美容診療の口コミ&評判と歯医者比較|kiki DENTAL(キキデンタル)

治療例 インプラント

インプラントの治療例を写真つきでご紹介いたします。
写真をクリックしていただくと詳細をご覧になれます。

症例とクリニックが実際にどのような治療を行ったのかを併せて参考にすることで、より治療イメージがつきやすくなります。また、治療費の見積りも掲載しておりますので、予算の参考にもお役立てください。 多くの症例を集めましたので、現在悩まれている症状と同じような症例が見つかるはずです。

小川歯科・天王洲インプラントセンター


前歯なので綺麗に治したい

前歯なので綺麗に治したい


前歯なので綺麗に治したい

  • 年代40代
  • 性別女性
  • 症状差し歯が壊れた
  • 見積り1,275,400円

前歯のブリッジが壊れて、相談にいらっしゃいました。ブリッジ・入れ歯・インプラントの利点・欠点を踏まえ、患者さまのお口の中の状況を相談し、結果、総合的な矯正治療を含めたインプラント治療を希望されました。

患者様のご希望と状況を踏まえて、治療方法を相談し、治療計画書を提示、術後を想定した模型を作成。患者様にはこれらの内容をご理解頂きましたので、治療を進めていきます。インプラント治療中も前歯なので不安が無いように仮歯等も入念計画しました。オペには不安や痛みが無いように麻酔医と静脈内沈静法にて行い、治癒期間中に矯正治療も含め、出来るだけ綺麗に治るように進めて行きました。6ヵ月後、最終的なセラミックは形態と色調は、歯科技工士も立ち合い、患者様のご希望を取り入れて自然にに見えるように致しました。

半年に1回の検診とクリーニングを必ず行っています。前歯のインプラント治療については、専門書に論文を数多く投稿し、国内外での講演を行っており、大学の客員教授としての教育も行っております。
骨移植や歯肉移植・矯正治療を含め、日本での最高基準でのインプラント治療を安全に提供しております。
なお、この治療は、術後12年が経過しております。


入れ歯ではなく固定式で治したい

入れ歯ではなく固定式で治したい


入れ歯ではなく固定式で治したい

  • 年代30代
  • 性別女性
  • 症状重度の歯周病を治したい
  • 見積り6,480,800円

上下のすべての歯が重度の歯周病になり、数件の歯科医院を転院したのち、当院に来院されました。まず数回のカウンセリングと治療相談を行い、患者様の希望をお伺いしたところ入れ歯は噛みずらい為安定した状態で噛めるインプラントを望まれておりました。

検査は細かなCTとコンピューターシミュレーションを行い、治療計画書の提示と手術方法の説明を行いました。また不安や恐怖が無いように、麻酔医との静脈内沈静法を併用します。
オペ当日は、上下ともに抜歯・骨移植・インプラント手術を一度に行い、外科施術回数は2回で終了しました。
4ヵ月の治癒期間と、仮歯での口唇や顔貌とも調和できるように歯の大きさや形態を患者様ともじっくり相談し技工士とも検討を重ね、セラミックの製作を行いました。

インプラント治療では、‘オールオン4’と呼ばれる治療法もありますが、患者様の年齢や確実な長期の安定を目指して、上下・8本・16本のインプラント治療を行いました。
半年に1回の定期健診・咬合検査・クリーニングを行っており、特に、噛み合わせを含めた調整やクリーニングは毎回・1時間を頂き、丁寧に行っています。

ひろ歯科医院


しっかり噛めるように治してほしい

しっかり噛めるように治してほしい


検診の結果、欠損部にインプラントをご希望

  • 年代60代
  • 性別女性
  • 症状歯がないところに歯を入れたい
  • 見積り350,000円

検診が目的で、初めてご来院。口腔内全体を診査し初期治療(虫歯などの治療)を始めたところ、古い治療済みの歯もすべてやり直しを希望なさいました。
また、欠損している歯もあり、その治療にはブリッジや入れ歯でなく、インプラントが選択されました。

インプラントを長持ちさせるには、歯周病の病原菌が引き起こすインプラント周囲炎を防ぐ必要があります。この患者様には歯周病が認められたため、その治療をインプラント手術前に行いました。
また、噛み合わせの診査と治療も行いました。

一般的には、顎の骨がしっかりしていれば、インプラントを手術で埋入してから3カ月後に上部構造(義歯の部分)を付けられます。

当院では歯周病があった方々の場合、インプラント治療完了後しばらくの間、1カ月ごとに検診し、徐々に3カ月~6カ月まで間隔を延ばします。
「インプラントを入れたら終わり」でなく、その後も長期にわたり口腔内環境のケアやインプラントそのもののメンテナンスをサポートし続けることが大切です。
ただし、ご自宅でのケアも非常に重要。せっかくのインプラントを長持ちさせるため、患者様にも同じ意識をもってケアを習慣化していただけるよう努めています。


紹介でインプラント治療を希望

紹介でインプラント治療を希望


セカンドオピニオンからインプラント治療へ

  • 年代50代
  • 性別男性
  • 症状歯茎が腫れ、他院で抜歯が必要といわれた
  • 見積り350,000円

当院で以前にインプラント治療を経験された奥様の紹介でご来院。
右下の奥歯の異常で、初めは他院を受診し、抜歯が必要との診断を受けたものの、当院にセカンドオピニオンを要望なさいました。
残念ながら当院の診査・診断でも抜歯は避けられないこととなり、奥様と同じく当院でのインプラント治療を希望なさいました。

インプラント手術を行うにあたっては、口腔内全体の診査・診断および必要な治療を先に済ませておくとともに、より安全な手術を目指した準備が必要です。
なかでも顎の骨について精密で正確な情報を集めることが重要となるため、当院は歯科用CTを導入しています。
通常のレントゲンでは分からない顎の骨の骨量や内部の状態なども、CTならば可視化することが可能です。
そうした情報をふまえ、一人ひとりの患者様に適した治療計画を立て、質の高い安全なインプラント手術を実現します。

この患者様は、インプラント手術も順調に終え、おおむね最短の3カ月後に上部構造を付けることができました。
「食事のとき、よく噛めるようになった」と喜んでくださっています。
現在は3カ月ごとの検診で、インプラント周囲炎の予防管理やメンテナンスを行っています。

洋歯科クリニック


右側の奥歯が無いので歯を入れたい

右側の奥歯が無いので歯を入れたい


右側の奥歯が無いので歯を入れたい

  • 年代30代
  • 性別女性
  • 症状右側の上が痛い
  • 見積り857,000円

患者さまは、右側の奥歯が2本無いため、右側奥歯の咬合痛や頭痛などを主訴として来院されました。

当初は右側奥歯の治療を考えていらしたのですが、さまざまな症状から検討すると右側奥歯が無いことが主訴の原因となっている可能性が高いと予想され、患者さまに奥歯の必要性からお話をさせていただきました。

もともと歯科医恐怖症があり、右側奥歯を長い間放置していたそうです。
健康を保つためにはということで、入れ歯や差し歯ではなく、力のかかる奥歯であることからインプラントについてもご説明したところ興味をいだいていただき、インプラント手術を決意なされました。

施術はサイナスリフト手術、インプラント手術を行い、手術に至るまでも恐怖症を克服いただくため、話し合いに多くの時間を割き、乗り越えていただけました。

そうして歯が入ったことで痛みも消失しました。
患者さまはその後、当医院の近くに引っ越されて定期的に来院されてきちんとお口のチェックとケアを続けられています。
歯科医恐怖症をすっかり克服されたので、今後は健康を保っていかれることでしょう。


入れ歯は嫌なので、固定して使えるようにしてほしい

入れ歯は嫌なので、固定して使えるようにしてほしい


入れ歯は嫌なので、固定して使えるようにしてほしい

  • 年代60代
  • 性別男性
  • 症状歯がグラグラする
  • 見積り1,640,000円

右下をブリッジされていたのですが、その歯が折れているため痛みがあり、それを直してほしいとご来院されました。

これではブリッジの意味もありませんが、診察すると右下7番は保存不可能、左下6番、右上2番も保存不可能の状況でした。

痛みを取るためには保存不可能の歯を抜いた上でインプラントをするのが有効です。
保健と自由診療についてもご説明差し上げ、インプラントを希望となりました。
この患者さまも歯科治療に対して恐怖感が強く、手術の回数をできるだけ少なくしてほしいとのこと。

保存不可能の歯が多かった一因もそこにあったのです。
しかし、現在の歯科医はそうそう痛みを感じることはなくなっています。
患者さまの希望を考慮した上で治療計画を立て、恐怖心を取り除くための話し合いも多くとるよう心がけ、最後は患者さまもわかっていただき、手術に頑張って臨んでいただけました。

いちばん怖いのは患者さんが途中で来なくなってしまうことなのですが、最後まで通い通してくれました。

インプラントが完了すると審美的、機能的にも大変ご満足いただき、のちにご主人様も紹介いただきインプラント施術を行わせていただきました。
今はお二人とも歯のチェックとケアに通院されています。

まごころ歯科


入れ歯を入れたい

入れ歯を入れたい


現在では、怪我をする前と変わらないくらい咀嚼能力を取り戻せています。

  • 年代80代
  • 性別女性
  • 症状転んで前歯と奥歯が折れてしまった
  • 見積り600,000円

ある日転んで、上の前歯と左上の奥歯を一度に失ってしまいました。
上の歯の実に2/3を失う大怪我でした。お怪我をするまでは、入れ歯も使わずご自身の歯で食べていらっしゃるほど健康的な方だけに、そのショックは相当なものだったはずです。

怪我はその年の2月に起こりましたが、当初は保険治療を希望されたため、翌年の5月までは入れ歯で過ごされていました。
しかし入れ歯では食べにくいということで前歯と奥歯をインプラントにしたいと希望され再び来院されました。
ご年齢も考慮したうえでインプラントのメリットやデメリットをしっかりお伝えしましたが、結果的にその患者様はインプラント治療を選択されました。

埋入したインプラントは全部で6本。治療期間は、インプラントを埋め終わるまでおよそ1年間、補綴するまで3ヵ月ほど要しました。

インプラントに慣れるまでしばらく時間がかかったとのことですが、現在では、怪我をする前と変わらないくらい咀嚼能力を取り戻せています。まるで自分の歯で噛んでいるかのような案角があるため、患者様は大変ご満足されていました。


噛めるようになりたい

噛めるようになりたい


短期間で見た目も美しく、噛み心地に違和感のない状態を取り戻せた

  • 年代60代
  • 性別女性
  • 症状義歯が壊れた
  • 見積り400,000円

義歯が壊れたためインプラントを希望された患者様でした。
治療をご要望された箇所は、左の上下の奥歯2本ずつ。お仕事の都合もあり、出来る限り早く治療したいとの希望をお持ちでいらっしゃいました。

レントゲン撮影と口腔内の状態をチェックしたところ、その日のうちにインプラント治療が可能であったため、初診のその日に治療をしませんかと提案。
当然ながら自費治療の詳細やメリット・デメリットについて、また費用についても合わせてお伝えしました。
短期間での治療を要望されていたことと、当院がご自宅に近かった、という理由からその患者様は即座に治療を承諾され、インプラント治療を行なうことになりました。

治療から2ヶ月間は、インプラントの土台のうえに仮歯を被せ過ごしていただき、2ヵ月後に審美的にも機能的にも優れた被せ物に交換。
短期間で見た目も美しく、噛み心地に違和感のない状態を取り戻せたということで、患者様は大変ご満足されていました。

南鳩ヶ谷くらもち歯科医院


インプラントを入れたい

インプラントを入れたい


現在でも上京の際には必ず来院され、メンテナンスの治療を受けられています。

  • 年代30代
  • 性別男性
  • 症状うまく噛めない
  • 見積り1,420,000円

こちらの患者さまは東京は世田谷区在住の30代男性で、左右両顎にインプラント治療を必要とされている方でした。
左側下顎のインプラント治療は他の歯科医院で行なったとのことですが、「うまく噛めずこのまま反対側も同じ歯科医院で治療を行なうのは不安だ」ということで紹介を通じて当院に来院されました。

状態としては、右側下顎の治療を必要とする部位はすでに抜歯をされていたので、あとはそこにインプラントを埋入するだけというもの。
まずは治療を終えていた左側下顎のインプラントの調子が悪いということで、その部分のメンテナンスから開始。
その後、右側下顎の治療に着手し、2本分のインプラントを一気に埋入。
それから3か月後に2次オペを行ない、さらにそこから1か月後に歯の印象を取り、2週間後に製作したジルコニア製の人工歯をセットしました。

実は上顎の歯の状態もおもわしくなかったため、追加で10本分のブリッジでかぶせ物治療を実施。
これにより左右ともに噛む機能を大幅に改善できたため、患者さまは大変ご満足されていました。

患者さまは治療後、沖縄に転居されたのですが、現在でも上京の際には必ず来院され、メンテナンスの治療を受けられています。


インプラントを入れたい

インプラントを入れたい


上顎のブリッジの支台が折れ外れてしまった

  • 年代70代
  • 性別女性
  • 症状ブリッジが取れた
  • 見積り2,780,000円

こちらの患者さまは70代の女性で、上顎のブリッジの支台が折れ外れてしまった、ということで来院されました。
診察をしてみると、下顎にはインプラント治療が施されており、上顎はブリッジが外れてしまった部分を含めて全体的におもわしくない状態でした。

治療スケジュールとしては、まずブリッジが外れた部分の治療を行ない、半年ほど時間を設けた後、インプラントの治療を開始するというもの。
しかしその患者さまは心疾患を持っているということで、出来れば1回で治療を終えてほしい、という希望をお持ちでした。

大掛かりな手術になるため、大学病院から豊富なインプラント治療経験を持つ歯科医を2名、麻酔医を1名、歯科衛生士を1名お呼びし、当院院長を含む計5名で治療に臨むことに。
1日で8本のインプラントを埋入を行いました。
治療には、2次オペや印象取り、人工歯のセットを含めて実に14~15ヶ月という長期を要しました。

しかしそれだけの時間をかけて丁寧に治療を行なった結果、その患者さまは、喋りやすくなった、食べやすくなった、と大変喜ばれ、現在でも半年に1回のペースで定期的に来院されています。

あらかわ歯科医院


しっかり噛めるようになりたい

しっかり噛めるようになりたい


この機会にブリッジ以外の治療で治したい

  • 年代60代
  • 性別女性
  • 症状噛みずらい
  • 見積り970,000円

ブリッジを支えていた歯が破折したため来院されました。また、ブリッジの使用感についても、「ブリッジの下部に食べ物が挟まって噛みづらい」という悩みをお持ちで、この機会にブリッジ以外の治療で治したいと望んでおられました。残る選択肢として入れ歯とインプラントをご提案したところ、インプラントを選択されました。

検査をしたところブリッジは右上の奥歯3本分(前歯から数えて5・6・7番目の歯)に入っており、土台にしていた歯(5番)が破折していました。そのため、治療計画としては破折した歯は抜歯を行い、抜歯をした箇所とブリッジの中央の箇所(6番)にインプラントを埋入。ブリッジの支えとなっていた破折していない歯(7番)は通常の被せ物治療を行うことになりました。

治療ではまず最初に歯周病や虫歯などを治療して口腔環境を万全な状態にし、次にガイド(インプラントを正確な位置に埋入するためのシステム)を作製してインプラント手術を実施。5番は抜歯と同時にインプラントの埋入を行う即時埋入法で治療しました。その後、インプラントと骨が結合するのを待って仮歯を入れ、最終的にジルコニアオールセラミックの上部構造を被せて完了しました。破折していない歯(7番)に関しても同時にジルコニアオールセラミックの被せ物を入れました。

完了までに要した期間は5ヶ月でした。現在もメンテナンスで通っていただいていますが、不具合なくしっかり噛めるようになり、見た目も綺麗になったと満足していただいています。


噛めるようになりたい

噛めるようになりたい


歯が揺れることなくしっかり噛めるようになった

  • 年代70代
  • 性別女性
  • 症状入れ歯が揺れてしまう
  • 見積り650,000円

入れ歯を支えている歯(支台歯)が揺れて痛みがあり、痛みなくしっかりと噛めるようにしたいとのご要望でした。入れ歯を作り直すという手段もありますが、支台歯は揺れていて基本的に抜歯適応の歯であり,仮に入れ歯を作り直しても5年ともたない状態でした。そのため、骨量も十分ある今のうちにインプラントにした方が良いとの判断から、インプラント治療もご提案し、インプラント治療を選択されました。

入れ歯の支台歯となっていたのは右下の前から4・5番目の歯でした。その他に下の歯はなく、この2本で下顎全体を支えていました。治療では、この4・5番を抜歯し、代わりに左右の3番の歯にインプラントを埋入。その2本のインプラントを支台にし、オーバーデンチャーを被せることにしました。オーバーデンチャーとはインプラントを支台として固定するタイプの入れ歯です。通常の入れ歯とは異なり、しっかりと顎に固定されるため、快適な噛み心地を得ることができます。

インプラント埋入後、3ヶ月ほど骨に馴染むのを待ってオーバーデンチャーを装着。その間、上顎の虫歯治療も並行して行いました。現在もメンテナンスで通ってもらっていますが、歯が揺れることなくしっかり噛めるようになり、「やってよかった」とたいへん満足されています。

きたはら駒込歯科


歯を抜くならインプラントにしたい

歯を抜くならインプラントにしたい


インプラントをされた方には2~6ヵ月のスパンで定期検診に通っていただき、10年間の保証もお付けしております。

  • 年代40代
  • 性別女性
  • 症状歯根破折
  • 見積り400,000円

左上の前から二番の歯の根の治療後、数年経過し膿が出てきたとのことで来院されました。

被せ物を外し、中を確認すると歯根が折れており、抜歯しないといけない状況でした。抜歯後の選択肢としてインプラント、入れ歯、ブリッジの説明をしたところインプラントを選択されました。
抜歯後、仮歯を作成し、6ヵ月後にインプラントを埋入しました。
その間、診査診断を行い安心してインプラントが行えるよう準備とカウンセリングを行いました。
インプラント埋入から6ヵ月後、被せ物を入れる前に抜歯しているので歯肉のハリがないため二次手術と同時に結合組織移植という治療を行い、自然な歯茎を作りました。
2ヵ月後オールセラミックの被せ物を装着し治療が終了しました。

現在の定期検診では感染の恐れがないかのチェックや噛み合わせのチェックを毎回行っております。
インプラントをされた方には2~6ヵ月のスパンで定期検診に通っていただき、10年間の保証もお付けしております。


インプラントにしてほしい

インプラントにしてほしい


インプラント埋入から10年たった現在も埋入箇所に変化なく、いい状態を維持できています。

  • 年代60代
  • 性別女性
  • 症状入れ歯が煩わしい
  • 見積り1,500,000円

下の左右にわたり入れ歯を入れており、舌の下に入れ歯が来るのが嫌ということでインプラントを希望された患者様です。

口腔内を確認すると、歯周病になっていたため、インプラントの埋入後に歯周病菌がインプラント部分に感染しないよう、まずは歯周病治療から始めていきました。
診査の段階で歯周病の予防のためにも、インプラントの大きさや位置をきめ、長期的に快適に食事ができるように計画を立て、インプラント治療に入りました。
左右の歯にインプラントを埋入する必要があったため左下の前から5番目の歯からインプラントを埋入しました。それから1ヵ月後に右下の奥に3本のインプラントを埋入し、4ヵ月ほど治癒期間を置きました。骨とインプラントの結合を確認し、土台を入れメタルボンドクラウンを装着しました。

60代ということもあり、歯茎が下がり歯の露出面が長くなっており、歯磨きが難しいため、インプラントのメインテナンスがしやすいよう管理しています。
インプラント埋入から10年たった2017年現在も埋入箇所に変化なく、いい状態を維持できています。


PAGE
TOP