ホワイトニングの料金|オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの相場 | kiki DENTAL

EDITOR COLUMN 編集部コラム

ホワイトニングの料金|オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの相場

歯のホワイトニングは、一般的な歯科治療とは異なり自由診療で行われるため、クリニックによっても設定している費用はまちまちです。また、ホワイトニングの種類によっても値段が大きく変わってきます。ここでは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、それぞれにかかる料金の相場について紹介したいと思います。

ホワイトニングの料金:オフィスホワイトニングの相場

オフィスホワイトニングでは、歯を1本単位で白くすることができ、料金としては1本2千円~1万円が相場となっているようです。しかし、複数の歯を同時に施術する場合は、費用が割安になることが多いです。例えば、上顎の10本をまとめてホワイトニングする場合だと、1万8千円という値段を設定しているクリニックもみかけます。さらに上下まとめて行えば、もっと料金がリーズナブルに設定がされている場合もあります。

つまり、ホワイトニング治療が可能なすべての歯に処置を施したい場合は、2~10万円ほどの予算を考えておけばよいかと思います。オフィスホワイトニングの費用で、これだけ大きな開きがあるのは、治療に用いるライトやレーザーなどが薬剤のみならず、使用する器材も多岐にわたるためと考えられています。

ホワイトニングの料金:ホームホワイトニングの相場

ホームホワイトニングにかかる料金は、オフィスホワイトニングの料金と比べると幾分割安になっています。ライトやレーザーなどの器材は使いませんし、処置を施すのは自分自身ですので、値段がリーズナブルなのも頷けるかと思います。そんなホームホワイトニングの費用の相場は、2~5万円となっています。

ホームホワイトニングの費用に関する大事なポイントとしては、歯1本ずつに値段が設定されていない点です。つまり、ホームホワイトニングでは上下の歯型をとったマウスピースを制作するため、特定の歯を白くするのではなく、歯列をまとめて治療することが前提となっているのです。具体的には、上下の歯16本のホームホワイトニングに、2万円の料金を設定している歯科医院がよくみられます。ちなみにこの費用の中にはマウスピースの作製費も含まれている場合が多いですが、医院によって確認した方が良いでしょう。また、2回目3回目と回を重ねるごとに、ホームホワイトニングの費用を低く設定している歯科医院もあります。ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングと比較すると料金体系はシンプルなようです。

ホワイトニングの料金:高い方が良いとは限らない

基本的に、どの歯科医院でもオフィスホワイトニングの料金の方が高いと考えて良いようです。そうなると、オフィスホワイトニングの方が優れた治療法であるように感じますが、オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも一長一短で、どちらが明確に良いとは言い切れません。まずオフィスホワイトニングは、メリットとしてホワイトニング作用の高さが挙げられ、同時に即効性も高いため、短期間で要望に近い歯の色を手に入れられるようです。しかしデメリットとしては、その分、料金が高いため、オフィスホワイトニングを継続できる方は限られてくるかと思います。

一方、ホームホワイトニングのメリットは料金の安さであり、いつでもどこでも処置を施せるという手軽さが挙げられます。ホームホワイトニングはゆっくりと時間をかけて歯を白くしていくため、作用が長持ちするということも良い点といえそうです。しかしデメリットに関しては、オフィスホワイトニングより即効性が劣るという点と、自分自身で処置を続けていかなければいけないため、手間がかかるという点です。ホームホワイトニングが毎日続けていくことで効率的に結果を得ることができます。

料金と結果を比較し、それぞれ自分に合ったホワイトニング治療を選ぶとよいかと思います。

オンラインで簡単に予約ができます

kiki DENTAL(キキデンタル)では、掲載している歯科医院/歯医者へのオンライン受付を手軽におこなうことができます。 扱う科目はインプラント/ホワイトニング/矯正歯科/補綴|セラミック義歯と多岐にわたります。 あらゆる可能性から、あなたに最適な治療を選べる歯科医院/歯医者への受付が可能です。

ホワイトニングのある歯医者さん一覧

関連コラム検索

PICKUPピックアップ医院

PICKUPピックアップコラム