプラントに必要な厚みが無くなり、インプラント治療が困難になるのです。

その場合行うのが、サイナスリフトと呼ばれる手術です。サイナスリフトは、上顎洞に隣り合う歯肉を剥がして、骨を移植または骨補填材を埋め込み、上顎の厚みを作る高度な技術になります。

ここでは、サイナスリフト治療の流れや費用を詳しく紹介していきます。骨の厚みがないと言われ、治療を諦めていた方も必見です。ぜひ、参考にしてみて下さい。

サイナスリフト治療の流れを確認しよう!

上顎の厚みが足りない時に行う、サイナスリフトとはどのような治療なのでしょうか?ここでは、サイナスリフトの流れを紹介していきます。

サイナスリフト治療の流れ

① 歯茎と上顎を切り開いて窓を作る

上顎の歯茎を切開し、上顎洞に隣り合う骨見えるようにし、10mm~30mm程度ある歯槽骨(しそうこつ)に、骨補填材を入れるための骨窓(こつそう)を作ります。

② 粘膜を寄せて隙間を作る

上顎洞の底部に張り付いている上顎洞粘膜を持ち上げ、骨補填材を入れるための隙間を作ります。

③骨補填材を入れる

上顎洞粘膜を持ち上げて作った隙間に、コラテープ(破れを防止する膜)を敷き、そのあと、骨補填材を埋め込んでいきます。

④ 窓を閉じる

骨補填材を入れ終わったら、取り除いておいた骨を元に戻して、骨窓を閉じます。

⑤ 縫合

その部分にコラテープを被せ縫合します。必要に応じて、CGF(骨の再生を促す本人の血液から作ったゲル)を塗布します。

その後、約4ヶ月~6ヶ月様子をみて、上顎の骨が安定したらインプラント治療が開始できます。サイナスリフトは、とても高度な手術です。そのため、高い技術と豊富な知識が求められるので、まずはサイナスリフトに対応しているか歯科クリニックに確認してみましょう。

サイナスリフトとソケットリフトの違いを解説

サイナスリフトと同じような目的で行われるのが、ソケットリフトです。『上顎洞の底部の骨を厚くする』という目的は一緒なのですが、サイナスリフトとソケットリフトは、適応症や手術のアプローチの方法、メリット、デメリットが異なります。では、サイナスリフトとソケットリフトの違いを詳しく確認していきましょう。

サイナスリフトとソケットリフトの違い

適応症

サイナスリフト 上顎洞底部の厚みが3~5mm以下
(残っている骨が少ない)
上の歯を多数失っている
ソケットリフト 上顎洞底部の厚みが3~5mm以上
(残っている骨が多い)
上の歯を数本失っている

手術のアプローチの方法

サイナスリフト 歯茎と上顎洞に隣り合う骨を開いて、骨補填材を入れて上顎洞の底上げをする。
(横からのアプローチ方法)
ソケットリフト 歯槽骨の上から、粘膜を押し上げ骨補填材を入れて上顎洞の底上げをする。
(下からのアプローチ方法)

治療期間

サイナスリフト 骨が造成され安定するまで約4ヶ月~6ヶ月
その後インプラントを埋める治療完了は約9ヶ月必要
ソケットリフト ソケットリフトとインプラント併せて約4ヶ月  

メリット

サイナスリフト 上顎洞底部の骨を多く造成することができる。
直視下で確認しながら手術ができる。
ソケットリフト 身体への負担が少ない。
簡単な手術。

デメリット

サイナスリフト 手術としての難易度が高い。
治療に時間がかかる。
ソケットリフト 造成することができる骨の量が少ない。
盲目的な手術になるため、手探り状態で行う。

手術結果

サイナスリフト 上顎洞底部の骨を全体的に造成。
(全体的に骨の厚みを作る)
ソケットリフト 上顎洞底部の骨をピンポイントで造成。
(骨の厚みをピンポイントで作る)

サイナスリフトとソケットリフトは、『上顎洞の底部の骨を厚くする』という目的は同じです。しかし、その内容はまるで正反対の手術になります。

サイナスリフトとは

残っている骨が少なく、たくさんの骨を造成する必要がある人向けの治療法。

ソケットリフトとは

残っている骨は多いが、インプラントするには骨が足りない人向けの治療法

要約するとこうなります。自分ではどの治療法が合っているのか判断が難しいと思うので、歯科医師とよく相談して決定しましょう。

サイナスリフトはどのくらいの費用が必要?

サイナスリフトは、とても高度な技術が必要です。また、骨を造成する手術の中でも高度な手術になっています。そのため、サイナスリフトに対応していない歯科クリニックが多いようです。また、サイナスリフトに対応している歯科クリニックが見つかった場合でも、手術にかかる費用が高額になるということを覚えておいて下さい。

サイナスリフトにかかる費用

サイナスリフトの平均費用【50,000円~350,000円】
サイナスリフトは、高度な技術を要するので手術にかかる費用も高くなっています。

サイナスリフトにかかる費用は、各歯科クリニックで異なります。そのため、サイナスリフトをする場合は、しっかりと情報を集めて、きちんと精査し比較して下さいね。

サイナスリフトをしてインプラントに挑戦しよう!

サイナスリフトは、上顎の骨を全体的に造成する手術です。

残っている骨が少ない人や骨が脆いと言われインプラントを断念していた人。
骨が薄くソケットリフトができないといわれた人。

サイナスリフトは、そんな人に向いている手術です。上顎の骨を厚くして、インプラントでキレイな歯を取り戻しましょう!

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE TOP

PAGE TOP