補綴歯科|セラミック義歯の口コミ&評判と歯医者ランキング

補綴 HOTETSU 補綴 HOTETSU

補綴|セラミック義歯

審美歯科治療をおこなう歯科医院/歯医者を掲載。審美歯科のクリニックや病院を探すなら、kiki DENTAL(キキデンタル)。 審美歯科などキーワードでの検索に加え、口コミ・ランキングなどで絞れば、知りたい情報がきっと見つかります。 全国の審美歯科治療または審美歯科治療対応のクリニック・病院探しをサポートします。

歯を美しくするための審美歯科比較サイト

当サイトは、RIZAP(ライザップ)監修の下に運営されています。歯を美しく健康に保つことは、見た目の自信を向上させるだけでなく、健康的な身体づくりにも影響します。kiki DENTAL(キキデンタル)では、全国の審美歯科の情報を体験者のクチコミとランキングで掲載。「美しく輝く理想の自分へ」。RIZAP(ライザップ)厳選の審美歯科医院/歯医者を掲載しています。

当サイトは、RIZAP(ライザップ)監修の下に運営されています。歯を美しく健康に保つことは、見た目の自信を向上させるだけでなく、健康的な身体づくりにも影響します。kiki DENTAL(キキデンタル)では、全国の審美歯科の情報を体験者のクチコミとランキングで掲載。「美しく輝く理想の自分へ」。RIZAP(ライザップ)厳選の審美歯科医院/歯医者を掲載しています。

What's審美歯科とは

審美歯科とは、歯の機能的な面だけでなく美的な面も重視した歯科医療のことを言います。 「ケガや病気を治す」というだけでなく「見た目をよりよくする」という目的が追加されるので、基本的に審美歯科の治療は自由診療となります。

補綴治療とは

例えば、虫歯になってしまったときには、歯の削れてしまった部分に対して補綴(ほてつ)治療を行います。このとき、治療する歯をほかの健康な歯と変わらない見た目に仕上げたいとなると、一般歯科より審美歯科の方がよいです。 ちなみに、補綴とは欠損したり喪失してしまったりした歯を、様々な材料からできた人工物で補ってあげるという治療です。虫歯による欠損が小さければ詰め物、大きければ銀歯などの被せ物をするのが一般的な保険診療です。

従来の保険診療では保険適用範囲内の材料のみで治療することしかできません。自由診療の場合、保険の適用外となりますが、その分虫歯治療に使える材料を様々な種類の材料から使用することができます。

自由診療に使われる義歯の種類について

保険適用では銀歯での治療しかできない場合でも、白く美しい「ジルコニア」や、金属を使わない「オールセラミック」など患者様のニーズに合わせた治療が可能となります。

また、ジルコニアとセラミックについてですが、より天然の歯に近い見た目になるのはセラミック義歯です。ジルコニアは輝くような白さではありますが、透明度は低めです。対してセラミックは透明度が高く、より自然な白さになるので、セラミック義歯が最も周辺の歯に馴染みやすいといえます。 さらに、セラミック義歯は金属を含まないので金属アレルギーの方でも安心して使用できますし、丈夫で虫歯になりにくいというメリットもあります。 このように、審美歯科で使用される材料には高い審美性以外にもたくさんのメリットがあるのです。

Case治療例

実際に審美治療を行った治療事例集を掲載しております。
具体的なお悩みや希望内容、治療にかかった料金、医師からの見解や治療内容の詳細などを写真付きの審美治療事例として掲載しております。

金属による害が気になる

  • 年代:40代
  • 性別:女性
  • 症状:差し歯の色が不自然
  • 見積もり:777,600円

前歯6本が差し歯という患者様で、差し歯の色が白すぎるのがお悩みでした。 もとの差し歯はメタルボンドという、裏側に金属を使っているもの。今回はより透明感を出すために、土台にジルコニアを使ったセラミックの差し歯を作成することに決定しました。

また、「金属を使用した補綴(ほてつ)は体に害を及ぼす」という問題に注目が集まっており、患者様がこれを心配されていたということも、今回メタルフリーを選択した理由です。

周りの歯と自然に馴染むよう、色合いは慎重に調整。5回目の来院で、完成したセラミック義歯をセットしました。 患者様からは、口元が自然になったとお喜び声をいただいております。

天然の歯に近い自然な見た目にしたい

  • 年代:30代
  • 性別:男性
  • 症状:左上の前歯が取れた
  • 見積もり:250,000円

子どもの頃に前歯を強打し、保険治療によって差し歯を入れていましたが、それが取れてしまったという患者様。 今回はそれを治すということで来院いただきましたが、保険治療の差し歯は黄ばみが気になるので避けたいとのことでした。そこで、天然の歯の色にとても近いオールセラミックで差し歯を作成。その自然な仕上がりにご満足いただいております。

FAQよくある質問

審美歯科に関するよくある質問を歯医者さんに聞きました。
同じ質問でも回答例が歯科医院によって異なる場合があり、それぞれの歯科医院の特徴や考え方がわかります。

審美治療を検討中の方はぜひご覧になってください。

Q:補綴(ほてつ)した部分が不自然になりませんか?

A:周辺の歯と馴染むように、しっかりと色味を調整するので心配ありません。

Q:セラミックは割れることがあると聞きましたが、大丈夫ですか?

A:食いしばりや歯ぎしりの癖がある方は注意が必要。ですが、定期的にメンテナンスをしていれば、いきなり割れるようなことはありません。

EDITOR & EXPERT COLUMN編集部&専門家コラム

補綴|セラミック義歯 コラムランキング

補綴(ほてつ)治療やセラミック義歯に関する、歯科医師監修のコラム集です。 補綴治療の方法や使用する素材について、セラミック義歯の持つ審美性以外のメリットなど、詳しい情報が満載です。

RESERVATION問い合わせ・受付

オンライン受付

歯科医院へのオンライン受付

kiki DENTAL(キキデンタル)では、掲載している歯科医院/歯医者へのオンライン受付を手軽におこなうことができます。扱う科目はインプラント/ホワイトニング/矯正歯科/補綴|セラミック義歯と多岐にわたります。あらゆる可能性から、あなたに最適な治療を選べる歯科医院/歯医者への受付が可能です。

補綴|セラミック義歯について

歯の補綴(ほてつ)とは、虫歯などで歯が欠けてしまった場合に詰め物や被せ物など人工的に補う治療法のひとつです。補綴に使われる素材にはプラスチックや銀・金などの金属がありますが、目立たず、より自然な仕上がりになるのがセラミック義歯です。プラスチックよりも強度があり、金属のように口の中で目立つこともなくアレルギーの心配もありません。また、セラミック義歯は色素沈着が少なく、透明感のある白さを持続することができることも特徴です。

このような理由から、保険適用の補綴治療をしていた方が、セラミック義歯への交換を希望するケースが増加しています。では、セラミック義歯を入れるまでにはどのような流れで治療を行っていくのでしょうか?簡単に説明していきます。

1:口腔内検査、カウンセリング
   →この段階で虫歯や歯周病が認められた場合は、その治療からスタート。
2:土台づくり、義歯作製
   →義歯をセットするための土台づくり、義歯作製のための型取り・色味調整などを行ないます。
3:セラミック義歯のセット
   →完成したセラミック義歯の付け心地や色味を確認し、問題がなければセットします。

おおまかにこのような流れで治療が進みます。治療期間は1~3ヶ月程度。治療する歯の本数や必要な治療によって変動します。 気になる治療費の相場は、1本あたり8~18万円ほど。自由診療による治療は歯科医院によって治療費の設定が異なるため、相場に違いがあります。

また、セラミック義歯による補綴治療のような審美性を重視した治療は、“どの歯科医院で治療を受けるか”が重要です。例えば、「審美歯科をメインにして美しい仕上がりにこだわっているか」「自費治療には保証期間を付けているか」などのポイントに注目します。どんなによい材料を使っていても腕がなければ美しい仕上がりにはなりませんし、高額となる自費治療なら保証がある方が安心です。 他にも口コミで評判がよいところや、審美歯科治療で人気の高い歯科医院を選ぶとよいです。なるべく多くの情報を集めて、納得のいく歯科医院を見つけましょう。

続きを読む

PAGE TOP

PAGE TOP