インプラント治療の欠点を理解していますか? kiki DENTAL(キキデンタル)|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

インプラント治療の欠点を理解していますか?

歯を失った場合の画期的な治療方法として、インプラントが注目を集めています。メリットが目立つ治療のため、欠点を理解できている方は案外少ないです。後悔のない治療のためにも、しっかりと欠点を理解しておきましょう。

インプラント治療を検討するなら欠点も理解しよう

歯を失ってしまったときの治療法として、インプラント治療という選択肢があります。

近年ようやく定着してきた治療法で、入れ歯やブリッジと比べてメリットが多い治療法として注目されていますね。しかし、どのような治療であっても欠点はつきもの。

良いことしか耳にしないインプラント治療ですが、どのような欠点があるのかいまいちわかっていないという方も多いのではないでしょうか?

歯科治療は受けようとしている治療のデメリットまで、きちんと把握したうえで臨むことが大切。
そこで、この記事ではインプラント治療の「欠点」に注目していきたいと思います。

点1:外科手術が必要

インプラント治療は、歯肉を切開してアゴの骨にインプラント体を埋め込む、というもの。当然、外科手術を伴います。

外科手術が原因で考えられるリスク

外科手術を行うときは、以下のようなリスクの可能性を考えておかなければなりません。

・血管や神経を傷つける

歯肉を切開する際に血管や神経を誤って傷つけてしまえば、大量出血や麻痺が残るといったリスクが考えられます。事前の検査や歯科医師の技術力が十分であれば可能性は低いですが、ゼロではありません。

・細菌感染

切開した部分に菌が入り込んでしまうと、細菌感染を引き起こしてインプラントの定着どころではなくなります。手術を行う際に歯周病菌が残っていたり、術後に処方された抗生物質をきちんと飲み切らなかったりすることによって起ることが多いです。

・腫れや痛み

→歯肉を切開したり骨に穴を開けたりするため、術後には腫れと痛みを伴います。その程度には個人差がありますから、人によってはなかなか腫れが引かない、痛みが強く出るといったことが考えられるでしょう。

外科手術は必ず成功するわけではないです。また、歯科医師による術後の指導を患者側がきちんと守らなければ、せっかくの手術が失敗に終わってしまうこともあります。

外科手術によるリスクを軽減させるためには

では、これらのリスクを少しでも軽減させるためにはどうしたらいいのでしょうか?

・治療を受ける歯科医院は慎重に選ぶ

「とりあえず近いところ」なんて簡単に決めずに、しっかり情報を集めて慎重に歯科医院を選んでください。
インプラント治療の実績はどれくらいあるのか、定期的に研修を受けているかといったことはホームページに記載していることもあるので確認してみましょう。

・歯科医師からの指導をきっちりと守る

術後に担当の歯科医師から今後の指導を受けることになりますが、これを聞き流してはだめです。よく聞いて、よくわからなかったところは質問しておきましょう。手術の成功は、術後の患者自身の行動にもかかっているのです。
また、抗生物質など頓服薬ではない薬は必ず飲み切ること。服用して体に合わないと感じた場合は無理して飲み続けるのではなく、すぐに治療を受けた歯科医院に問い合わせてください。

腫れや痛みに関しては、どの程度のものになるか術後になってみないとわかりません。腫れは自然に引くのを待ちましょう。痛みは処方された鎮痛剤を服用して乗り切ります。
ただし、腫れも痛みもあまりにひどい場合や一週間以上続くような場合には歯科医院へ行ってくださいね。

欠点2:定期的なメンテナンスが必要

外科手術が完了しインプラントが定着したらそれで終わり、というわけではありません。定期的なメンテナンスが必要なのです。
人工物であり虫歯になることはないのに、何のためにメンテナンスが必要なのでしょうか?

なぜメンテナンスを行わなければならいのか

なぜ、インプラントには定期的なメンテナンスが必要なのかというと、以下のような理由があるためです。

・インプラント歯周炎を引き起こす可能性がある
インプラントを埋め込んでいる歯肉に細菌が繁殖することで、「インプラント歯周炎」を引き起こすことがあります。これを発症してしまうと、せっかく定着したインプラントが脱落してしまうこともあるのです。
また、炎症が広範囲に拡がってしまいやすいということも問題。発症を防ぐためには、普段のブラッシングでは落とし切れていない汚れを定期的に歯科医院で落としてもらうことです。
つまりメンテナンスが欠かせないのです。

最低でも、半年に一回のペースでメンテナンスをする必要があると言われています。多いように感じるかもしれませんが、歯のクリーニングや定期健診の推奨頻度と同じです。
口内の健康を維持したければ、インプラント治療をしていようがいまいが、半年に一回のペースで歯科医院に通った方がいいということですね。

また、インプラントを長持ちさせるためには禁煙も大切です。
なぜなら、タバコに含まれるニコチンが歯肉の免疫力を低下させてしまうから。喫煙を続けるということは細菌への感染リスクを高め、インプラント歯周炎を引き起こしやすい状態にしてしまうということなのです。
そのため、セルフメンテナンスとして丁寧なブラッシングに加え、禁煙をすることはとても重要と言えるでしょう。

欠点3:治療期間が長期間に及ぶ

ブリッジが3回程度の通院で完了するのに対し、インプラントの治療期間は約1年。圧倒的に長いですね。では、なぜこれほどまでに治療が長期間に及ぶのでしょうか?

治療期間が長い理由

インプラント治療に時間が掛かる理由は、骨との結合を待つ必要があるから。自然に定着するのを待たなければならないため、ここで2か月から半年ほどの期間が掛かります。
さらに、土台となる骨を足さなければならないとなれば、これ以上の期間を必要とするでしょう。

時間は掛かりますが、自然に定着するのを待ってあげることで、インプラントの大きなメリットである「自分の歯のようにしっかりと噛む」ことが可能になるのです。

欠点4:保険診療が適用されない

外科手術を伴うということもあり、インプラント治療に掛かる費用は安くありません。そのうえ、「自由診療」に分類されるので保険が適用されないのです。
また、インプラントはオーダーメイド。自分の骨やほかの歯の状態に合わせて、ぴったりのものを作り上げて使用します。このことも、治療費を高くしている要因と言えるでしょう。

治療費を抑える方法は?

・費用をよく比較する

インプラントの治療費は歯科医院によって異なるもの。なので、少しでも治療費を抑えたい場合は、複数の歯科医院の間で治療費を比較することが大切です。

・素材を選ぶ

インプラントに使用する素材にはいくつか種類があります。そして、使用する素材によって費用が異なります。一番安く済ませられる素材を選べば、多少治療費を抑えることができるでしょう。

欠点5:インプラント治療を行なえない人もいる

画期的な治療方法ではありますが、どんな条件の人でも受けられる治療ではないようです。インプラント治療では、骨にインプラント体を埋め込むことが必要なのですが、以下のような条件の方であるとそれができません。

・18~20歳以下である
→18~20歳以下の方は、まだアゴの骨が成長している途中。その状態でインプラントを埋めてしまうと、歯並びがおかしくなってしまう可能性があるのです。

・1型の糖尿病である
→免疫力・抵抗力が低いために、外科手術によるリスクが高いです。感染症を引き起こしやすいので、インプラントは禁忌とされています。

・歯周病である
→土台となる歯槽骨や歯肉がボロボロの状態であれば、インプラントは定着してくれません。また、歯周病菌が残ったまま外科手術を行ってしまうと、細菌感染を引き起こす恐れがあります。

インプラント体を支える土台となる骨に問題があると、治療が難しくなることが多いです。また、外科手術を伴うので、感染症リスクの高い方も治療できないようですね。

欠点を補うほどのメリットもある

ここまで、インプラント治療の欠点を紹介してきました。欠点を理解したところで、改めてインプラント治療のメリットをみてみましょう。

・周囲の歯への負担が少ない

入れ歯やブリッジの場合、周辺の健康な歯を削る必要がありますし、常に負担が掛かる状態となります。
そのため、1本の歯のためにほかの何本かの歯も巻き込まれることになるのです。
しかし、インプラントは周辺の歯を削る必要もなければ負担を掛けることもありません。健康な歯はそのままに、影響を与えることがないのです。

・入れ歯やブリッジよりもしっかり固定される

インプラントは元々の歯のように、歯槽根(しそうこん)に人工の歯根を埋め込んで定着させます。時間を掛けて土台をしっかりと定着させるから、とても安定するのです。
入れ歯やブリッジよりも不安定になりにくく、噛むことに対するストレスがほとんどないでしょう。

・違和感が少ない

根元から固定しているので、ものを噛んだときの感覚が元々の歯とほとんど変わりません。力強く噛んでも不安定さを感じることがないので、とても自然に食事をすることができます。

こうしてメリットをみてみると、欠点が霞んでみえますね。やはり、違和感が少ないというのは大きいと思います。常に口の中にあるものですから、違和感があっては相当なストレスになるでしょう。また、健康な歯に影響を与えないというのもいいポイントです。

  • 監修医小久保 和彦
  • 医院名:インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院
  • 住所:埼玉県川口市八幡木1-22-8
インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院の詳細はこちら

COLUMN RANKING編集部コラムランキング

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP