インプラント 治療事例を見積もり金額・写真付きで紹介 | kiki Dental

治療例 インプラント

インプラントの治療例を写真つきでご紹介いたします。
写真をクリックしていただくと詳細をご覧になれます。

症例とクリニックが実際にどのような治療を行ったのかを併せて参考にすることで、より治療イメージがつきやすくなります。また、治療費の見積りも掲載しておりますので、予算の参考にもお役立てください。 多くの症例を集めましたので、現在悩まれている症状と同じような症例が見つかるはずです。

インプラント・再生医療センター HD.CLINIC 八幡木歯科医院


下の入れ歯をインプラントにしたい

下の入れ歯をインプラントにしたい


60代ですべての歯を入れ歯にしたものの、下顎の入れ歯がしっくりこない

  • 年代70代
  • 性別女性
  • 症状下の入れ歯が合わない
  • 見積り3,500,000円

70代で総入れ歯の女性患者さまは、どうしても下の入れ歯が合わないと不快感を訴えていらっしゃいました。患者さまは、いろいろな治療をしてきており、ご自分の年齢もあり、インプラントはできないのではないかとお考えでした。

来院されたその日に、CT撮影などを用いた診察と口腔内検査をさせていただいたところ、インプラントは問題なく施術できることが分かりました。全身の健康状態も血液検査も含めて行いましたが、特に懸念材料はありませんでした。そこでインプラントについてシミュレーションもお見せしたうえで、料金面も含めてしっかりカウンセリングさせていただき、下顎の歯をすべてインプラントにすることを決心されました。
インプラントは「All-on-4」で、日帰り全身麻酔を用いました。もちろん、麻酔から覚められたのを確かめてからお帰りいただきました。

最終的な調整を終えるまで4ヶ月かかりましたが、治療中に特に問題が起こることはありませんでした。
当医院は完全滅菌ルームで大学病院相当のオベが可能です。麻酔専門医も在院していますので、全身麻酔も安心してお任せいただけます。

インプラントの施術が無理と他院で断られた方でも、一度カウンセリングにおいでいただければと思います。


折れた部分をインプラントにしたい

折れた部分をインプラントにしたい


突然折れてしまった歯をインプラントで置き換えたい

  • 年代50代
  • 性別女性
  • 症状歯が折れた
  • 見積り378,000円

患者さまは以前から左上前歯がグラグラしていたそうで、ある日それがポッキリ折れてしまったとのことで、初めからインプラントご希望で来院されました。そのため即日CT撮影、インプラントシミュレーション、血液検査、口腔内検査ををさせていただきました。

4日後に再来院いただき、検査結果の説明を含めてカウンセリングを行い、治療方法と料金についてお伝えし、インプラントを決断いただきました。

前歯は特に目立つ部分ですが、オペは短時間で終了し、その日は仮歯を入れて目立たないようにしてご帰宅いただきました。その後、最終上部構造まで4ヶ月をかけて治療が終わりました。

この患者さまでは「抜歯即時埋入」を行いました。これは体への負担が少ない施術法です。

インプラントの手術では、まず歯を抜きますが、その抜歯後の穴が安定するまで待つことがあります。その期間は2ヶ月ほどで、その間、歯が欠けた状態になってしまうのを嫌う方もいらっしゃいます。そこで、抜歯したその日にインプラントを埋めてしまい、状態に問題がなければ仮歯を入れてしまうのです。これはインプラント技術や性能の向上が可能にした施術法です。

外科手術も1回で済みますが、歯周病だったり、顎の骨が薄いと無理なこともあります。この患者さまでは問題もなく、抜歯即時埋入を行え、大変喜んでいただきました。


入れ歯に違和感がありインプラントにしたい

入れ歯に違和感がありインプラントにしたい


20代で失った奥歯を入れ歯にしたものの、違和感がぬぐえない

  • 年代30代
  • 性別女性
  • 症状歯がなく入れ歯をしている
  • 見積り861,000円

まだ30代の患者さまでしたが、20代に奥歯を2本抜歯しており、入れ歯を装着されていました。奥歯は食べ物を噛む時に力がかかる部分でもあり、入れ歯で置き換えたことで違和感が生じ、それが気になられており、インプラントを希望されてのご来院でした。

ずっと以前からインプラントにしたかったということをカウンセリングでお訊きし、さっそく検査をさせていただきました。1週間後に再来院された際にオペの方法、治療期間、費用についてお伝えし、納得されたうえでインプラントを決心されました。

奥歯2本でしたが、オペは通常の時間で終えることができました。最終上部構造をセットするまでは3ヶ月と18日で済みました。小さいお子さまがいて、なかなか時間を自由に取れなかったのですが、お若いこともあり、比較的早い時間で治療を終えることができました。

入れ歯からインプラトになって、患者さまは奥歯に違和感を感じなくなったと、とても喜んでいただけました。なにより、楽になったということで、入れ歯とインプラントの違いがはっきり分かっていただけたと思います。


折れた歯にインプラントを入れたい

折れた歯にインプラントを入れたい


外傷で失った歯をインプラントで取り戻したい

  • 年代40代
  • 性別男性
  • 症状外傷で前歯が3本折れてしまった
  • 見積り2,580,000円

歯周病や虫歯が原因でなく、事故などの外傷で口腔内にダメージを受け、歯を失ってしまう方もいらっしゃいます。

この患者さまは外傷で前歯を3本折ってしまわれていたため、治療中もできれば失った歯が目立たないよう、抜歯即時埋入でのインプラント治療を行い、仮歯を入れて審美性もいちはやく確保しました。

ただ、この患者さまは上顎の骨が少なく、そのままインプラントすると突き抜けてしまう可能性もありました。そこで、患者さまご自身の血液を遠心分離して血漿を分離する多血小板血漿(PRP)を用いて、骨の厚みを増す治療を行いました。血漿には細胞を活性化させる成長因子が含まれており、これが傷を癒やし、骨や筋肉を増強するのです。

かつては同時に凝固剤が必要でしたが、これを不要としたCGF治療法で、患者さまご自身の血液だけで体にも負担の少ない治療ができるようになったのです。

事前に採った血液で準備を進め、インプラント埋入時にCGFも埋め込むのです。
治療期間はおよそ6ヶ月かかりましたが、問題なくきれいにインプラントが終了しました。


下顎をすべてインプラントにしたい

下顎をすべてインプラントにしたい


高齢者のお口の元気を取り戻したインプラント

  • 年代80代
  • 性別女性
  • 症状下の総入れ歯が合わない
  • 見積り3,900,000円

80代で総入れ歯の患者さまでしたが、入れ歯ではしっかりと噛むことができず、特に下顎の8本についてインプラントを希望したいとのことで来院されました。

入れ歯では力が入りにくく、不快感やしっかり噛めないことから健康を損ねる原因になってしまうこともあります。高齢者の方がいつまでも健康で元気にいるためには、そうしたお口の中の不満点を改善するのが欠かせないとも言えるでしょう。

患者さまは高齢で骨の吸収も進んでいたため、下顎の骨に対してご自分の血漿を用いて厚みを増すCGF自己再生医療を行い、インプラントと併用いたしました。

8本のインプラントでしたが、元の歯はすでに入れ歯に置き換わっておりましたので、わずか3ヶ月で治療を終えることができました。

インプラントに置き換わった下顎側にはとても満足されていて、なにより取り外してメンテナンスしなくていいことも気に入られているようです。

食べ物もしっかり噛めるようになり、ますます元気でいらっしゃいます。

かめだ歯科医院


固定式できれいな歯にしたい

固定式できれいな歯にしたい


固定式できれいな歯にしたい

  • 年代70代
  • 性別女性
  • 症状入れ歯を掛ける歯が折れた
  • 見積り805,000円

上顎に総入れ歯、下顎左側6,7番に部分入れ歯をされていた70代女性の患者さまです。上の総入れ歯が合わないので、作り直したい、下の部分入れ歯は入れ歯だと目立つし取り外しも煩わしいと言うことでブリッジにしたいという希望でした。
上の部分に関しては総入れ歯を作りなおすことに、左下の部分入れ歯は6,7番に入っており、7番の奥には歯がないためブリッジは適応できないと言うことをお話しし、インプラントを勧めたところ、インプラントは一旦いいと言うことで上の総義歯のみ作り替えました。

その後しばらく経ち、左下のバネを架けていた5番の歯が折れ、入れ歯が使えなくなってしまったということで来院され、インプラントをすることになりました。
CT撮影をしたところ、埋入部分の骨の量は十分にあったため、まずは抜歯を行い、骨の回復を3カ月ほど待ち、インプラントを左下5、6番に埋入。骨とインプラントの結合に3カ月ほど空け、上部構造を装着。治療期間としては7カ月ほどで終了しました。

インプラントにしたことで「自分の歯と同じようにかめる」と非常に喜んでいただけました。
インプラント治療後4年間メンテナンスに通っていただ来ておりましたが、高齢で通院が難しくなってしまったため、現在は訪問診療にて、メンテナンスをしております。
他の歯を失うこともなく、インプラントに関しても順調な経過となっております。


きれいな歯でかめるようにしたい

きれいな歯でかめるようにしたい


きれいな歯でかめるようにしたい

  • 年代70代
  • 性別女性
  • 症状今の入れ歯ではかめない
  • 見積り1,555,000円

口腔内を確認したところ、ご自身の歯は何本か残っていましたが、歯周病により抜歯が必要な状態だったため、抜歯をし、まずは仮の総義歯を入れていただきました。
仮の総義歯を使っていただきながら、治療方法に関して相談。
このままだと義歯が動いて咬みづらいということでしたので、インプラントを提案しました。
インプラントの方法としてはインプラントを多数入れ、それを土台にブリッジにするか、最小限のインプラントを入れそれを土台に入れ歯を装着するインプラントオーバーデンチャーにするという2つの方法があり、こちらの患者様の場合は取り外し屁の抵抗感はなということで最小限の負担でできるインプラントオーバーデンチャーを選択されました。

まずは下顎のインプラントから治療を始めていきました。
CTを撮影し、インプラントの埋入部位を決め、インプラントを4本埋入。3カ月ほど骨とインプラントの結合を待ち、インプラントと義歯をつなぐアタッチメントを装着し義歯を作成。
治療期間としては5カ月ほどとなりました。

上顎に関しても同じ治療をする予定でしたが、下顎が安定したことで、しっかりかめるようになったということで上顎は通常の総義歯を使用していくことになりました。
現在も3カ月に1度のメンテナンスに通っていただいており経過は順調です。


きれいでしっかりかめるようにしたい

きれいでしっかりかめるようにしたい


きれいでしっかりかめるようにしたい

  • 年代60代
  • 性別女性
  • 症状入れ歯がかみづらく食事ができない
  • 見積り805,000円

左下6,7番の歯に入れ歯を入れているが、かみづらく食事ができないし、つけていると違和感があると言うことで来院された60代主婦の女性です。
とてもおしゃれな方で、見た目を気にされノンクラスプデンチャーをされていましたが、今回入れ歯はもうしたくないと言うことでインプラントを提案。
インプラントにするにしても、上部構造に金属は使いたくないと言うことで上部構造に関してはジルコニアを使って作ることに決まりました。

CT撮影をしたところ、骨の量は十分にあったため、骨増生などの必要なく、左下6,7番にインプラントを埋入。
3カ月後に2次オペでアバットメントを取り付け、フルジルコニアの上部構造も装着しました。
治療期間としては4カ月ほどとなりました。

上部構造がはいった際に「自分の歯と言われてもわからないくらいきれいだ」と非常に満足していただけ、他の気になる部分も治療してほしいとのことで、入っていたクラウンなどの再作成も行いました。
現在は3~6カ月に1度のペースでメンテナンスをしており、経過も良好。
自慢の歯で、すてきな笑顔で来院いただいております。


他の歯を削るブリッジにはしたくない

他の歯を削るブリッジにはしたくない


他の歯を削るブリッジにはしたくない

  • 年代60代
  • 性別女性
  • 症状歯が痛い
  • 見積り405,000円

川口市内に在住の60代の主婦の方です。
歯が痛いと言うことで来院され、口腔内を確認したところ、右上5番の歯が歯根破折で割れてしまい、それが原因で痛みが出てしまっていました。
歯が割れているため、抜歯が必要なため、抜歯後の治療方法に関してもご相談。
両隣の歯に関しては虫歯などもなく、健康な歯であったため、健康な歯を削ってブリッジにするか、周りの歯を削らない代わりに手術が必要となるンプラントにするかという二つの方法を提案したところ、歯は削りたくないと言うことでインプラントを選択されました。

まずは割れた歯の抜歯を行い、骨の回復まで3カ月ほど待ち、歯を抜いた右上5番の部分にインプラントを埋入。そこから骨とインプラントが結合されるまで治癒期間として3カ月おき、上部構造を装着しました。

2004年にインプラントを埋入し、2017年現在で13年経っておりますが、今までトラブルもなく快適に使用していただいております。
インプラントをしたからといって特に違和感もなく、他の歯と同じようにかめているとおっしゃっていました。

秋葉原原田歯科クリニック


以前のようによく噛めるようにしたい

以前のようによく噛めるようにしたい


以前のようによく噛めるようにしたい

  • 年代60代
  • 性別女性
  • 症状歯を抜いてしまって噛めなくなった
  • 見積り380,000円

後ろから二番目の奥歯を抜いてしまってから、よく噛めなくなってしまい反対側で噛む癖がついてしまって困っておられました。ブリッジも考えましたが歯を削る量が多くなり歯を弱くしてしまう可能性が高いためインプラントをおすすめいたしました。

一本のみのインプラントですから手術時間は20分くらいで終了しましたので患者様はびっくりしていました。そして翌日以降も痛み腫れ共に無く順調に経過しました。

左右共に同じ状態で噛めるようになりました。装着感も良好で天然の歯と同様であるとのことでした。歯ブラシも天然の歯と同様でいいのでメンテナンスしやすい状態です。今後長期に渡って良い状態をキープできると思います。


右側で噛めるようにして欲しいが、見た目も綺麗で治療したことがわからないようにしてほしい

右側で噛めるようにして欲しいが、見た目も綺麗で治療したことがわからないようにしてほしい


右側で噛めるようにして欲しいが、見た目も綺麗で治療したことがわからないようにしてほしい

  • 年代60代
  • 性別女性
  • 症状症状:虫歯で右下の奥から2、3、4番目の歯、3本を抜いてしまったため右側では全く噛めなくなってしまった
  • 見積り1,140,000円

欠損している3本の歯以外はすでに綺麗に治療されており、この3本の欠損にインプラント治療を希望されて来院されました。噛めることは当然として治療した歯だとわからないように綺麗に被せ物を作って欲しいとのことでした。入れ歯やブリッジは良くないことはあらためて丁寧に説明させていただき御理解いただきました。

インプラント治療が3本ということもあり手術への患者様の不安が大きかったのですが局所麻酔と同時に笑気麻酔を併用したため気持ちがリラックスし恐怖感もなく手術をうけられたとのことでした。この笑気麻酔は不安な気持ちがなくなりリラックスでき、しかも麻酔の効果を高めるため多くのインプラント手術で併用しております。この笑気麻酔は無料ですので是非お使いいただくことをおすすめいたします。

3本のインプラント治療でしたが翌日の痛み、腫れは多少あったものの仕事や日常生活にはなにも問題はありませんでした。3本のインプラント治療くらいでは翌日のお仕事はお休みする必要はほとんどありません。
治療後は見てのとおり綺麗に被せ物が入りました。
当医院は信頼のおける技工所に補綴物を依頼しておりますので自然で綺麗な被せ物に自信を持っております。


隣の歯を削ってブリッジはしたくないのでインプラント治療を希望

隣の歯を削ってブリッジはしたくないのでインプラント治療を希望


隣の歯を削ってブリッジはしたくないのでインプラント治療を希望

  • 年代40代
  • 性別女性
  • 症状前歯1本が進行した虫歯で被せ物がよく外れてしまう
  • 見積り430,000円

他院で前歯を抜かないといけないと言われ当医院に相談に来られました。前歯のインプラント治療は骨の移植や歯肉の移植をしないといけない場合が多く、今回も歯肉の移植が必要でした。手術回数が二回になるため期間もかかることは御理解いただきました。

前歯のインプラント治療は審美性が問われるため非常に難く、どの歯科医院でも出来るという治療ではありません。これは歯を抜くと骨がかなり無くなってしまうことがその原因です。
患者様は二回の手術を受けられましたが、どちらの手術も痛み腫れは少なくお仕事も休むことはありませんでした。
前歯の場合は歯が無いことがわからないように必ず仮歯を入れますのでどうぞ御安心ください。

写真で見てのとおり全くインプラント治療かどうかはわかりません。見た目だけではなくメンテナンスしやすくもしております。
前歯の場合は奥歯の場合と違って「審美性」を最も重要視します。
インプラント治療と言っても奥歯と前歯とでは大きく違うことを御理解いただければ嬉しく思います。


歯を抜くことはしょうがないが入れ歯にはしたくない

歯を抜くことはしょうがないが入れ歯にはしたくない


歯を抜くことはしょうがないが入れ歯にはしたくない

  • 年代60代
  • 性別男性
  • 症状前歯4本がぐらぐらする
  • 見積り1,030,000円

上の前歯4本がぐらぐらしていて噛むと痛みがありました。
歯を抜くことには同意されておりましたが取り外し式の入れ歯だけは拒否されておりました。しかし、ブリッジの土台となる歯が4本の欠損を補うほどの能力はすでに無くなっていたため選択肢はインプラント治療しかありませんでした。
十分な御説明をしたあとで御納得いただきインプラント治療へと進んでいきました。

前歯部のインプラント治療でしかも複数欠損となるとインプラント治療としての難易度は最高レベルになります。手術前に骨の状態を確認いたしましたが幸運にも十分な高さおよび幅があり移植の必要がありませんでした。しかし、歯肉の移植だけはおこなったので手術回数は二回となりました。
欠損は4本ですがインプラントの本数は2本でしたので、ほとんど痛みや腫れは出ませんでした。

左右両方の犬歯とインプラントとの調和が最も難しいところでした。
やはり、前歯部のインプラント治療は審美性が最も優先されます。
4本の欠損を2本のインプラントで治療したのも審美性のためでした。
インプラント治療はすでに確立された治療法ですので欠損の状態次第で治療法のオプションをどれだけ持っているかがインプラントをする歯科医としての優劣の差になっているのではな
いでしょうか。

医療法人社団ウイング 竹ノ塚デンタルオフィス


奥歯で咬めるようになりたい

奥歯で咬めるようになりたい


奥歯で咬めるようになりたい

  • 年代50代
  • 性別女性
  • 症状入れ歯が合わない
  • 見積り1,928,700円

これまで下顎に部分義歯を使っていたものの、違和感に慣れることができず使用頻度は少なかったとのことでした。少しでも違和感の小さい義歯を作りたい、とのご希望に対し、通常入れ歯に付属してくるフック状の金具がないこと、固定式の義歯であることが希望と一致したため、インプラント義歯をご希望されました。

義歯全般について義歯の種類、具体的な義歯設計についてのお問い合わせがありましたのでブリッジ、床義歯、インプラント義歯についてご説明させていただきました。治療期間、費用についてカウンセリングの時間を設け、話し合ってスケジュール調整を行いました。レントゲン検査や模型診査で補綴後の試作品を製作し、実際に出来上がる歯のサイズやかみ合わせについて視覚的に確認していただき治療に入っていきました。補綴予定の歯について、サイズ測定、手術、型取り、上部構造セットまでおよそ3ヶ月の治療期間を要し、治療が完了しました。

もともとは片側の部分義歯を使っておられましたが、反対側の歯に無理をさせすぎたことで両方の歯を失ってしまった症例です。今回、下顎の両側臼歯部についてインプラントを採用し、シングルユニットのクラウンを1歯1本で設計しました。左右の臼歯部にインプラントによる強い支持を得たことで、咬む圧力が均等化されます。失った歯数の再建に加え、口腔全体の咀嚼力を分散し各個の歯に対する負担軽減を行いました。1本ずつの設計にしたことで、フロスを使用したセルフケアも良好のようです。


自分の歯で咬めるようにしてほしい

自分の歯で咬めるようにしてほしい


自分の歯で咬めるようにしてほしい

  • 年代60代
  • 性別男性
  • 症状義歯があわない
  • 見積り4,819,000円

来院時、上下の歯同士がすれ違いの位置関係を伴う欠損であったため、自分の歯は残っているものの接触関係がなく、部分義歯のみで咬み合わせている状況でした。残存している天然歯の状態も悪く、またその歯に入れ歯の金具を取り付ける設計の義歯であったため、咀嚼すると入れ歯が外れてしまい満足に食事ができない状況でした。新たに義歯で設計したとしても残っている歯の状況に義歯の使用感が影響を受けることを説明したところ、固定式の義歯の設計が可能なインプラント義歯を希望されました。

現在の義歯が不安定なこと、及びインプラントは一般的に治療期間が長期に及ぶことを考慮し、まず日常の食事が満足にできるように現状の義歯を改造しました。状況が改善した後、上下の歯について咬み合わせ精密検査を行いました。上顎は歯がなく、インプラントの必要本数も多く治療は長期間に及びましたが、治療が進むにつれ徐々に固定式の義歯を装着していきました。歯が増えていくにつれ、少しずつ自分の歯で咬めるようになりましたので、食生活も徐々に改善され、治療期間中のご負担は最小限に抑えることができたようです。治療期間はおよそ18ヶ月を要しました。

着脱式から固定式の義歯へ設計変更したことで、若い頃と同じ程度まで咬む力を取り戻したようです。義歯を使用していた頃は偏っていた食生活でしたが、食べる物の制限がなくなったため、栄養バランスのよい食生活に戻ったそうです。30回咬んでから飲み込むことよう心がけているそうで、健康的な食事法が実践できているようです。初回来院時に義歯の影響で顎骨全体のサイズが委縮していたため、本症例では1歯1本の単独冠デザインを採用できなかった箇所が一部ありました。インプラントブリッジのデザインを採用せざるを得なかった箇所に関しては、衛生環境維持のため定期的にフォローアップを行っています。


前歯で咬めるようにしたい・奥歯にも歯を作ってほしい

前歯で咬めるようにしたい・奥歯にも歯を作ってほしい


前歯で咬めるようにしたい・奥歯にも歯を作ってほしい

  • 年代90代
  • 性別女性
  • 症状前歯のブリッジがぐらぐらする
  • 見積り890,000円

もともと歯が丈夫なほうであったため、こまめに歯科検診を受ける習慣がなかった患者様です。残っている歯に関しては、これまでむし歯治療は完治されておりましたので、食事に不自由はありませんでした。しかし、歯を失った箇所に関しては義歯を作らずそのまま放置していた、といった状況だったようです。今回、残っている歯だけで食事を続けていたため、歯を痛めてしまいました。再建しようとしたところ、歯だけでは義歯を支えることができない状況であったため、歯と粘膜の双方で咬む力を負担できる設計として、コーヌステレスコープ義歯をご希望されました。

来院時、残っている歯の負担が過剰であったため、まず負担軽減を図る目的で仮設義歯を製作しました。仮設義歯によって歯と粘膜に咬む力を分散させ、これ以上歯を痛めることの無いように環境を整えました。治療終盤まで仮設義歯を使うことができたため、新しくコーヌステレスコープ義歯が完成した際にも、長期間のかみ合わせリハビリテーション期間を経ることなく、スムーズに新義歯を使いこなすことができたようです。治療にはおよそ3ヶ月の期間を要しました。

今回は着脱式の義歯設計ではありますが、インプラント義歯のように外科的侵襲を加えることなく治療を終えることができました。高齢者の患者様に関しては、歯も歯茎も弱ってしまうことから、治療後に別の歯が新たな疾患にかかることも少なくありません。別の歯が新たな疾患にかかった際の事前対応策として、義歯には改造、改良がしやすい、設計の自由度が高い、といった要素が求められます。そういった理由から、コーヌステレスコープの維持装置を用いた床義歯の設計を採用させていただきました。現在は満足に食事が出来ているようですが、定期的にメンテナンスを継続します。


新しい総義歯を作りたい

新しい総義歯を作りたい


新しい総義歯を作りたい

  • 年代80代
  • 性別女性
  • 症状上下の総義歯が咬めない
  • 見積り600,000円

若い頃にむし歯と歯周病の悪化により早期に抜歯に至ったようです。総義歯の使用歴は長く、約40年以上も義歯で食事をしていたそうです。現在の義歯は安定してたので長く使っているけれども、人工歯は激しく摩耗し義歯床にもひびが入ってしまい近頃は不安定化してきている、といった状況でした。今回、新しく義歯を新調し、長く使いたい、安定した強度のある義歯の設計を希望されましたので金属床義歯を採用しました。

まず日常食生活の安定化を図るため、長年使っている義歯の修理を行いました。義歯が安定し食事が満足に取れるようになったので、すり減って見た目が悪くなってしまった人工歯の形態を整えることにしました。あらかじめ試作品として、仮設の総義歯を製作しました。仮設総義歯を用いて義歯の安定化、審美改善、咀嚼機能、発音機能の調整を行いました。改善後、高い精度の義歯重合システムを用いて高精度に複写した金属床総義歯を製作しました。治療期間として約3か月を要しました。

あらかじめ試作品の義歯で調整を十分に行いましたので、義歯完成後は調整を加えることなく安定して義歯を使っていらっしゃいます。義歯に金属フレームや強化型人工歯を採用したことで、破折や摩耗にも強くなりました。粘膜負担義歯が骨格に及ぼす悪影響は避けられないので、定期的に観察し、骨吸収の傾向が認められた際には、改良を加え長く使えるようサポートしていきます。

デンタルケアハンズ インプラントセンター


隣の歯を削りたくない

隣の歯を削りたくない


隣の歯を削りたくない

  • 年代50代
  • 性別男性
  • 症状歯周病
  • 見積り335,000円

以前、歯周病の進行が原因で左上の奥歯を抜歯し、隣の歯が健全だったためインプラントを埋入した50代男性の患者様です。
今回右上7番の歯も歯周病で抜歯が必要な状態になってしまいました。
入れ歯とインプラント、各地料のメリット・デメリットを説明したところ、今回も隣の歯が健全であるなら削りたくないということでインプラントを選択されました。

インプラントの埋入部分の骨に若干の吸収がみられたため、ボーンスプレッド法で骨を広げながら、インプラントを埋入。その後、月に1度のペースで来院いただき、メンテナンスをしながら骨とインプラントの結合を待ちました。3ヵ月経ったタイミングで骨とインプラントの結合が確認できたため上部構造を作成して装着。約4ヵ月の治療期間となりました。

現在は3ヵ月に1度のペースでメンテナンスに通っていただき、歯周病の確認やクリーニングとともにインプラントのチェックをしております。
もう歯を抜かないでいいようにしようと、家での歯磨きなどもしっかりしていただけております。


入れ歯は嫌なのでインプラントにしてほしい

入れ歯は嫌なのでインプラントにしてほしい


入れ歯は嫌なのでインプラントにしてほしい

  • 年代70代
  • 性別男性
  • 症状根尖病巣、歯根破折
  • 見積り765,000円

以前から来院いただいている、70代男性の患者様です。
元々当院で、右下と左上の奥歯にインプラントを入れておりましたが、今回、右下奥歯、5,6,7番の歯が根尖病巣や歯根破折で抜歯が必要な状態になってしまったため、抜歯をし、インプラントと入れ歯をご提案したところ、入れ歯は前に咬めなかったからインプラントにしてほしいと言うことだったのでインプラントで治療を進めていくことになりました。

インプラントを埋入する箇所の骨が少し吸収されていたため、サイナスリフトで骨を作り、インプラントを2本埋入しました。
3ヵ月ほど骨とインプラントの結合を待ち、上部構造を作成。
埋入した2本のインプラントを土台に、3本分のブリッジを装着し治療が終了しました。
期間としては約4ヵ月となりました。

インプラント治療後、メンテナンスに通っていただいておりましたが、左下の奥歯もだめになってしまったため、現在はそちらにもインプラントを埋入し、上部構造の作成をしております。
インプラントはよく咬めると非常に満足していただけています。


この年齢での入れ歯に抵抗があるためインプラントにしたい

この年齢での入れ歯に抵抗があるためインプラントにしたい


この年齢での入れ歯に抵抗があるためインプラントにしたい

  • 年代40代
  • 性別女性
  • 症状歯が痛い
  • 見積り1,325,000円

歯が痛いと言うことで来院された40代女性の患者様です。
検査をしたところ、食いしばりや歯ぎしりといった悪習癖があり、それが原因で歯根破折を起こし、痛みが出てしまっていました。下顎両側5,6番の歯を抜歯し、保険の入れ歯をしていただいておりましたが、年齢的に入れ歯をしていると言うことに抵抗がある、入れ歯と歯茎の間に食べ物がつまり、着脱の手間も嫌だということをおっしゃられたため、インプラントを提案し、治療を進めていくことになりました。

骨に問題はなかったため、シンプルな術式で下顎両側5,6番の歯があった部分に2本ずつのインプラントを埋入し、3ヵ月ほど期間を空け上部構造を作成。上部構造に関しては、歯ぎしりや食いしばりによってインプラント部分にかかる負担を均等にできるように連結させて装着しました。

現在は、他の歯の治療をしており、左上7番の歯を抜歯したため、インプラントにするかどうかを相談しているところです。
入れ歯は嫌だと言うことでしたので、こちらの歯に関してもインプラントになるかと思います。


入れ歯にしたくない

入れ歯にしたくない


入れ歯にしたくない

  • 年代
  • 性別男性
  • 症状虫歯・根尖病巣
  • 見積り2,175,000円

以前から通われており、右下の奥歯を根尖病巣で抜歯し、入れ歯にしたくないと言うことでインプラントを埋入した患者様です。
以前埋入したインプラントに関しては問題がなかったのですが、今回右上2番から左上7番の歯までが虫歯でや根尖病巣で抜歯が必要な状態でした。
抜歯をし、一旦は入れ歯を作成しましたが、咬めないと言うことでインプラントの治療を進めていくことになりました。

骨吸収が進んでいたため、上顎には4本のインプラントをソケットリフトを行い埋入、上顎の咬み合わせに合わせてしっかり咬めるよう、元々欠損していた下顎の左側6番の歯の部分にもインプラントを埋入しました。
上部構造は右上2番から左上6番までにインプラント4本を土台としたブリッジを装着、下顎のインプラントを埋入した部分にもセラミックの上部構造を装着し治療が終了。約半年という治療期間となりました。

現在は埋入箇所の経過確認と定期健診で3ヵ月に1度来院いただいております。
今後、経過を見ながら、右上の奥歯も抜歯が必要な状態になりそうであれば治療を進めていくことになります。

五十嵐歯科医院


隣の歯を削らずに入れ歯以外で直してほしい

隣の歯を削らずに入れ歯以外で直してほしい


隣の歯を削らずに入れ歯以外で直してほしい

  • 年代50代
  • 性別女性
  • 症状差し歯が揺れてかめない、歯茎が腫れていたい
  • 見積り335,000円

以前より使用していた左上前歯の差し歯が痛んできてゆれてかむと痛い、歯ぐきもはれてきたということで来院された50代男性の患者様です。隣の歯を削りたくないということ、取り外し式の入れ歯は嫌ということでインプラントを検討されているとのことでしたが、とりあえず痛みを何とかしてほしいと希望されました。

腫れと痛みもあるということで応急処置をほどこし、痛み止めを処方しました。1週間後の来院時には痛みは取れたようでしたので、インプラントと取り外し式の入れ歯、ブリッジの違いとメリット・デメリットをお伝えしたところインプラント治療を希望されました。患者様の了解を得てCT撮影、診断を行ったところ、該当部位の骨量が少なかったため、当該歯牙を抜歯する際に同時に骨造成術を行うことをすすめ了解を得られたため治療をスタートしました。

2週間後に抜歯して骨造成術を行い、欠損部位には仮歯を接着剤で隣在歯に固定しました。1ヵ月おきにクリーニングとチェックに来院いただき、半年後にCTで骨量を確認したのちにインプラント埋入手術を行いました。10日後に抜糸、4ヵ月後に2次手術を行い、20日後に土台と仮歯をセット。1ヵ月後に最終的な上部構造の型どりをし3週間後にジルコニアクラウンをセットし治療が終了しました。

治療終了時にブラッシングやフロス・歯間ブラシの使い方を再確認し、1~2ヵ月おきに定期的にクリーニングとチェックに来院いただいておりますが良好に経過しています。1年後にCT撮影し確認しましたが、画像所見・肉眼所見ともに異常は認めらなかったため今後もこの状態を保つため、メンテナンスに通っていただくようお伝えしております。


インプラントをやり直せるのであればお願いしたい

インプラントをやり直せるのであればお願いしたい


インプラントをやり直せるのであればお願いしたい

  • 年代60代
  • 性別男性
  • 症状他院で埋めたインプラントがうまくいかず抜いてしまった
  • 見積り825,000円

他院で左下の奥歯にインプラントを入れたが上手くいかず、結局抜いてしまったということで来院された60代男性の患者様です。インプラント治療をやり直せればとの希望でしたので、患者様の了解を得てCT撮影や各種検査・診断を行い、治療計画(本数、費用、保証期間やメインテナンスの間隔含む)についてお伝えし、同意いただけましたので、治療をスタートさせました。

ご本人の希望もあり10日後の2回目来院時、左下4番、7番の部位にインプラント埋入手術を行いました。非切開で行ったので当日少し痛かったとのことですが翌日からは痛みもなくなり経過も良好。欠損部位はそのままで問題ないとのことで特に入れ歯は作製せず。4日後、15日後に消毒に来院いただき、その後は3週間おきにクリーニングに来院。(二次手術を必要としない方法)を用いたので、手術から2ヵ月半ほど骨とインプラントの結合を待ち、土台の型どりをし、1週間後に土台と仮歯を装着。周囲の歯肉の状態も良好だったので、最終的な上部構造物の型どりも行い、10日後に埋入した2本のインプラントを土台に4本分のジルコニアのブリッジをセットし治療が終了しました。

治療終了時にブラッシングやフロス・歯間ブラシの使い方を再確認し、現在は、1~2ヵ月おきに定期的にクリーニングとチェックに来ていただいており、良好に経過しています。


インプラントができるか検討したい

インプラントができるか検討したい


インプラントができるか検討したい

  • 年代60代
  • 性別女性
  • 症状歯がグラグラでかめない
  • 見積り2,305,000円

以前他院で治療した差し歯がグラグラになり咬めなくなってしまったということで来院された患者様です。インプラントができるか調べてほしいということで了解を得てCT撮影・各種検査・診断をしインプラントの埋入が可能であったため治療計画(本数、費用、保証期間やメインテナンスの間隔含む)についてお伝えしました。

インプラント治療を進めていくことで同意いただけたたため、歯のクリーニングに1回来院していただき、3回目来院時にインプラント一時手術を行いました。歯の揺れが激しく保存不可能なため残存歯は抜歯し抜歯部位は抜歯即時埋入を行い、その他の部位には非切開で埋入手術を行い計6本のインプラントを埋入しました。2日後の消毒来院時には腫れが少しありましたが痛み止めと抗菌薬でおさまっているとのこと。その後消毒と義歯の調整で1週間おきに来院いただき、手術から1ヵ月経過時にはおちついた状態になったため間隔を2,3週間に延ばしました。手術から3ヵ月後に骨とインプラントの結合が確認できたため二次手術を行い、土台と仮歯を装着しました。2ヵ月ほど仮歯で経過をみたのちに3ピースに分けて最終的な上部構造物の型どりを行い、6本のインプラントを土台に10本分のセラミックブリッジを装着し治療終了。

治療終了時にブラッシングやフロス・歯間ブラシの使い方を再確認し、1~2ヵ月おきに定期的にクリーニングとチェックに来ていただいており、良好に経過しています。きれいになりしっかり咬めて本当にうれしいとおっしゃっていただいております。


インプラントができるかきちんと調べてほしい

インプラントができるかきちんと調べてほしい


インプラントができるかきちんと調べてほしい

  • 年代50代
  • 性別女性
  • 症状他院でインプラントを検討していたが説明が不十分で不安になった
  • 見積り2,465,000円

他院でインプラント検討していたが説明が不十分で不安になったということで来院された50代女性の患者様です。インプラントができるかきちんと調べてほしいということでしたので了解を得たのちにCT撮影・各種検査・診断を行い治療計画(本数、費用、保証期間やメインテナンスの間隔含む)についてご説明しました。十分説明したところ、納得していただけ、当院で治療を行うことになりました。

埋入本数が多く1度にすべて埋入するのはつらいかもとのお話になり、手術は2回に分けて行うことになりました。

1回目に片側のみ非切開で1次手術を行い右上にインプラントを3本埋入、1ヵ月あけ、2回目は残存していた歯牙3本の歯の揺れが大きく保存困難なため抜歯し、左上にインプラントを3本埋入ました。

翌日来院時には少し腫れは認めましたが痛みはあまりないとのことで上顎総義歯を使用していただき、定期的にクリーニングと義歯の調整をしながらインプラントと骨の結合を待ち、3ヵ月半後に、2次手術を行い、土台と仮歯をセット。
仮歯装着から1ヵ月後に最終的な上部構造物の型どりを行い、約2ヵ月後にセラミッククラウンを装着しました。

治療終了時にブラッシングやフロス・歯間ブラシの使い方を再確認し、1~2ヵ月おきに定期的にクリーニングとチェックに来ていただいており良好に経過しています。せんべいをかじれて喜んでいただけたご様子です。

広野歯科クリニックインプラントセンター


膿が問題なければ、けんこうな歯は削りたくないのでインプラントにしたい

膿が問題なければ、けんこうな歯は削りたくないのでインプラントにしたい


本当にその診断が正しいのか不安だということでセカンドオピニオンに来院されました

  • 年代40代
  • 性別女性
  • 症状抜歯してすぐにインプラントと診断されたためセカンドオピニオン
  • 見積り1,110,000円

右上1番の歯の根の先に膿がたまっており、他院で根管治療をしたが治らなかったため、抜歯即時埋入を診断され、本当にその診断が正しいのか不安だということでセカンドオピニオンに来院された40代女性の患者様です。
検査をしたところ、正中嚢胞という疾患にかかっており、左上1番の歯まで達しており、骨がかなり吸収されてしまっていました。抜歯が必要でしたが、嚢胞がかなり大きく全身麻酔をしたうえで抜歯と嚢胞の摘出をしたほうが安全であると判断し、大学病院に入院していただきました。

大学病院での手術後、骨の回復のため、9ヵ月ほど待ち、まずはインプラントを埋入するうえで骨の量を十分にするためのソケットリフトを行いました。骨がかなり吸収されていたため、骨を作る期間を10ヵ月置き、インプラントを2本埋入し仮歯を装着
骨とインプラントが結合するまで5ヵ月ほどかかり、その後上部構造を装着し、審美的にも機能的にも回復したため治療を終了しました。

現在は6ヵ月に1度定期検診に通っていただき、口腔内全体のクリーニングをしながらインプラントのチェックもしています。
インプラントをして以降口腔内のトラブルもなく、インプラントの経過も順調です。


しっかり噛める治療法で治療してほしい

しっかり噛める治療法で治療してほしい


しっかり噛めるインプラントにしたいと希望

  • 年代70代
  • 性別男性
  • 症状入れ歯が噛めない
  • 見積り3,080,000円

入れ歯が噛めないということで来院された70代男性の患者様です。
口腔内を確認したところ、右下の5番と7番、左上の3番から7番までに歯がなく部分入れ歯をされておりました。
入れ歯を作り直すか、インプラントにするかを提案したところ、しっかり噛めるインプラントにしたいと希望されたためでインプラント治療を進めていくことになりました。

検査を行ったところ、右下の2本に関しては骨も問題なくインプラントが入れられる状態でしたが、左上の5本は骨の吸収も進んでおり、骨造成が必要な状態でした。
治療ではまず右下の2本からインプラントの埋入を行いました。埋入後4ヵ月後に最終補綴物を装着。その月に左上の3番、4番、5番、7番の4本の歯にソケットリフト、CGF、インプラント埋入手術を同時に行いました。そこから骨の回復を5ヵ月ほど待ち、最終補綴物を装着。左上の歯に関しては4本のインプラントを土台に歯5本分の上部構造を装着しました。

現在は治療が終了し、6ヵ月に1度のメンテナンスを行っております。入れ歯のわずらわしさがなくなり、よく噛めるようになったと非常に喜んでいただいております。
こちらの方のように骨が少ない方の場合、当院ではCGF法という患者様の血液から傷の治りを促進させるフィブリンという物質を作りインプラントを埋入する際に骨の少ない部分に填入する治療法を行います。患者様の血液から生成するため、人工骨よりもリスクが少なく、骨造成が可能です。


入れ歯で噛めないのでインプラントにしたい

入れ歯で噛めないのでインプラントにしたい


総入れ歯からインプラントにしたことでしっかり噛めるようになった

  • 年代50代
  • 性別男性
  • 症状歯がグラグラする
  • 見積り2,760,000円

下顎の歯がグラグラするということで来院された50代男性の患者様です。初診で来られた時には下顎に歯が10本残っていましたが、重度の歯周病ですべての歯に動揺が見られ、抜歯せざるを得ない状況でした。
最初は入れ歯にするということでしたので、何回かに分けて歯を抜いていき、小さな入れ歯から徐々に総入れ歯に移行していきました。
全ての歯を抜歯し、総入れ歯で少し生活していただきましたが、やはり噛めないのでインプラントにしてほしいと希望されました。
検査をし、4本のインプラントを土台に入れ歯を装着するAll-on-4が可能な症例であったため、提案し、All-on-4での治療をすることになりました。

外部の病院でCT撮影をしていただき、ガイドを作成。その後、下顎に4本のインプラントを埋入しました。
下顎にバランスよく埋入し、確実な初期固定が得られたため、埋入当日に仮歯のブリッジを装着。インプラントと骨の結合に4ヵ月ほど期間を置き、型取りを行い、上部好悪像を調整していき、最終的に装着し、治療が終了したのはインプラント埋入から7ヵ月後でした。

総入れ歯からインプラントにしたことでしっかり噛めるようになったと非常に喜んでいただけました。
現在は6ヵ月に1度メンテナンスに通っていただいておりますが、経過も良好で食事を楽しむができているとのことです。


総入れ歯にはしたくない

総入れ歯にはしたくない


上顎の多数歯欠損のため入れ歯を入れていたが合わなくなってしまった

  • 年代70代
  • 性別女性
  • 症状入れ歯が合わない
  • 見積り3,160,000円

上顎の多数歯欠損のため入れ歯を入れていたが合わなくなってしまったとのことで来院。
口腔内を確認したところ歯周病が原因で残っている歯がグラグラしており、抜歯したほうがいいような状態であったため入れ歯を作り直したとしても予知性がないと判断し、インプラントを提案しました。
しっかり噛めるのであればインプラントにしたいということで、インプラントを6本埋入し、それを土台に総義歯を装着するAll-on-6で治療を進めていくことになりました。

下顎に比べると上顎のほうが骨の条件が悪いことが多いですが、こちらの患者様の場合は検査をしたところ骨の高さも十分あったため、上顎に残っている6本の歯を抜歯した当日に抜歯即時埋入で、インプラントを6本埋入し、インプラントを土台とした仮のブリッジも装。
そこからインプラントと骨の結合に6ヵ月ほど期間を空け、最終的な補綴物(総義歯)を装着しました。

現在は6ヵ月に1度のペースでメンテナンスに通っていただいております。口腔内のケアがしっかりできているため、インプラントを埋入して以降は口腔内にトラブルもほとんどなく、快適に生活を送っていただけております。


PAGE
TOP