インプラント

総合評価
4.3
口コミ数
7
  • ネット予約
  • 電話予約0066-9758-111048
    電話予約時の注意

    電話予約時の注意

    ※無料通話となります。
    ※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。
    ※当社及びkiki DENTAL利用施設は、発信された電話番号を、kiki DENTAL利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

【クリーン・コラボレーション・サイエンス&アート】一つ上の歯科治療を行います

インプラント 診療方針

治療後を考え、トラブルの少ないデンツプライ社のインプラントを採用しています

当院ではほとんどの症例でデンツプライ社のインプラントシステム(ドイツ製)を使用しています。

インプラント治療を開始した当初から使用してきました。

他のメーカーの製品も使用してきましたが、その中でデンツプライ社の製品はインプラント埋入後の経過が良好で、トラブルも少ないと実感しています。

また、非常に大きなメーカーであり、製品開発力が高く、供給も安定しているため、患者さまにも心配なくインプラント治療を受けていただけます。

ただ、患者さまの状態によってはほかのメーカーのインプラントを使用する場合もあります。

例えば、インプラントを埋入する顎骨が極端に少ない患者さまの場合、でんつぷらい社の製品ラインアップにはないショートインプラントが必要となります。

こうした事態にも臨機応変に対応できるよう、GC社など他社製品も常にご用意しております。

インプラントが適さない方には義歯やブリッジなど生活の質が向上する治療をご提案

インプラント治療の際、かみ合わせや審美性を損なわないために、事前にCT検査を行い、インプラントの埋入位置を決めます。

その部位の骨が少ない場合は、位置をずらすのではなく、骨を足すことでかみ合わせや審美性を保てる位置に埋入していきます。

なお、骨格や歯の欠損状態によって、インプラント治療が適さない患者さまもいます。

その場合、義歯やブリッジを選択したほうが、治療後のQOL(生活の質)は向上する可能性が高いです。

当院は、インプラント治療に加えて、義歯、ブリッジなどに関しても精通しているため、それぞれのメリット、デメリットを踏まえ、患者さまに合った治療法かを総合的に判断し、提案いたします。

インプラント手術が可能な場合は、できるだけ痛みや腫れの少ない治療を行い、恐怖心をお持ちの方にも受けていただけるよう取り組んでおります。

インプラントのデメリット

1. 高齢者にはインプラントができない可能性がある

よく高齢の患者さんから、私の年齢ではインプラントできませんか?と聞かれることがあります。

確かに高齢で免疫力がかなり落ちている患者さんには向いていません。

しかし学術的には高齢になるとインプラントができない、ということはありません。

年齢よりも喫煙や糖尿病などの全身疾患の有無がインプラント治療の適否に影響します。

当院での治療例では、最高齢では90歳の方でインプラント治療を行い、現在でも元気に何でも食べられると喜んでいられます。

2. 定期的なメンテナンスが必要

その通りです。インプラント治療において、インプラントを入れることよりも、その後のメンテナンスが重要と言われています。

患者さまの中には、わざわざ遠くの医院に行きインプラントを入れた後に、メンテナンスをしていない方もいらっしゃいます。

インプラントは歯周病になってもあまり痛みなどの自覚症状が出ないことが多いため、気づかないうちに悪くなっていることがあります。

気付いた時は手遅れということもありますので、メンテナンスを行ってください。

医院を選ぶ際にも、メンテナンスができる、または通える医院でインプラントを入れた方が良いです。

当院では多数の常勤のトレーニングされた歯科衛生士がメンテナンスに当たります。

また万が一、高齢で寝たきりになっても、訪問歯科診療のチームがフォローアップする体制を整えています。

3. 現在、保険が利かず、治療費が高い

残念ながらインプラント治療においては「外科処置を伴うこと」と「治療費が高額になること」の二つの大きな欠点があります。

日本が高齢社会となり社会保障に多額のお金がかかる世の中では、今後インプラント治療が保険に導入される可能性は低いかと思います。

現在、治療費をおさえる方法として、リーズナブルなインプラントを使用し、ワンピースの簡易型のインプラントを使う手法があります。

しかしリーズナブルなものには理由がありますので、単純に値段だけで決めるのは危険です。

当院ではリーズナブルなインプラントは使用していませんが、設計法(インプラントの埋入位置と本数など)を変えることで治療費をおさえる方法もありますのでご相談ください。

インプラント 治療の流れ

1. 初診カウンセリング

  • 来院回数1回
  • 所有時間30分
  • 次までの期間1週間

患者さまの希望をお伺いし、インプラントに関してご説明いたします。

2. CT撮影・診断

  • 来院回数1回
  • 所有時間30分
  • 次までの期間1~2週間

CT撮影を行い、その結果を基に治療計画を提示いたします。

3. 1次手術

  • 来院回数1回
  • 所有時間90分
  • 次までの期間3カ月

インプラント体の埋入手術を行います。所要時間は術前のクリーニング、消毒を含めた時間です。

4. 2次手術

  • 来院回数1回
  • 所有時間30分
  • 次までの期間2週間

インプラントに土台を立てる処置を行います。

5. 上部構造作成

  • 来院回数1回
  • 所有時間60分
  • 次までの期間2週間

型取りを行い、上部構造を作成していきます。

6. メンテナンス

  • 来院回数-
  • 所有時間60分
  • 次までの期間3~6カ月

インプラント治療後、1~2週間のタイミングで一度メンテナンスに来院いただき、クリーニングとかみ合わせの確認を行います。その後は患者さまの口腔内の状態に合わせ、3~6カ月に一度のペースでメンテナンスを行っていきます。

インプラント 概算料金

かめだ歯科医院でインプラント治療を行う場合の参考費用

項目 治療内容項目 金額
インプラントTOTAL金額 CT撮影
インプラント体
アバットメント
上部構造
405,000円

※上記項目に含まれないものは別途費用がかかります。

インプラント 料金表

下記料金表は、料金の目安となっております。症状などにより実際の金額と異なる場合がございます。

治療内容項目 素材項目 金額
CT撮影 5,000円
インプラント体 ザイブ 200,000円
アバットメント チタン 100,000円
ジルコニア 100,000円
上部構造 フルジルコニア 100,000円
骨造成 サイナスリフト 50,000円
ソケットリフト 50,000円
麻酔 静脈内鎮静 70,000円

上記の料金表は自由診療に該当し、保険適応外のため全額自己負担になります

お支払方法

現金  / クレジットカード  / 振込 

カード種類

VISA  / MasterCard  / JCB  / AmericanExpress  / Diners Club 

インプラント 保証期間

保証期間

5年間

保証内容

5年間は再埋入や修理のための費用はかかりません。

保証条件

下記の方は保証の対象外になりますので、ご了承ください。

・喫煙者の方

・6カ月に1度の定期健診を受けていない方

・メインテナンス中に糖尿病、骨粗鬆症を発症された方やステロイド剤を服用の方

・ナイトガード(マウスピース)の使用を中断した場合

メンテナンス

3~6カ月に1度のペースでメンテナンスを行っていきます。

メンテナンスでは下記内容を行います。

①口腔内全体の診査

②X線によるインプラント部の確認(毎回ではありません)

③かみ合わせ状態の確認

④ブラッシングの状態の確認とクリーニング

  • ネット予約
  • 電話予約0066-9758-111048
    電話予約時の注意

    電話予約時の注意

    ※無料通話となります。
    ※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。
    ※当社及びkiki DENTAL利用施設は、発信された電話番号を、kiki DENTAL利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

インプラント よくあるご質問

インプラントをすすめる場合はどのような時ですか?
インプラントを埋入することで、周囲に残された歯を支え、長持ちさせることができる患者さまもいらっしゃいます。それが明らかにわかる場合はおすすめしています。
インプラントはどのくらい持ちますか?
しっかりとメンテナンスするほどインプラントは長持ちします。その寿命は基本的に周囲に残っている歯と同じとお考えください。逆に日常のケアを怠れば、インプラントはもちろん、周囲の歯も失うことになります。
インプラントができないケースとはどんな場合でしょうか?
顎骨(がっこつ)がない、もしくは極端に少ない状態だとインプラント治療は難しくなります。また、糖尿病を患う患者さまで血糖値が上手にコントロールされていない場合や骨粗しょう症、放射線治療を受けている患者さまに行いません。

インプラント 治療例

70代女性インプラント

傷病名 入れ歯を掛ける歯が折れた
料金 805,000円 料金詳細
治療内容 CT撮影
インプラント体(2本)
アバットメント(2本)
上部構造(2本)

上顎に総入れ歯、下顎左側6,7番に部分入れ歯をされていた70代女性の患者さまです。上の総入れ歯が合わないので、作り直したい、下の部分入れ歯は入れ歯だと目立つし取り外しも煩わしいと言うことでブリッジにしたいという希望でした。
上の部分に関しては総入れ歯を作りなおすことに、左下の部分入れ歯は6,7番に入っており、7番の奥には歯がないためブリッジは適応できないと言うことをお話しし、インプラントを勧めたところ、インプラントは一旦いいと言うことで上の総義歯のみ作り替えました。

その後しばらく経ち、左下のバネを架けていた5番の歯が折れ、入れ歯が使えなくなってしまったということで来院され、インプラントをすることになりました。
CT撮影をしたところ、埋入部分の骨の量は十分にあったため、まずは抜歯を行い、骨の回復を3カ月ほど待ち、インプラントを左下5、6番に埋入。骨とインプラントの結合に3カ月ほど空け、上部構造を装着。治療期間としては7カ月ほどで終了しました。

インプラントにしたことで「自分の歯と同じようにかめる」と非常に喜んでいただけました。
インプラント治療後4年間メンテナンスに通っていただ来ておりましたが、高齢で通院が難しくなってしまったため、現在は訪問診療にて、メンテナンスをしております。
他の歯を失うこともなく、インプラントに関しても順調な経過となっております。

70代女性インプラント

傷病名 今の入れ歯ではかめない
料金 1,555,000円 料金詳細
治療内容 CT撮影
インプラント(4本)
アタッチメント(4本)
インプラント用義歯

口腔内を確認したところ、ご自身の歯は何本か残っていましたが、歯周病により抜歯が必要な状態だったため、抜歯をし、まずは仮の総義歯を入れていただきました。
仮の総義歯を使っていただきながら、治療方法に関して相談。
このままだと義歯が動いて咬みづらいということでしたので、インプラントを提案しました。
インプラントの方法としてはインプラントを多数入れ、それを土台にブリッジにするか、最小限のインプラントを入れそれを土台に入れ歯を装着するインプラントオーバーデンチャーにするという2つの方法があり、こちらの患者様の場合は取り外し屁の抵抗感はなということで最小限の負担でできるインプラントオーバーデンチャーを選択されました。

まずは下顎のインプラントから治療を始めていきました。
CTを撮影し、インプラントの埋入部位を決め、インプラントを4本埋入。3カ月ほど骨とインプラントの結合を待ち、インプラントと義歯をつなぐアタッチメントを装着し義歯を作成。
治療期間としては5カ月ほどとなりました。

上顎に関しても同じ治療をする予定でしたが、下顎が安定したことで、しっかりかめるようになったということで上顎は通常の総義歯を使用していくことになりました。
現在も3カ月に1度のメンテナンスに通っていただいており経過は順調です。

60代女性インプラント

傷病名 入れ歯がかみづらく食事ができない
料金 805,000円 料金詳細
治療内容 CT撮影
インプラント体(2本)
上部構造(2本)
上部構造(2本)

左下6,7番の歯に入れ歯を入れているが、かみづらく食事ができないし、つけていると違和感があると言うことで来院された60代主婦の女性です。
とてもおしゃれな方で、見た目を気にされノンクラスプデンチャーをされていましたが、今回入れ歯はもうしたくないと言うことでインプラントを提案。
インプラントにするにしても、上部構造に金属は使いたくないと言うことで上部構造に関してはジルコニアを使って作ることに決まりました。

CT撮影をしたところ、骨の量は十分にあったため、骨増生などの必要なく、左下6,7番にインプラントを埋入。
3カ月後に2次オペでアバットメントを取り付け、フルジルコニアの上部構造も装着しました。
治療期間としては4カ月ほどとなりました。

上部構造がはいった際に「自分の歯と言われてもわからないくらいきれいだ」と非常に満足していただけ、他の気になる部分も治療してほしいとのことで、入っていたクラウンなどの再作成も行いました。
現在は3~6カ月に1度のペースでメンテナンスをしており、経過も良好。
自慢の歯で、すてきな笑顔で来院いただいております。

60代女性インプラント

傷病名 歯が痛い
料金 405,000円 料金詳細
治療内容 CT撮影
インプラント体(1本)
アバットメント(1本)
上部構造(1本)

川口市内に在住の60代の主婦の方です。
歯が痛いと言うことで来院され、口腔内を確認したところ、右上5番の歯が歯根破折で割れてしまい、それが原因で痛みが出てしまっていました。
歯が割れているため、抜歯が必要なため、抜歯後の治療方法に関してもご相談。
両隣の歯に関しては虫歯などもなく、健康な歯であったため、健康な歯を削ってブリッジにするか、周りの歯を削らない代わりに手術が必要となるンプラントにするかという二つの方法を提案したところ、歯は削りたくないと言うことでインプラントを選択されました。

まずは割れた歯の抜歯を行い、骨の回復まで3カ月ほど待ち、歯を抜いた右上5番の部分にインプラントを埋入。そこから骨とインプラントが結合されるまで治癒期間として3カ月おき、上部構造を装着しました。

2004年にインプラントを埋入し、2017年現在で13年経っておりますが、今までトラブルもなく快適に使用していただいております。
インプラントをしたからといって特に違和感もなく、他の歯と同じようにかめているとおっしゃっていました。

    • 今日
      • 16 ℃
      • /
      • 10 ℃
    • 明日
      • 13 ℃
      • /
      • 5 ℃
    • 明後日
      • 14 ℃
      • /
      • 2 ℃

ピックアップ歯科医院自費・自由診療を行っている歯科医院をピックアップでご紹介

クリップした歯科医院クリップした医院が表示されます

クリップした医院はございません。
もう1度ご確認したい医院、または、お気に入り医院をクリップする場合は、画面右下にあるクリップボタンをクリックしてください。