ホワイトニングにはどんな効果がある?メリットとデメリット kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

ホワイトニングにはどんな効果がある?メリットとデメリット

歯のホワイトニングとは歯の資質に入り込んでしまった着色汚れを、専用の薬剤を使って歯を白くする処置のことをさします。しかしやはり、デメリットも存在するようです。ここではホワイトニングにどんな効果とデメリットがあるのかを紹介します。

ホワイトニングの効果①:歯のなかに入り込んだ汚れを落として白い歯に

歯医者での治療というと、虫歯や歯周病といった病気に対する処置を思い浮かべるかと思いますが、ホワイトニング治療は一般歯科の治療とは基本的に目的が異なります。歯医者でのホワイトニング治療とは、文字通り歯を白くする処置を指し日常で行う歯磨きでは落とすことのできない着色汚れを、ホワイトニング剤と歯科用レーザーを用いて表層のエナメル質を白く作り代えてくことを指します。

しかし、歯の審美性を高める目的で施される処置ではありますが結果的には歯の審美性を高めるだけではなく、虫歯や歯周病を予防する副次的な効果も期待できます。歯や歯周組織の病気というのは口腔内の衛生状態が悪くなることで発症することが主な原因といわれています。したがって、歯医者でのホワイトニング治療をすることで、歯を白く美しくするだけでなく、お口の中を清潔に保とうという、モチベーションも高めてくれることに繋がると考えられます。

ホワイトニングの効果②:虫歯や歯周病予防にもなる

ホワイトニング治療を歯医者で受けると、いろいろなメリットを得られます。まず第一に、歯の黒ずみや黄ばみがなくなり、白くて美しい歯を手に入れることができます。歯が白いと自ずと自信も湧いてきて、笑顔も増えてくるのではないでしょうか。しかし歯の色が気になっていると、それがコンプレックスとなり、できるだけ口を開かないよう笑顔も控えてしまうものです。

次に、日頃から口腔内の衛生状態に気を遣うようになります。せっかく手間暇かけて白くした歯ですので、その白さをできるだけ長く保ちたいと思うことから、コーヒーやワインなどの着色性の強い食品を避け、オーラルケアにも力が入るようになります。また、ここで重要なのが、歯はなぜ汚れるのかという点です。歯の汚れは、歯面に歯垢や歯石が沈着することから始まるといわれています。つまり、歯の白さを長く保つには、毎日のブラッシングを徹底することが一番であり、そしてその結果、虫歯や歯周病を予防することにも繋がると考えられます。

ホワイトニングの効果③:費用が高く、知覚過敏を引き起こす可能性も

しかし歯医者で受けるホワイトニング治療には、デメリットもいくつか存在しています。ホワイトニングのデメリットで皆さんがまず思い浮かぶのは、比較的高額な治療費ではないでしょうか。ホワイトニングは、虫歯や歯周病の治療とは異なり、健康を維持する上で必ずしも必要な処置ではありません。そのため、保険が適用されず全額自費で支払うことになってしまいます。

また、お口の中の状態によってはホワイトニング治療を受けられないことがあります。虫歯や歯周病がある状態でホワイトニング処置を施すことは難しく、場合によっては知覚過敏を引き起こしたり、歯の神経とも呼ばれる歯髄(しずい)を損傷する可能性もあるといわれています。そして何より治療前に知っておきたいのが、ホワイトニングの効果には個人差があるという点です。その人の歯質によってはホワイトニング処置を施しても、思うように歯が白くならないことも十分にあり得るそうです。

この3点が、ホワイトニングの主なデメリットといえます。歯医者で受けるホワイトニングにはメリットも多いですが、注意しておきたい点もあることを意識しておくとよいのではないでしょうか。

  • 監修医宮田 昌和
  • 医院名:デンタルオフィス下北沢
  • 住所:東京都世田谷区代田6-6-1-2F
デンタルオフィス下北沢の詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP