ホワイトニングをすると歯が痛い!痛みの原因と対処法 kiki DENTAL|美容診療コラム

EDITOR COLUMN編集部コラム

ホワイトニングをすると歯が痛い!痛みの原因と対処法

歯医者で受けるホワイトニング治療は、歯を削ったり歯を抜いたりするような大掛かりな処置ではないため、比較的気軽に治療を受けることができるといえます。しかし、お口の中の状態が悪かったり、処置の仕方を誤ると痛みを感じることがあるそうです。ここでは、ホワイトニング時に生じる痛みの原因とその対策について紹介します。

ホワイトニングで痛みが生じる原因は、歯の表面の小さな傷

私たちの歯は外側から、エナメル質→象牙質の順番で構成されています。これらは硬組織と呼ばれるもので、ここを刺激しても痛みを感じることはありません。歯に痛みを感じるのは、その下にある歯髄(しずい)と呼ばれる神経組織にあります。つまり、ホワイトニング時に痛みが生じた際は、エナメル質や象牙質を越えて歯髄にまでホワイトニングの刺激が伝わっていると考えられるといえます。例えば、エナメル質に亀裂が入っている場合です。それは目に見えるほど大きなものでなくても、微細な亀裂から刺激が伝わっていくことがあるそうです。そのため、一見すると健康そうな歯であっても、いざホワイトニングをして痛みを感じることがあります。

もちろん、ホワイトニングを始める前に歯質に異常がないかどうかは歯医者が調べてくれますが、特にホームホワイトニングのように、自分自身でホワイトニング剤を使用させるようなケースでは、注意が必要といえます。

ホワイトニング時に痛みを感じたら処置を中断しよう

せっかく歯をきれいにするために行うホワイトニング治療ですが、逆に歯の健康を損ねてしまっては元も子もありませんよね。ホワイトニング時に痛みを感じたらすぐに処置を中断しましょう。オフィスホワイトニングであれば、歯科医師が適切な判断を下してくれるかと思いますが、ホームホワイトニングのように自分自身で処置を施している場合は、中止した方が賢明といえます。

ホワイトニング時に痛みを感じるということは知覚過敏を引き起こしている可能性や、エナメル質に傷が生じていたり、虫歯によって歯面に穴が開いているケースも否定できません。痛みが発生した場合は歯医者にて診察を受け、歯面に亀裂などがあれば修復処置を、虫歯があれば削るなり詰め物をするなどして歯の治療を優先させた方が安心です。そうして痛みの原因を取り除いた上で、ホワイトニング治療を再開した方がよいと考えられます。

ホワイトニングを行う前は虫歯や知覚過敏でないか、診察を

ホワイトニングは、どんな歯に対しても行える治療ではありません。前提としては、まず自分自身の歯(天然歯)であることが求められています。なんだか当然のことように思われがちですが、意外に誤解されがちなのが差し歯や入れ歯などのホワイトニングです。いわゆる人工歯と呼ばれるものは、天然歯よりも白くするのは簡単そうに思われますが、ホワイトニング治療は天然歯にしか効果がないそうです。

また、天然の歯であっても健康でなければホワイトニング処置を施すことが難しい場合が多くあります。先にも述べましたが、例えば虫歯で歯の表面に穴が開いている歯にホワイトニング剤を使用すると、強い刺激が歯髄に伝わることになりますので、痛みを伴ってしまうことがあります。同様に、歯ぎしりなどによって歯面に傷や亀裂が入っている場合もホワイトニングが行えないことがあります。

このように、ホワイトニング治療を受けるためには、天然の歯でありなおかつ健康であるという2つの条件を満たす必要があるといえます。特にホームホワイトニングのように、自分で薬剤を使用する際は、事前に歯医者さんにお口の健康状態を診てもらうのがおすすめです。

  • 監修医宮田 昌和
  • 医院名:デンタルオフィス下北沢
  • 住所:東京都世田谷区代田6-6-1-2F
デンタルオフィス下北沢の詳細はこちら

RELATIONAL COLUMN関連コラム

PICKUPピックアップ歯科医院

PICK UPピックアップコラムおすすめコラムをピックアップ

RANKINGコラムランキング

PAGE
TOP